本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身IX」 8月10日発売予定!
ゲルラッハ攻防戦!

:: 2022/7/24 日曜日::

■[漫画]師弟の信頼「メダリスト」6巻

メダリスト6巻メダリスト6巻
出版社:講談社
作者名:つるまいかだ
作者サイト:ratum – BOOTH
作者twitter:つるまいかださん(@2lm_ykd) / Twitter
紙書籍通販:メダリスト (6)
Kindle版まとめ買い:メダリスト
DMM電子書籍:メダリスト (6)

全日本選手権ノービスA予選中部ブロック大会。
光ちゃんが不在とはいえ強豪ひしめいている中で、
高得点をマークした他の選手たちを前にして、
司に託された作戦でいのりちゃんが全力で滑走に挑む…!?

あのオドオドしていたいのりちゃんが、
こんなに頼もしい顔を見せてくれるだけでもう感無量だというのに、
演技の内容が更に素晴らしいんですもん…
何度も読み返してしまうほどに興奮してしまいました…!

加藤さんに頼まれて瀬古間さんがカードゲームに例えてくれたから、
フィギュアスケートに疎い私でもとてもよくわかりました。
それだけにいのりちゃんがどれだけ凄いことをやったのか。
そして司の個性が如何にガッチリハマったのかがとても伝わってきましたね…

演技の内容にも師弟の絆が感じられて、
とても嬉しい気持ちになりました。
コーチが選手を全力で信じ、選手がコーチを全力で信じる。
そんな二人だからこそ成し遂げられた金メダルだったと思います。

大会がいのりちゃんが主人公だとすると、
大会が終わってからは司が主人公のパートですね。
夜鷹純が何故光ちゃんのコーチをやっているのか。
そして鴗鳥コーチが何故対外的に光ちゃんのコーチなのか。
司で望んで止まなかった氷に囚われた人生が呪いのようで、
世の中の難しさを感じますね…

後半からは強化合宿パートなんですが、
ここではいのりちゃんのジャンプの手札が少ないことにより焦りが出ますが、
それをちゃんと想定内としていた司は戦略をちゃんと練っていたのを感じられて、
とても頼もしく思えました。

まだ光ちゃんと同じ舞台に立てただけで、
勝つための手札もまだ全然揃ってないけれど…
いのりちゃんには頑張って欲しいと思います…!

関連エントリー


メダリスト5巻 出版社:講談社 作者名:つるまいかだ 作者サイト:ratum - BOOTH 作者twitter:つる…

メダリスト4巻 出版社:講談社 作者名:つるまいかだ 作者サイト:ratum - BOOTH 作者twitter:つる…

メダリスト2巻 出版社:講談社 作者名:つるまいかだ 作者サイト:ratum - BOOTH 作者twitter:つる…

メダリスト3巻 出版社:講談社 作者名:つるまいかだ 作者サイト:ratum - BOOTH 作者twitter:つる…

メダリスト1巻 出版社:講談社 作者名:つるまいかだ 作者サイト:ratum - BOOTH 作者twitter:つる…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.463 sec. Powered by WordPress