殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2010/5/17 月曜日::

■[漫画]巻末特典は温泉でもっはもっは「じょしらく」1巻

じょしらく(1) (ワイドKC)
著者/訳者:ヤス
出版社:講談社( 2010-05-17 )
定価:¥ 700
Amazon価格:¥ 700
コミック ( 130 ページ )
ISBN-10 : 4063376907
ISBN-13 : 9784063376906
作者サイト:Σぎゃあ

「ネガティブ作品の久米田康治と売れっ子イラストレーターのヤスのコラボ?」
「いやー、ないんじゃね?」「ナイナイ」「ネーよなー」
「…いや、むしろアリじゃね?」
「…アリ、かな?」「アリ?」「アリアリ」「アリアリアリアリ」

そんなやり取りがあったのかどうかは知りませんが、
別冊マガジンという新興の地で巻末でひっそりと始まった「じょしらく」ですが、
これが意外と人気があるみたいで1巻から特別版があるお行儀の悪い商売をされてたのですが、
実際発売日の本屋では特別版どころか通常版すらもあっさりと完売してる売れ行きで、
あまりの人気に驚いている次第です。
まぁ、1巻ということで初版部数が少なかっただけかもしれませんが。

落語が元ネタとはいえ殆どというか5%くらいしか本筋にしか絡んでおらず、
そのうちの4%は女の子たちが和服を着ている必然性に費やされているのでほぼ落語は関係ないです。
基本的に一癖以上ある噺家の女の子たちの楽屋での奇矯なトークが主成分なので、
ただヤスさんの描く女の子たちに萌えるだけという楽しみ方もアリなのかも知れません。
久米田先生は泣きそうですが。

久米田先生といえば巻末で編集の方が各話の小ネタ解説をしている中で、
ヤスさんへの明らかな無茶振りには大層笑ってしまったのですが、
それらを律儀に対応しているヤスさんがお見事でした。
具体的に言うと銭湯や温泉に入る女の子たちとか。
やっぱり女の子の肌を特典にしてあざとくならないとダメですね!(結論

ちなみに表紙で魔梨威が持ってる湯飲みの文字ですが、左上から横に読むと意味が判ります。

関連エントリー


さよなら絶望先生(21) (少年マガジンコミックス)著者/訳者:久米田 康治出版社:講談社( 2010-05-17 )…

じょしらく(3) (ワイドKC)著者/訳者:ヤス出版社:講談社( 2011-10-07 )コミック ( 128 ページ…

じょしらく(2) (ワイドKC)著者/訳者:ヤス出版社:講談社( 2011-01-07 )コミック ( 128 ページ…

じょしらく(4) (ワイドKC)著者/訳者:ヤス出版社:講談社( 2012-06-08 )コミック ( 128 ページ…

じょしらく(6)完 (ワイドKC)著者/訳者:ヤス出版社:講談社( 2013-11-08 )コミック ( 152 ペー…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 2.057 sec. Powered by WordPress