りゅうおうのおしごと! 15 小冊子付き特装版 9月15日頃発売!
幼馴染みの年上の巨乳JDが本気を出してきたぞ!

:: 2010/9/6 月曜日::

■[漫画]可愛い女の子と無人島で二人きり!?「レッツ☆ラグーン」1巻

レッツ☆ラグーン(1) (ヤングマガジンコミックス)
著者/訳者:岡崎 武士
出版社:講談社( 2010-09-06 )
コミック ( 192 ページ )
作者サイト:hAPOI’S ROOM
作者twitter:岡崎武士 (hapoi) on Twitter

岡崎武士さん復帰後初めての単行本が発売になりました。
漫画家に復帰して、実に13年ぶりになりましたが、
それをネタにして貞本義行さんに帯コメント書いて貰うのは流石です。(笑

元々読み切りで掲載されたのが連載化し、現在では掲載誌を月刊ヤングマガジンに移しています。
ストーリーは無人島に漂着した男女のお話という所謂漂流モノなんですが、
話がそこで終わらずに意外な伏線とそれを回収する手腕は見事の一言です。

しかし何と言っても素晴らしいのは女の子が可愛いということです。
ヒロインの衣舞瀬チカの濡れ透け姿にノーブラおっぱいの谷間と、
ビジュアル的な要素は勿論のこと、性格的にも可愛いんですよね。
無防備な彼女の笑顔が可愛いし、止血に自分のブラを使ったりと、
割りと天然な所も可愛いのです。

まだ子供だった主人公の山田くんが二人で過ごす内に恋をし、
嫉妬の口惜しさに涙し、迷い悩んでいる姿は痛くもあるんですが、
誰もが通る道だからこそ共感できるものでもあります。
また、それ故に真実に気付いて成長していく姿は清々しいものがありましたねー

漂流モノとしても、ちょっとしたSFとしても、少年の成長モノとしても面白く、
ヒロインの可愛さも一級品な作品ですのでオススメです。
かつて岡崎武士さんの漫画にハマった人は是非岡崎武士さの健在っぷりを知って欲しいですね。
岡崎武士さんはまだまだ現役やでー!

関連エントリー


レッツ☆ラグーン(4) (ヤンマガKCスペシャル)著者/訳者:岡崎 武士出版社:講談社( 2016-05-06 ) 作…

レッツ☆ラグーン(2) (ヤンマガKCスペシャル)著者/訳者:岡崎 武士出版社:講談社( 2012-07-06 )コミ…

Kiss×sis(9) (KCデラックス)著者/訳者:ぢたま 某出版社:講談社( 2011-11-30 )コミック (…

Kiss×sis(7) (KCデラックス)著者/訳者:ぢたま 某出版社:講談社( 2010-11-22 )コミック (…

Kiss×sis18巻 出版社:講談社 作者名:ぢたま某 作者twitter:ぢたま某 (@ditamabow) on…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.024 sec. Powered by WordPress