殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2010/9/16 木曜日::

■[ラノベ]みんなで海! 夏祭り! ってお前ら十分リア充「僕は友達が少ない」3巻&4巻

僕は友達が少ない〈3〉 (MF文庫J)
著者/訳者:平坂 読
出版社:メディアファクトリー( 2010-03 )
文庫 ( 261 ページ )
作者サイト:平坂読web yellow spring
作者twitter:平坂読 (hirasakayomi) on Twitter
絵師サイト:ブリキの砦

僕は友達が少ない 4 (MF文庫J)
著者/訳者:平坂読
出版社:メディアファクトリー( 2010-07-21 )
文庫 ( 263 ページ )
作者サイト:平坂読web yellow spring
作者twitter:平坂読 (hirasakayomi) on Twitter
絵師サイト:ブリキの砦

1,2巻は顔見せって感じが強かったですが3,4巻では動いてきましたね。
主に私が大好物であるラブコメ的な方面に…!
いやー、こういったラブでコメる展開は最高ですね。
エロ同人誌が読みたくなりますよね。
流石に今のところ理科×小鷹のエロ同人誌は見付けたことないですが、
夜空や星奈とのラブい関係の同人誌は持ってますので時間の問題な気もします。

夜空の幼馴染み属性発覚の流れは見事でしたが、
それ以上にインパクトがあったのはやはり「肉」ですね。
Oh…、ブリキさんの画力と合わさるとここまでエロっちくなるのか…
星奈はとっととエロ同人誌のヒロインとして出演しまくるべきだと思います!(ぉ

夜空に比べて星奈の方が小鷹に対しては一歩リードしてると思うんですよね。
まぁ、それはアプローチ的な意味であって、
実際は部室でエロゲやったりエロゲの台詞言ったり、小鳩を変態的に可愛がったりと、
アプローチで攻めても小鷹本人に引かれてプラスマイナス0な気もしますが。

しかし夜空が躊躇してる間に星奈との仲の外堀が埋まりまくってるみたいで、
何かと気になる終わり方(ラブコメ的な意味で)しているので、
これはもう5巻には期待せずにはいられませんね!
あ、それと冬コミでのエロ同人誌にも期待。(笑

関連エントリー



 Comments (1)

1件のコメント »

  1.  フランさんの説明が余りにも的確すぎて尚更、何を言っているのかよく判りませんでしたよこのライトノベルの内容w 三回くらい読み返してようやっと理解しました……。コミックス版は序盤を見ていて「コレは今後の展開次第で暫く様子見かなぁ……」と思っていたのですが買いますw というかコミックスの「エア友達」の時点で何かしら、相当に残念な空気が漂っていたのですが極めて序の口だという事実を思い知りました……。ハルヒっぽい空気が漂っていた気がしたのですがコレも私の気のせいだったようです。
     というか何スか? 既に説明文中に登場している七名の内、実に六名が「人生にして大凡、天の采配に感謝すべきであろう心腹の友」と言い合えるような人物である時点で「友達が少ない」ではない気もしますが、それぞれのトルクが単体でも凄まじい癖にギアがそもそも全く接点がないとか、仲立ちするのが主人公一人だけというのは「もう勘弁してあげて!?」という悲鳴を上げそうです。

     そういえば、「ぼく、オタリーマン」のよしたにさんが最新号のビジネスジャンプに巻中カラーで登場しておりましたが、こちらも余りにあんまりな残念振りがステキでした。しかし年下ながら既に不治の病一歩手前の私の方が病状では勝った!! ……致命的な相違は、私の方は笑える箇所が全く無いという点ですか。

    Comment by Mya — 2010/9/17 金曜日 @ 21:26:13

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 2.399 sec. Powered by WordPress