殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2010/12/5 日曜日::

■[ラノベ]みんなお待たせ! 全裸だよ!「聖剣の刀鍛冶」10巻

聖剣の刀鍛冶10 (MF文庫J)
著者/訳者:三浦 勇雄
出版社:メディアファクトリー( 2010-11-20 )
文庫 ( 227 ページ )
作者サイト:ねこまる
絵師twitter:屡 (kanari_lu) on Twitter

発売が延期しまくって結局前回から半年後に発売にずれ込んだのを誤魔化すかのように、
表紙のセシリーコスプレシリーズで全裸を披露するとはあざとい… あざとすぎる…!
当初は8月発売予定だったのを私は忘れないんだからね!

それはともかく、全裸のセシリーはエロいなぁ…(←誤魔化されてる

2ヶ月前のアライブのはがないで、聖剣のブラックスターのエロシーンを、
「聖剣の刀鍛冶」コミカライズ担当の山田孝太郎先生が描かれていましたが、
その時の情熱(主成分:エロ)が甦り、滾ってきましたよ。
うーん、冬コミでエロ同人誌をもう一度探すのはアリだな…

それはともかく本編ですが、火山に閉じこめられたルークとユーイン。
間断なく襲いかかってくるヴァルバニルの末端に消耗戦を強いられるも、
そこは三浦勇雄のヒーロー、最後の最後まで諦めないんですよね。
おぞましい手段を持ってしてでも生き残ろうとする執念は凄まじいです。

そして諦めないヒロインがセシリー
救出が絶望視されようとも生きていると信じる、いや、信じると決めている。
アリア奪還作戦から帰還して休む間もなくルークを救出に向かい、
全力を持って臨む姿は1巻当初の姿からは比べようもなく成長していますよ。

何とか急場は凌げたといった所ですがアリアの件とかまだまだ問題は山積みだし、
ルークがひた隠しにしていた秘密もセシリーに露見することになった訳なんですが…
いやー、屡那さんのラストの挿絵は凄いですね… エロいですね…
流石はセシリー(←上手いことを言ったつもり

関連エントリー


聖剣の刀鍛冶12 (MF文庫J)著者/訳者:三浦勇雄出版社:メディアファクトリー( 2012-03-22 )文庫 ( …

聖剣の刀鍛冶5 (MF文庫J)著者/訳者:三浦勇雄出版社:メディアファクトリー( 2009-03-25 )定価:¥ 6…

聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) 6 (MF文庫J)著者/訳者:三浦勇雄出版社:メディアファクトリー( 2009-06-…

聖剣の刀鍛冶15 (MF文庫J)著者/訳者:三浦 勇雄出版社:メディアファクトリー( 2013-03-22 )文庫 (…

聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) (#1) (MF文庫J (み-01-09))著者/訳者:三浦 勇雄出版社:メディアファ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.290 sec. Powered by WordPress