りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2010/12/15 水曜日::

■[漫画]お家騒動に揺れるモクソン、そして…「純真ミラクル100%」5巻

純真ミラクル100% (5) (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)
著者/訳者:秋★枝
出版社:芳文社( 2010-12-11 )
コミック ( 180 ページ )
作者サイト:■□■ロケット燃料★21■□■
作者twitter:秋★枝 (Akieda) on Twitter

読み切りからスタートした本作品も隔月→月刊と連載誌を移りながら刊行ペースもあがり、
元々の掲載誌であるエールの休刊とか本当に色々とありましたが、
無事、この5巻をもってひとまずの完結という運びになりました。
作者の秋★枝さんにおかれましては複数の連載を抱えながらお疲れ様でした。

音楽業界の変化とオフィスTの存在意義、モクソンという売れっ子歌手の存在、
かつての親友の高杉所長と末澤さんに、工藤くんも交えた恋模様と、
様々な事情を孕んでの一種ドロドロとした展開も、
何とか一段落して終わったのには正直ホッとする所があります。
何よりその立役者が工藤くんってのがカッコイイよね。
というかホント、工藤△

まぁ、そんな工藤くんだからこそ地道なアプローチも実を結んだということで、
素直におめでとうと言いたくなる気持ちがあります。
というか高杉所長って鋭いようでいて自分に関しては鈍いですよねー
そこが可愛いと言えば可愛いのですが。(笑
モクソンに恋話聞かれてタジタジな高杉所長を見てるとニヤニヤしちゃいます。

確かにもうちょっと見ていたい(主に二宮さん関連)という気持ちはあるんですが、
ここら辺が区切りとしては丁度良いでしょうね。
また何かの機会で見ることができたら良いなぁ、と思いつつ、
しばしのお別れということでさよならとありがとうを言いたいです。

関連エントリー


ふたりの恋愛書架 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)著者/訳者:ヤマザキ コレ出版社:芳文社(…

せなかぐらし (3) (まんがタイムKRコミックス)著者/訳者:カザマ アヤミ出版社:芳文社( 2012-12-12 …

7時間目の音符(ノート) (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)著者/訳者:志摩 時緒出版社:芳文…

鬼が出るか蛇が出るか5巻 出版社:芳文社 作者名:あどべんちゃら 作者twitter:あどべんちゃら (@adoven…

鬼が出るか蛇が出るか (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)著者/訳者:あどべんちゃら出版社:芳文…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.175 sec. Powered by WordPress