りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2010/12/17 金曜日::

■[漫画]まさかのエルシィ表紙独占!「神のみぞ知るセカイ」11巻

神のみぞ知るセカイ 11 (少年サンデーコミックス)
著者/訳者:若木 民喜
出版社:小学館( 2010-12-17 )
コミック ( 192 ページ )
作者サイト::: HoneyDipped ::
作者twitter:若木民喜 (angelfrench) on Twitter

今までずっと続いてきた表紙の桂馬シリーズが11巻でいきなり変更。
(一度だけ結になりましたが、中身は桂馬なんであれは例外)
まぁ、区切り的に悪くはないし11巻はエルシィメイン回がありますし、
アニメでも人気が高まったという外的要因もあるんでしょうが、
それにしたってビックリしました。

で、今回は巨大化少女の檜攻略編なんだけど、
旧地獄復活を目論む新勢力の介入によって事態は混迷を極め、
檜を恋に落として解決すること叶わず、キーパーソンの楠に助けて貰い、
規格外の力を持つ駆け魂もまさかのあの人が暗躍することで勾留したりと、
何かと新たな事実が判明して驚かされるものでした。

今回檜を恋に落として解決という手段が取れなかったとはいえ、
ラブコメ成分が薄まるというとそうでもなく、むしろ良い感じに。
気落ちしたエルシィを励ます為のデート回にお風呂場ハプニングは勿論、
天理とハクアの三角関係デートも大変ニヤニヤできて美味しゅうございました。
やはり天理(&ディアナ)とハクアの二人はラブコメ要員として重要だなぁ。

さてさて次回から女神捜索編となるわけで個人的に注目度アップな訳です。
ギャルゲで行ったら続編、というよりファンディスクに近い展開で、
そういったのが好きな私は心待ちな次第です。

しかし今まで桂馬シリーズだった表紙が崩れたから12巻が誰か予想が付かないですね。
話のメイン的にはかのんになるのかな…?

関連エントリー


神のみぞ知るセカイ 21 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:若木 民喜出版社:小学館( 2013-04-18 )コ…

神のみぞ知るセカイ 12 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:若木 民喜出版社:小学館( 2011-04-18 )コ…

神のみぞ知るセカイ 15 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:若木 民喜出版社:小学館( 2011-12-16 )コ…

神のみぞ知るセカイ 14 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:若木 民喜出版社:小学館( 2011-09-16 )コ…

神のみぞ知るセカイ 13 (少年サンデーコミックス)著者/訳者:若木 民喜出版社:小学館( 2011-06-17 )コ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.707 sec. Powered by WordPress