りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2010/12/20 月曜日::

■[ラノベ]大人の格好良さと男の青春「東京レイヴンズ3 cHImAirA DanCE」

東京レイヴンズ3 cHImAirA DanCE (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2010-12-18 )
文庫 ( 334 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
作者サイト:—マッチョリ—
作者twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

夏目や京子といったうら若き乙女たち(夏目は男装してるけど)がいるのに、
そんなの関係ないとばかりに男たちが活躍しまくる第3巻。
新キャラも二十代中盤以降の男ばかりという、
華やかさの欠片もない面子ですが、魅力は十二分にある大人たちです。

筆記試験が散々だった春虎の起死回生の進級が掛かった陰陽塾の実技試験。
模擬的な霊災のはずが突如として暴走が起こっただけでなく、突如襲来する鵺。
教師陣すらも戦慄する驚異を前に現れる十二神将の問題児「鬼喰い」の鏡伶路。
そしていつもクールな春虎の悪友、冬児は霊災の後遺症が顕在化し…!?

という訳で教師陣や十二神将の責任ある大人たちがむやみやたらとカッコイイですし、
春虎と冬児は恥ずかしいくらいに青春してます。(笑
冬児が抱える重すぎる問題を知った面々の受け答えとか、
すっごく学園ドラマしてる上に、春虎の一直線っぷりが清々しくてスカっとするんですよね。
鵺を前にした無謀とも言える綱渡り的なバトルも手に汗握る展開でしたよ。

最後に春虎も大人の在り方とそれに依存せず信頼し合う在り方を知り、成長してましたが、
本当にこの作品に出てくる大人ってのは格好良い人ばかりなんですよね。
特に相変わらず大友先生は良いトコ持って行きすぎだと思います。(笑
良いトコ持って行ったと言えば最後に出てきたあのご老人や双角会の暗躍もあり、
次回以降の展開もますます気になりますね。

それはそうと果たして春虎が進級できたのかが心配です。(笑

関連エントリー


東京レイヴンズ (14) EMPEROR.ADVENT (ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:KADOK…

東京レイヴンズ6 Black Shaman ASSAULT (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:…

東京レイヴンズ (13) COUNT>DOWN (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:KADOKA…

東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:あざの 耕平出版社:富士見書房(…

東京レイヴンズ2 RAVEN゛s NEST (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-2)著者/訳者:あざの 耕平出版社:…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.201 sec. Powered by WordPress