りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2013/11/22 金曜日::

■[漫画]ノリくんはトラブルメーカー「のりりん」8巻

のりりん(8) (イブニングKC)
著者/訳者:鬼頭 莫宏
出版社:講談社( 2013-11-22 )
コミック ( 200 ページ )
作者サイト:パズルピースは紛失中

仲間内で自転車を楽しむという日常も定着してきたノリたちは、
多少の衝突はありながらも割りと順風満帆。
されど、我らがノリは相変わらずのトラブル体質で、
ひょんな事から轟の知り合いともめ事を起こしてしまい、
ドマチの脳天気さも手伝ってレースに出ることになるんだけど…

あー、どこの業界にもいますよね! 初心者に迷惑なセミプロ!
ちょっと上手いからって上級者ぶって上から目線な人!
ノーマナーなことをしても意にも介さず格下を見下すその態度!
初心者を追い出し、業界を狭くしてしまって困った人たちなんですよねー、ホント。
何かつい先日、某ゲームで似たような人を多数見掛けた気がします!
そんな人たちの挑発に乗ってトラブルを起こすノリにちょっと親近感湧きました。(笑

それはともかくレースですかー
私もアップダウンが激しい山道で2時間のエンデューロに出たことありますけど、
明らかに早いチームレーサーな人たちと、
私みたいなホビーレーサーが混在しながら走ることが出来て面白かったですよ。
まぁ、ノリみたいにトラブル起こすこともなかったってのが大きいですが。(笑

ちなみに今回ちょっと気になったのがリンちゃんのお母さんである陽子さんですが、
トレーニングについて語ってる時にちょっと影が入ってた様に見えるんですよね。
もしかして、トレーニングのミスで乗れなくなったとかだったりするのかなぁ。
陽子さんは割りと謎が多いですね。

そして割りと謎だった陽子さんのダンナさんこと、ラーメン屋の店主ですが、
まさか見た目通りプロレス関係者だったとは…
割りと誰得って感じの番外編ですけど、何か妙に味があって面白かったです。(笑

関連エントリー


のりりん(9) (イブニングKC)著者/訳者:鬼頭 莫宏出版社:講談社( 2014-05-23 )作者サイト:パズルピ…

のりりん(7) (イブニングKC)著者/訳者:鬼頭 莫宏出版社:講談社( 2013-06-21 )コミック ( 224…

のりりん(5) (イブニングKC)著者/訳者:鬼頭 莫宏出版社:講談社( 2012-07-23 )コミック ( 200…

のりりん(4) (イブニングKC)著者/訳者:鬼頭 莫宏出版社:講談社( 2012-01-06 )コミック ( 200…

BLOOD ALONE(7) (イブニングKC)著者/訳者:高野 真之出版社:講談社( 2011-02-23 )コミッ…


 Comments (2)

2 Comments »

  1. 自分が引退して関係のない外野に回ったからってそういう煽り返すこと書いてるとまた荒れちゃいますよ
    大元のきっかけもそうだし悪くは無くとも原因を自分で担っちゃってるのは意識した方が良いと思うんだ

    コメント by S1 — 2013/11/23 土曜日 @ 13:00:04

  2. ご心配どうもですー
    我慢しないといけない、と判っててもついつい喧嘩を買ってしまう。
    そんなとこもノリくんと似てて共感してしまいますです。
    笑ってスルーすべきだとは判っているのですががが。
    別に「(失礼なことを)やられたらやり返す! 倍返しだ!」というポリシーな訳ではないのですがw

    コメント by フラン — 2013/11/24 日曜日 @ 17:08:44

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.255 sec. Powered by WordPress