殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2011/4/25 月曜日::

■[漫画]変人な超人コメディ「コジカは正義の味方じゃない」1巻

コジカは正義の味方じゃない 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
著者/訳者:小原 愼司
出版社:メディアファクトリー( 2011-04-23 )
コミック ( ページ )
作者サイト:施療院島

敬愛する漫画家である小原愼司先生の新作「コジゃない」石黒正数先生命名)1巻が発売されました。
前作「二十面相の娘」と同じくフラッパー連載なんですが、
そのテイストは全く異なり、作者の過去作で言えば「菫画報」が一番近いでしょうか。
超人が出るSFモノなんだけど、庶民派なコメディ要素がメインの作品です。

超人と呼ばれる存在がいつの間にか一般的になった世界。
しかしそんな世の中とは関係なく、子供向け絵物語を仕事に持つ父と幼い弟を持つ赤貧少女のコジカは、
バイトに明け暮れる日常だったけど、ある日目覚めた超人としての能力で金儲けを企むことに。
しかしその中身は「夕刊配達バイトを増やす」などといった凄く庶民的なもので…

そんな庶民派なコジカに目を付けた正義の味方を夢見る一般人の残念なイケメン後輩の白鳥正義と、
白鳥目当てのこれまた超人な鈴木アリスや、超人を統括する政府の機関だったりと、
色んな人物や機関やらチームやらが溢れかえりながらも、誰もが何とも間抜けで、
程良い脱力感が絶妙な面白さを出してくれるのです。

コジカの超人としての姿も表紙にあるように、裸っぽい影分身とも言える姿で、
それがまた一つの面白さになっています。
正義の味方オタクの白鳥もかなり面白いキャラですし、
コジカも感性は一般人に近いのに小銭稼ぎには目の色が変わる所とか笑えるんですよね。

兎にも角にも小原愼司先生のコメディ作品が好きな人には買いの作品です。

関連エントリー


コジカは正義の味方じゃない 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)著者/訳者:小原愼司出版社:メディアファクトリー…

地球戦争 1 (ビッグ コミックス)著者/訳者:小原 愼司出版社:小学館( 2013-03-29 )単行本 ( 192…

青猫について 1 (ビッグコミックススペシャル)著者/訳者:小原 愼司出版社:小学館( 2016-10-12 ) 連載…

地球戦争 2 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)著者/訳者:小原 愼司出版社:小学館( 2013…

星のポン子と豆腐屋れい子 (アフタヌーンKC)著者/訳者:トニー たけざき出版社:講談社( 2013-11-22 )コ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.332 sec. Powered by WordPress