殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2013/10/23 水曜日::

■[ラノベ]春が去り、夏が来て、秋と出会う。「東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE」

東京レイヴンズ10 BEGINS/TEMPLE (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2013-10-19 )
文庫 ( 361 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
絵師サイト:—マッチョリ—
絵師twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

衝撃の第一部完で圧倒的な面白さを見せつけてくれた「東京レイヴンズ」
現在放映中のアニメ版も期待以上に出来が良くてホッと一安心しています。
なんでも2クールという話もあるので、もしかしたら第一部完まで行くかもですね。
だとするとあざの耕平作品の魅力が遂にラノベファン以外にも伝わるかも…?

第二部の物語はあれから一年経ち、春虎がテロリストして指名手配された所から始まります。
それに伴い主人公も春虎から夏目に。
夏目が行方をくらませた春虎を追い、呪術界の暗部である闇寺を訪れた先で、
ウサギの生成りという珍しい少女・秋乃と出会い、友達になるというほのぼのした展開から一転、
寺内部の派閥争いと、「十二神将」と遭遇戦とバイオレンスな展開に。
そして満を持して、転生した夜光こと春虎たちが来山し…

秋乃が登場したことで遂に「春」虎、「夏」目、「秋」乃、「冬」児と、
四季の全員が揃うことになりましたね。
まぁ、冬児はまだ再登場していないというか、そもそもどこに居るのかも不明ですが…
冬児以外の仲間たちが今現在どういった状況にいるのかも不透明だし、
そもそも無事なのかも判らないのでハラハラしちゃいますが、
そういった所もあざの耕平作品の面白さの一つだから困ったものです。(笑

それにしても新キャラの秋乃は可愛いですね!
ドジっ子で眼鏡っこでウサミミのロリとかどんだけ属性盛ってるんですか!
土御門家じゃなくてうちで飼いたい、もとい匿いたい!

秋乃だけじゃなく、もちろん夏目も可愛いです。
というより第一部から魅力が増していますよね。
「泰山府君祭」が失敗し、北斗に憑いて貰うことで辛うじて現世に留まっているという、
「これはゾンビですか?」的な、ある意味富士見ファンタジア文庫らしい属性もゲットしたし。(ぉ
というか、春虎を追う理由が自分を中途半端に生き返らせた云々なんて微塵もなく、
ただ単に好きだから会いたいし、傍に居たいという所が最高に可愛いと思うのですよ。

夜光の遺志に春虎の目的とまだまだ謎の部分が多いです。
ですが、それらが解き明かされていく中での面白さが光るのがあざの構成作品の醍醐味なので、
今から期待が高まって仕方がないです。
それに今回は良い根性したおっさんだった三善さんがメインでしたが、
大人たちの魅力を引き出すのもあざの耕平作品らしさでもあるので、
次回以降も楽しみです。

:: 2013/7/22 月曜日::

■[ラノベ]雛鳥たちのコメディな日常「東京レイヴンズEX1 party in nest」

東京レイヴンズEX1 party in nest (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2013-07-20 )
文庫 ( 264 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
絵師サイト:—マッチョリ—
絵師twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

あの驚異的なヒキで第一部が終わった本編はちょっとお預けで、
今回からEXが付くようになった東京レイヴンズ短編集の発売です。
この短編集は時系列がまだ春虎たちが一年生の頃の話なんですよね。
だから鈴鹿はまだ出てこないからちょっとツンデレ女子分が不足気味かも?
まぁ、何故か挿し絵には鈴鹿が天馬の妄想とはいえで出てきてるんですけど。(笑

短編集ということもあってか春虎以外のキャラがメインの話ばかりです。
隠形出来なくなったコンが陰陽塾で騒動を起こしまくったり、
夏目とデートすることになった京子が張り切ったり、
誕生日をサプライズで祝われるはずがカオスなオチが待っている天馬の話だったり、
霊災に遭った冬児が未だ引きずる後遺症の話だったり、
北斗と春虎が出会った頃のエピソードだったりが綴られています。

しっかし、本編のシリアスさが微塵も感じられないコメディっぷりですね!(冬児除く
特に天馬の短編のオチがもの凄いツボって比喩抜きで腹を抱えて笑い転げましたよ。
このシーンは是非アニメで見たいんですが、今度のTVアニメで放映されないですかねコレ!(笑
それと今回の短編で一番可愛かったのはコンでしょうか。
本編でその正体が判っているとそのギャップで更に萌えることが出来ますしね!
あと、倉橋塾長も年甲斐もなくお茶目すぎて可愛いと思います。

第一部終盤の盛り上がりが激烈だったので忘れそうになりますけど、
あざの耕平さんは短編コメディも上手いんですよねー、ホント。
またたまにはこうやって短編集を出してくれると嬉しいですね。
まぁ、今は早く第二部を出してくれ! と思ってしまいますけど。(笑
いや、ホント早く出してくれないでしょうか…
おそらくTVアニメが放映開始と同時期になるんだろうから、
9月か10月発売になるんだろうけど…
うーん、待ち遠しい!

:: 2013/3/23 土曜日::

■[ラノベ]五つの封印「東京レイヴンズ 9 to The DarkSky」

東京レイヴンズ9 to The DarkSky (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2013-03-19 )
文庫 ( 443 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
絵師サイト:—マッチョリ—
絵師twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

まさかのメインヒロイン死亡という展開だった8巻のラストから続き、
絶望の帳が落ちるオープニングから始まった第一部のクライマックス!
最も親しい人を失った春虎たちの絶望と困惑と焦燥が痛いくらいに伝わってきて、
読み進めれば読み進むほどに胸をかきむしりたくなる面白さがここにはあります。

今回は第一部で一番の見せ場という事で多くの登場人物に見せ場があります。
蘆屋道満と当代最強の陰陽師にして不動明王の化身とも言われる宮地の対決、
夜叉丸こと大連寺至道の深遠にして傲岸不遜な手腕に、
京子の「星読み」としての覚醒、そして全員を出し抜いた天馬の活躍と、
誰一人取ってもそれぞれの能力に見合った最高の舞台が用意されていて、
ぐいぐいと物語の中に引き込まれていきます。

そして今回一番の見せ場を持っていき、中心となった人物は飛車丸ですね!
今まで封印されてきたのが解呪されて、
本当の姿を取り戻して活躍する展開は少年漫画みたいで盛り上がりましたよ!
飛車丸が覚醒した姿はもとより、今まで見せてきた忠義の美しさが心を打ちますね!
というか絶世美女が旧日本軍の軍服っぽい格好とか最高にマニアックだなぁ…
つまりは夜光はとてもマニアックだったということなのだろうか…(笑

敵側にいる倉橋長官を含めた大友先生や木暮といった大人たちは元からそうですが、
今まで塾生だった春虎や天馬たちも雛鳥から一歩成長することでそれぞれに信念を持ち、
それでもって生き方を選んでいるのが感じられましたね。
それに比べるとどうしても鏡は三下っぽく感じられるんだよなぁ…
能力だけが高くても、信念が感じられないとやはり下郎と誹られても当然な気がします。

これで第一部完とのことですが現時点でこれだけ面白いのに、
果たして第二部ではどこまで面白くなるのか期待に打ち震えてしまいますね。
あざの耕平さんはやはり長編シリーズでこそその真価が発揮されるので、
ちょっと巻数が多いけど、それに臆することなく読んで欲しい作家さんです。

うーん、しかし今から次の10巻が楽しみでならない…!

:: 2012/11/2 金曜日::

■[ラノベ]乙種呪術が解かれる時「東京レイヴンズ 8 over-cry」

東京レイヴンズ8 over-cry (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2012-10-20 )
文庫 ( 398 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
絵師サイト:—マッチョリ—
絵師twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

あざの耕平さんの乙種呪術に見事に掛かっていたボクです。
もうね、言われてみればその通りですし、コアなファンならもっと早く解ってたんでしょうけど、
私なんて大友先生が夏目の変装を見抜けなかった、という時点でやっと気付く体たらく。
乙種呪術についてはごく初期から繰り返しその内容と効果が指摘されたのになぁ…
それにしても土御門泰純も本当にえげつないことをするもんですねぇ…
まさか夏目じゃなくて春虎が夜光の生まれ変わりだったとは…

シェイバの暴走の中で自力で封印を半端に解き、霊力が暴走するようになった春虎。
そしてその場にいた生徒たち全員に女であったことが露呈してしまった夏目。
それを知ってしまったことで、初恋の相手が春虎だと気付いてしまった京子。
そんな若者たちの苦悩の裏では大人たちが暗躍しており、
ただでさえ大変な土御門の二人は実家が火事で全焼したことを知り、更に混乱することに…

しかし鈴鹿ってば良い子だよなぁ、本当に。
天馬もすっかり成長してるし、京子もちゃんと決着つけて前に進んでるし。
自分の想いを全力でぶつけるとか、いやはや青春してますよ、みんな。
それに引き替え相馬さんトコのお姫様は悪い子ではないんだけど、
自分が信じる正義に盲目過ぎて悲劇を巻き起こしちゃうとか…
というかどうなるんだろう、この展開。
夏目の境遇とか悲劇にすぎるし、このままとかあり得ないよね!?
まさかこの輝かしい表紙ですらも乙種呪術だったとはね…!

それにしてもあざの耕平作品は大人が格好いいよなぁ。
大友先生の登場シーンとかめっちゃ頼もしく感じられたし、
春虎の両親もいい歳して現役バリバリの強さとか見せてくれて痺れましたしね!
まぁ、大友先生は夏目の変装を見破れなくて間抜けな顔を見せてくれたり、
何か夏目には経験が籠もってるかのような助言をしてたりと、
どこまでも完璧、という訳では無いんですけどね。
でも、だからこそ魅力的に映って見えるんですよね。

恐らくここがこの物語のターニングポイントになると思いますが、
果たして「東京レイヴンズ」がどういった方向に向かうのか。
戦々恐々としながらも楽しみです。

:: 2012/5/29 火曜日::

■[ラノベ]持続する緊迫感「東京レイヴンズ 7 _DARKNESS_EMERGE_」

東京レイヴンズ7_DARKNESS_EMERGE_ (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2012-05-19 )
文庫 ( 461 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
絵師サイト:—マッチョリ—
絵師twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

読み始めてから読み終わるまで、ずっと続くこの緊迫感は凄い!
まるでアメリカのドラマを見ているような気分を味わわせてくれますよね!
24とかをイメージして貰えると分かると思いますけど、
登場人物たちに「逃げてー!」と言いたくなる手に汗握るあの感覚ですよ!
ラノベでこの雰囲気を醸し出せるあざの耕平さんマジ凄い。

前回、蘆屋道満と大友の二人による呪術戦の最高峰を目の前で繰り広げられ、
陰陽術に対して今までとは別次元で魅せられた春虎がもがき苦しみながら、
一皮剥けて成長していく今回の7巻は成長モノとしては見応えがありましたねー
それに夏目もある意味一皮剥けてしまって別の意味でも見応えも…(ぉ

鏡の式神シェイバが元凶の祓魔局での霊災とシェイバの暴走は、
ギリギリの死戦を何度も潜り抜ける春虎と夏目の二人の活躍に魅せられたけど、
葛藤を抱えながら更なる恐怖と混乱を受けた京子の人間らしい臆病な面と、
ラストで見せられた彼女の心に感じ入るところもありましたね。

物語全体は色々と謎が暴かれていったけど、
明らかになった事実がまだ氷山の一角な為にまだまだ全体像が見えてこず、
読者的には今まで以上に混乱してしまうのもまた事実だったり…

一応今回分かった事実としては、あの赤毛で黒ストが綺麗な相馬さんのことかな。
相馬氏と言えば桓武平氏であり「新皇」を自称した平将門の子孫と伝えられているから、
八瀬童子の「来歴が違う」というのも納得できますね。
しかし、その相馬氏の子孫である彼女が双角会の根っこであり、
陰陽師の世界の深い闇とどう関わっているのかが気になりますね。

本当にあざの耕平作品には魅了されるなぁ。
まだ7巻で物語の序盤な感じだし、果たして今回はどこまで行くんだろうか。
何か20巻くらいは行きそうな気がする…

:: 2011/10/30 日曜日::

■[ラノベ]おっさんの格好良さを見よ!「東京レイヴンズ6 Black Shaman ASSAULT」

東京レイヴンズ6 Black Shaman ASSAULT (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2011-10-20 )
文庫 ( 346 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
絵師サイト:—マッチョリ—
絵師twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

あざの耕平さんが書くおっさんたちの格好良さは異常。

BBBの時もそうでしたけど、あざの耕平作品のおっさん連中は本当に格好いいんですよね。
こういう大人が傍に居たら間違いなく憧れるし尊敬してしまうおっさんばかり。
美少女わんさかが当然のラノベ業界では珍しい部類に入るとは思うのですが、
読んでてワクワクしてしまうこの興奮は何物にも代えがたいモノだと思うのです。

北斗の正体は夏目かもしれない…
という読者からすると「今更かよ!」とツッコミを入れたくなる疑念を持ち始めた春虎と、
天馬のスランプもありギクシャクしだした鈴鹿を加えたいつもの面子。
しかしそこへ舞い込むDこと伝説の陰陽師、芦屋道満からの大胆不敵な挑戦状。
力業で攻め込むDに対して、その圧倒的な戦力差で押し潰されそうになり、
夏目の顔にも絶望の影が差す所に登場するのは隻脚の教師で…

と、もうね、大友先生ってばマジヒーローすぎ。
霊力には圧倒的なまでの差があるのにそれに抗うだけの術を持ち、
大胆不敵にも次々と手を打っていく姿は本当に痺れますよね!
超一流の戦いを間近で見ることで春虎たちも色々感動してたみたいですが、
それも当然と言える美しい戦い方でした。

しばらく短編が続いていたこともあり、1冊丸々使っての長編は読み応えがあり、
久しぶりのあざの耕平作品におけるおっさんの格好良さを堪能できて大満足でした。
また、ヒロインたちの萌えもちゃんと忘れずに補充してたのが良かったと思います。
春虎に「惚れちまいそうだ」と言われた鈴鹿の動転っぷりは良いツンデレだと思いますよ!
まぁ、正ヒロインの夏目は今回萌えポイントは少なかったですが…
次回以降がんばれ…、夏目…!

:: 2011/7/22 金曜日::

■[ラノベ]夏目は割りと懲りない自業自得「東京レイヴンズ 5 days in nest II & GIRL AGAIN」

東京レイヴンズ5 days in nest II & GIRL AGAIN (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2011-07-20 )
文庫 ( 398 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
絵師サイト:—マッチョリ—
絵師twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

前回に引き続き短編&中編の二重構成になっており、
内容も同じく1年生の頃の短編と鈴鹿を交えての中編になっています。
それぞれは特にバトルらしいバトルもなく、
全体的に平和な雰囲気に満ちている穏便な5巻です。
どうやら次回はバトルらしいですが…

短編は年末年始に一泊二日で帰省した夏目と春虎の何気ない雪道の会話を描写しただけの静かな話の他に、
寮の夕食が出ない日にみんなで鍋やったら酒飲んでベロンベロンになってしまう話だったりと、
PTAに推奨されたいのか勧告されたいのか分からなくなる構成だったりします。(笑

しかし特に注目してしまうのは、意外と動物好きな春虎が、
動物恋しさに無意識にコンの尻尾を触りまくって、それに夏目が激昂するという、
春虎の良い人ポジションを争う二人(もとい一人と一匹)の仁義なき戦いですね。
というか夏目は自分のスキルを無駄に使いすぎというか、
北斗という少女を作り出した時の教訓が全く活かされてませんね!

春虎を騙してしまうことにより言い出せないもどかしさと罪悪感に落ち込むとか、
中編でもやってたけど、何というかアホだなぁ、と。
その隙にコンではなく夏目と似た立場の鈴鹿が良い人ポジションを奪取する機会を得そうで、
春虎の鈍感さによる世知辛い恋愛事情は少女達には大変そうです。
春虎奪取は鈴鹿と夏目のどちらが早く素直になるかに掛かってる気がします。

しかし鈴鹿と京子の関係は意外というか、鈴鹿と夏目と京子で三竦みが出来そうですね。
こりゃー、次回以降も楽しみですわい。

:: 2011/5/25 水曜日::

■[ラノベ]帰ってきた大連寺「東京レイヴンズ 4 GIRL RETURN & days in nest I」

東京レイヴンズ4 GIRL RETURN & days in nest Ⅰ (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2011-05-20 )
文庫 ( 395 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
作者サイト:—マッチョリ—
作者twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

今回は書き下ろしの中編と、ドラマガ連載の短編を収録した変則的な構成となっております。

中編のサブタイトルである「GIRL RETURN」の通り、1巻の敵役だった大連寺鈴鹿が再登場。
しかも悪魔っ娘な後輩として、春虎にアタック(笑)を繰り出しながら、
実のところは腹黒キャラ、に見せかけて意外と恋する乙女っぽい内面を持つという、
一粒で何度も美味しいロリ系美少女としてのカムバックには歓迎する気持ちで一杯です。

しかも春虎ゲットに際して一番の障害である夏目も弱みを握ることによって、
これからの悪魔っ娘キャラ的にベストなポジションを得ることが出来たので、
今後の活躍にも期待せざるを得ないのであります。

そして回想という形で語られる短編ですが、何というか夏目無双だな、と。
更衣室で全裸のトコに乱入されたり、身代わりの形代が半裸で春虎とくんずほぐれつだったり、
春虎とラブホに入ったり、春虎のデートを尾行して影から妨害しまくりだったりと、
ホント、夏目の暴走っぷりには笑わせられますよ。(笑
夏目ってばホント、春虎好きすぎだろ、と。

それとコンもロリヒロインとしての活躍は元より、
春虎に変な虫が付かない為には仲が悪い夏目とも協力したりと、
油断ならない幼女っぷりを発揮しており、これはこれで萌えだな、と思った次第であります。

それにしても中編で出てきたロリ先輩、結構良さげなキャラなんだけど…
本格的に活躍するのは次回なのかなー
まぁ、7月には5巻が出るっぽいので期待ですねー

しかしW寮母の腐女子っぷりは歴代担当の影響が濃いとしか思えないですね。
一体どこの客層を狙っているんだろう…(笑

:: 2010/12/20 月曜日::

■[ラノベ]大人の格好良さと男の青春「東京レイヴンズ3 cHImAirA DanCE」

東京レイヴンズ3 cHImAirA DanCE (富士見ファンタジア文庫)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2010-12-18 )
文庫 ( 334 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
作者サイト:—マッチョリ—
作者twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

夏目や京子といったうら若き乙女たち(夏目は男装してるけど)がいるのに、
そんなの関係ないとばかりに男たちが活躍しまくる第3巻。
新キャラも二十代中盤以降の男ばかりという、
華やかさの欠片もない面子ですが、魅力は十二分にある大人たちです。

筆記試験が散々だった春虎の起死回生の進級が掛かった陰陽塾の実技試験。
模擬的な霊災のはずが突如として暴走が起こっただけでなく、突如襲来する鵺。
教師陣すらも戦慄する驚異を前に現れる十二神将の問題児「鬼喰い」の鏡伶路。
そしていつもクールな春虎の悪友、冬児は霊災の後遺症が顕在化し…!?

という訳で教師陣や十二神将の責任ある大人たちがむやみやたらとカッコイイですし、
春虎と冬児は恥ずかしいくらいに青春してます。(笑
冬児が抱える重すぎる問題を知った面々の受け答えとか、
すっごく学園ドラマしてる上に、春虎の一直線っぷりが清々しくてスカっとするんですよね。
鵺を前にした無謀とも言える綱渡り的なバトルも手に汗握る展開でしたよ。

最後に春虎も大人の在り方とそれに依存せず信頼し合う在り方を知り、成長してましたが、
本当にこの作品に出てくる大人ってのは格好良い人ばかりなんですよね。
特に相変わらず大友先生は良いトコ持って行きすぎだと思います。(笑
良いトコ持って行ったと言えば最後に出てきたあのご老人や双角会の暗躍もあり、
次回以降の展開もますます気になりますね。

それはそうと果たして春虎が進級できたのかが心配です。(笑

:: 2010/9/21 火曜日::

■[ラノベ]面白さ加速中!「東京レイヴンズ」2巻

東京レイヴンズ2 RAVEN゛s NEST (富士見ファンタジア文庫 あ 2-5-2)
著者/訳者:あざの 耕平
出版社:富士見書房( 2010-09-18 )
文庫 ( 333 ページ )
作者サイト:あざログ
作者twitter:あざの耕平 (k_aza) on Twitter
作者サイト:—マッチョリ—
作者twitter:すみ兵 (suminiku) on Twitter

予てよりあざの耕平さんの作品は後になればなるほど面白くなると感じていて、
Dクラではイヴ・パレード、BBBでは倫敦舞曲辺りから個人的に確変が起こったんですが、
レイヴンズでは2巻の時点で既に面白さが加速している気配が感じられます。
特に伏線を張り巡らせ始めた所が今後の面白さを予感させてくれるんですよね。

物語は陰陽塾に転入した土御門分家の春虎とその友人の冬児がもたらす騒動から始まり、
序盤からの春虎の知識のなさっぷりには流石に呆れさせられるけど、
式神のコン(見た目は幼女な狐っ娘)が出てきてからは俄然面白くなってきましたね。
主人を尊敬する余り挙動不審になっちゃう、忠義を尽くしまくる幼女…
何かいけない感覚に目覚めてしまいそうです…

そして現在の名門にして陰陽塾で塾長を務める倉橋家とその嫡流であるクラスメイトの京子。
これがまた見事なまでのツンデレさんと言いましょうか何というか。
序盤では憎まれ役になってたけど、それもプロローグを読めば仕方ないと思えるし、
中盤以降の彼女の言動見てると、根が良い子ってのもよく判りますし、
何よりラストでのデレを見る限り今後の展開への期待値が急上昇ですよ。

いやー、それにしても春虎のバカ虎っぷりはホント凄いですね。
そりゃ要所要所で見せる春虎の人間的な魅力は目を瞠るモノがありますが、
知識のなさ云々が霞むほどの鈍感っぷりには呆然とさせられます。(笑
京子との関係も予想通りだったし、これにはニヤニヤせざるをえないです。

しかし物語全体に張り巡らされた伏線がたまらないなぁ。
物語が終盤になってから読み返したらまたゾクゾクくるんだろうなぁ。
3巻も今冬には出るみたいだしホント楽しみです。

HTML convert time: 3.109 sec. Powered by WordPress