ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2010/12/27 月曜日::

■[漫画]浮気した者の末路「うそつきパラドクス」5巻

うそつきパラドクス 5 (ジェッツコミックス)
著者/訳者:きづき あきら サトウ ナンキ
出版社:白泉社( 2010-12-24 )
コミック ( ページ )
作者サイト:GRAIL WabSite[Od]
作者twitter:きづきあきら (kidukira) on Twitter
作者twitter:サトウナンキ (t_rkd) on Twitter

痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い…

でも気持ち良い…

そんな痛気持ち良い展開目白押しの「うそつきパラドクス」5巻。
遂にこの5巻からは八日堂視点での物語の時間軸と平行した内容を、
栖祐さんの彼氏、名古屋こと大桑の視点から語られることに。

いやー、私としてはどうしたって八日堂を味方してしまうんですが、
漫画自体は大桑の視点で描かれる訳で、その上手い演出力のせいで、
どうしたって大桑の心理が私の心に訴えかけてしまう訳なんですよ。
だから、浮気の後ろめたさ、嘘をつくことへの忌避感、彼女の言動への疑惑、
そして寝取られることへの腹の底から煮え返る黒い感情と、
そういった諸々がドロドロと塗りたくられるんですよね。
自業自得だと馬鹿にしたいし、実際に馬鹿にするんだけど、
正直、どこか同情しちゃったいるするのもまた事実なんですよね。

そして栖祐さんが可哀想になってくるんだよなぁ。
自分の彼氏が浮気していたと悟ったときの栖祐さんの気持ちを思うとホント居たたまれないですよ。
そして八日堂との仲が深まることで栖祐さんが綺麗になっていくのが、
大桑の視点から語られることで、本当に栖祐さんは八日堂に恋してたんだなぁ…
と、確信させられることに…

それにしても本当に痛いんだけど、何より面白いんだよなぁ。
恋愛ドラマ並にドロドロしてて、凄く痛いんだけど読まずにはいられない。
サトウナンキ+きづきあきらさんの良さである痛さを絶妙な所でキープさせている、
おっぱい大好きO野木さんの手腕は本当に凄いと思います。
彼女無しなのも好感持てますしね。(ぉ

:: 2010/10/5 火曜日::

■[漫画]浮気、ダメ、絶対。「うそつきパラドクス」4巻

うそつきパラドクス 4 (ジェッツコミックス)
著者/訳者:きづき あきら サトウ ナンキ
出版社:白泉社( 2010-09-29 )
コミック ( ページ )
作者サイト:GRAIL WabSite[Od]
作者twitter:きづきあきら (kidukira) on Twitter
作者twitter:サトウナンキ (t_rkd) on Twitter

読むのが辛い。
でも面白いから読んじゃう…!
でもやっぱり辛いから薄目を開けて顔から離して少しずつ読む…!
そんな痛くて痛くてたまらない4巻。

この4巻は栖祐さんが名古屋こと大桑と出会う大学時代まで時間が遡る過去編なんですが、
もうね、今までずっと八日堂視点で読んできていただけにNTR感が半端無いんですよ!
しかも大桑がよくいる肉食系男子っぽくてまたね…!
いや、真剣に栖祐さんに惚れてるんだとは思うんですが、
少なくとも私や、このサイトを見ているような人の大多数は嫌悪感が先にくるキャラだと思います。

もうねー、栖祐さんが八日堂にしてあげていたアレやコレが大桑が仕込んだのかと思うと…!
しかもその仕込んだということが判る描写が多々ある上に、
性的なコトだけじゃなくまさか料理も大桑に仕込まれていたと判った時には悶絶したね!
八日堂は大桑に仕込まれた料理で喜んでたのかよ…!
チクショウ…、チクショウ……!!!
女子高育ちで純真無垢な栖祐さんが…、こんな大桑なんかに…!

まぁ、そんな大桑でも最終面接で落とされて就職できずにいた時はちょっと同情したのも確か。
就職が中々決まらなかった私にはその辛さ判るよ…
しかも彼女が先に就職決まった上にそこが大手だと焦るよなぁ、うん…
とはいえ、遠距離恋愛になると不安になるのは判るんだけど、
押し切られた感があるとはいえ級友の猪狩さんと浮気するのはホントどうしようもないと思う。
そりゃ栖祐さんに浮気されても文句言えるはずないよなぁ。

いやー、続きも痛くてたまらないのは間違いないんですけど、
今までのきづき+サトウ作品と違って痛さが前面にある作品じゃないだけに、
本誌では読んでますが単行本も読まずにはいられないので早く続きが読みたくてたまらないのです。

ちなみに4巻での各話の合間に挿入されるエピソードは栖祐さんの大学時代の女友達の、
それぞれの初体験がラフで描かれててそちらも必見であります。
…もしかしてこれも担当さんが作ったのかなぁ。(笑

:: 2010/6/3 木曜日::

■[漫画]溺れるように抱きしめる「うそつきパラドクス」3巻

うそつきパラドクス 3 (ジェッツコミックス)
著者/訳者:きづき あきら サトウ ナンキ
出版社:白泉社( 2010-05-28 )
定価:¥ 580
Amazon価格:¥ 580
コミック ( ページ )
ISBN-10 : 4592145763
ISBN-13 : 9784592145769
作者サイト:GRAIL WabSite[Od]
作者twitter:きづきあきら (kidukira) on Twitter
作者twitter:サトウナンキ (t_rkd) on Twitter

栖佑さんがエロくて、彼氏持ち相手のセックスが背徳的でたまらないんだけど、
例えようもない悲しさと、もう少しで失ってしまう恐ろしさが止まらない…
そんな身悶えるような栖佑さんと八日堂くんの最後の週末がねちっこく描かれており、
ラストまで含めて読者の心を容赦なく抉ってくれます…

もう兎に角、栖佑さんのエロさが半端ないんです。
一緒にお風呂で背中をおっぱいで洗って貰うプレイとかどこの風俗かと思いましたし、
栖佑さんが咥えている時の表情とか淫猥すぎて18禁指定されてもおかしくないレベルです。
こんな彼女が居たら間違いなく溺れますね…、ホント…

でもこの作品の肝は栖佑さんが彼女ではなく、遠距離恋愛中の彼氏持ちということなんです。
それが前提としてあるからこそこの週末の二人の行為が掛け替えのないモノに見えてくるし、
その背徳感によって、エロさも数段階アップして映るのです。
終わりが訪れ、みっともないほどの行為を取ってしまう八日堂くんの気持ちが良く判るのです…
ホンット心が抉られるわー…

しかも巻末に週末に入る前、同期たちで遊園地を楽しむ回が収録されてるのがまた辛い。
ついこの前まであった幸せの思い出が陽炎のように思えてきて切なさが止めどなく溢れてくるんですよ…
この収録順は卑怯だ…

まぁ、でも最後に収録されている丸悦ちゃんのドキドキ観覧車はベクトルが正反対で、
ひたすら笑わせて貰ったんですけどね。(笑
周りとのイメージにギャップがありすぎる丸悦ちゃんの今後に期待です。

:: 2010/1/30 土曜日::

■[漫画]とろけるおっぱい「うそつきパラドクス」2巻

うそつきパラドクス 2 (ジェッツコミックス)
著者/訳者:きづき あきら サトウ ナンキ
出版社:白泉社( 2010-01-29 )
定価:¥ 580
Amazon価格:¥ 580
コミック ( ページ )
ISBN-10 : 4592145755
ISBN-13 : 9784592145752
作者サイト:きづきあきら 缶詰の地獄

この作品の魅力の半分はおっぱいで出来ています。
それくらいにおっぱいであり、表紙もおっぱいなのです。
むしゃぶりつきたくなるFカップおっぱいであり、
ケーキを塗りたくっておっぱい盛りにして舐め回したくなるのも当然であり、
ことほど左様におっぱいなのです。

好きになった相手は遠距離恋愛中の彼氏持ちだった為に、
お互い便利な代用品として付き合い始めた八日堂くんと栖佑さんの二人なんだけど、
栖佑さんと付き合い始め、栖佑さんの魅力をより肌で実感できるようになって、
その想いはもう止まらないほどに加速していき遂に一線を越えることに…

話と話の間にある描き下ろしのオフィスラブのシーンがたまらなく背徳的で、
栖佑さんのエロさも相まってたまらなく魅力的なのです。
そして栖佑さんが便利な女ってな感じではなく、
流されやすい人ではなく、苦悩しながら立つ強い人なのもまた魅力的なのです。
個人的にはおっぱいが一番魅力的なのですが。

しかし従来のラブコメ作品のヒロインとして可愛いのは丸悦さんだったり。
巻末収録の時間外手当のエピソードとか、何か一々可愛くてたまらないですね。
恋なんか興味のないクールで知的で経験豊富っぽいのに中身は結構ウブだったり、
八日堂くんに恋に恋しちゃったりと可愛いです。
そして失恋しちゃうのが確定的なのもまた可愛いというか…
可哀想なんだけど、そこがまた魅力的な、何とも罪つくりな作品です。

:: 2009/9/30 水曜日::

■[漫画]本気と嘘が紙一重の恋「うそつきパラドクス」1巻

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス)
著者/訳者:きづき あきら サトウ ナンキ
出版社:白泉社( 2009-09-29 )
定価:¥ 580
Amazon価格:¥ 580
コミック ( ページ )
ISBN-10 : 4592145747
ISBN-13 : 9784592145745
作者サイト:GRAIL WabSite[Od]

ヤングアニマルに載る恋愛作品は面白いモノが多いんですが、
心を浸食してくるタイプばかりで、しかも今回はサトウ&きづきコンビですから、
ただのオフィスラブなのに大人の恋愛の形容しがたいドロドロな部分を、
じわじわと伝えてきてたまらないのです。
それとカバー下漫画で語られてるように担当編集さんがおっぱい星人なので、
おっぱい分に不足することのない漫画で別な意味でもたまらないのです。

入社数年目、同期の栖佑さんの残業に付き合った八日堂くんが、
話の流れで栖佑さんに迫ったんだけど、栖佑さんは遠恋の彼氏持ち。
好きだけどその気持ちを打ち明けて本気になれば相手に逃げられる恋愛。
そんな恋愛に八日堂くんが持ち出したのがお互い寂しい時に利用する代用品、
一緒に食事をしたり映画を観たりするけど、エッチはしないという嘘つきの恋。

もうねー、栖佑さんが魔性の女というか、八日堂くんがハマるのも納得な女性なのです。
キスしたりおっぱい揉ませてくれるけど、最後まではさせてくれない…
彼氏持ちだからこそ、自分に気持ちがどの程度向いてくれるのかが判らないもどかしさ!
嫉妬して欲しい、でも嫉妬するのはいつもこちら。
でも代用品としての自分の立場では嫉妬しているのを見せたら本気だと思われて逃げられそう…
横恋慕のもどかしさとみじめさが良い感じに表現されててゾクゾクするんですよね。
特に名古屋の彼氏の家に行く予定をキャンセルして看病にしてきてくれた上に、
病気なのを見抜いてくれてたのには正直私は惚れましたね! 栖佑さんラブ!

それとずるい男な八日堂くんは栖佑さんのことを知りたいだけなのに、
その言動に勘違いして運悪く惚れてしまった丸悦さんが良い味だしてるんですよ。
丸悦さんが絡んでくることで更に複雑な恋模様になってきて、
どんどん目を離せなくなってきてるんですよね!
今一番注目している作品で、かなりのオススメですので是非読んで欲しいです!

ちなみに登場人物はスーパーの名前から取っているみたいですが、
私の予想では名古屋の彼氏は伊藤くんだと思います。(笑

HTML convert time: 0.854 sec. Powered by WordPress