りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2011/12/10 土曜日::

■[漫画]オタクだからこそ譲れないものがある!「おたくの娘さん」第11集

おたくの娘さん 11 (ドラゴンコミックスエイジ す)
著者/訳者:すたひろ
出版社:富士見書房( 2011-12-09 )
コミック ( 228 ページ )
作者サイト:すたひろ日和
作者twitter:すたひろ (stuhiro) on Twitter

単行本1巻が出たのが2006年12月なので丁度5年経っての完結!
とはいえWEB連載が始まったのが2005年2月23日なので実質7年弱になりますね。
同人版1巻の後書きによるとくろがねぎんさんの一言をキッカケに生まれた作品みたいですが、
それがまさか萌え漫画雑誌に載るには重厚&生々しすぎる物語になるとは誰が予想したでしょうか。
まぁ、すたひろさんは「家族計画」好きだったからなぁ…、そういった方向に行くのもむべなるかな。
何はともあれ見事に完結! おめでとう! おめでとう!

いやー、第11集の怒濤の展開には圧倒されましたよ。
叶を迎えに、というより攫いに来た望さんが彼岸荘に来たことから始まり、
名探偵遥の口から明かされる真実!

名探偵遥

更に登場する前沢さんと驚きの連続でした!

それにして望さんマジ外道… というか非道ですね…
考えが浅いとは以前にっち先輩が言ってたけどここまでだったとは。
果たしてハッピーエンドに行けるのか?
そもそも遥の恋の行方は?
と読んでて凄く気になりましたね!

ただ何というか…、耕太が不憫すぎるピエロで泣けてくるね…

不憫なピエロ

高校時代、少々内向的だっただけでにっち先輩の下僕にされて、
そのとばっちりで望さんに純情な男心を散々利用されるとかホントに不憫。
まぁ、そんな不憫な境遇も彼岸荘での数々の出来事で翻弄されながらも成長し、
むしろ叶が居るという事に幸せを見いだす健気さにはジーンと来ちゃいましたね。
最後にはしっかりと男を見せたのには感動すら覚えましたよ!
まぁ、その直前でのブヒブヒな展開は不意打ちすぎてズッコケましたが。(笑

そして健気で不憫と言えば忘れてならないのがもう一人のヒロイン有坂遥
登場初期は乃木坂遥というどこぞの秘密を持ってるお嬢様みたいな名前だったのが、
読者からの総ツッコミ(私含む)を受けて改名したあの遥がヒロインしてますよ!
初期の頃は売り上げ優先ないけすかない同人作家だったのに、いつの間にか恋する乙女に。

恋する乙女な遥

心が折れた耕太を献身的に介護する遥が健気で可愛くて…
でも精一杯頑張ったのに耕太に選ばれない遥が切なくて…

おたくにはよくある勘違いから一方的に始まる恋愛(参考資料:私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
それで二度もトラウマを植え付けられた耕太相手だからなぁ。
重度の女性不信に陥っているも同然な相手にツンデレは相性最悪ですよ。
それこそ肉親からの無償の愛か、真っ正直に真っ向から言葉で伝えないとなー
態度だけで判って欲しいというのはおたくの悪い癖ですよね。
そういった意味だとやはり遥もおたくの娘さんなんだなぁ、と。

そしてメインヒロインだった叶。
耕太と同じく1年間でめざましい成長を遂げた叶は、
耕太が一度失敗したとしても迎えに来てくれると信じる強さを持つまでに!

おたくの娘さん

この漫画は耕太だけじゃなくて叶の成長物語でもあったんですよね。
耕太とは今後も良い親子関係をずっと保っていって欲しいです。

それにしても後書きの後のボーナストラック。
最初読んだ時は非常に驚きましたが読み返すとちゃんと伏線があったことにビックリ!

遥が黒いオーバーニー穿いてたのが…

黒オーバーニー

黒いコマの後では脱いでるんですよ。

遥の生足

ちなみに耕太も半ケツになっています。(笑

耕太の半ケツ

うーむ、雑誌で読んでた時は正直全く気付きませんでしたよ。
でもこれに気付いたら、すたひろさんのどや顔が脳裏をよぎりました。(笑

しかし再会フラグ立ってるだけにここで終わられると続きが凄く読みたくなりますよ!
そこで一縷の望みを託してカバーを開けたらアレですよ。
更に裏表紙の方も見たら予想以上のアレですよ…
これを見た後、すたひろさんのどや顔が脳裏をよぎりました。
おのれすたひろさん…!

でもすたひろさんは今度の冬コミに出るらく、
そこで「おたくの娘さんafter」本を出されるみたいですしね!
本当に凄く期待したいで冬コミが今から楽しみです!
まぁ、読んだ後にまたすたひろさんのどや顔が脳裏をよぎるかもしれませんが。(笑

何はともあれ、7年弱お疲れ様でした!
凄く面白く、楽しかったです!
ありがとうございました!

:: 2011/5/9 月曜日::

■[漫画]最終巻じゃないよ!「おたくの娘さん」10巻

おたくの娘さん 10 (ドラゴンコミックスエイジ す 1-1-10)
著者/訳者:すたひろ
出版社:富士見書房( 2011-05-06 )
コミック ( ページ )
作者サイト:すたひろ日和
作者twitter:すたひろ (stuhiro) on Twitter

「おめでとう」「世界のみんなにありがとう」とか言いそうな表紙だな! っていうか最終巻かよ!
とか思ってたら次巻予告が正に「おめでとう」「世界のみんなにありがとう」で噴いた。
やっぱりすたひろさんと私は同世代のオタクやで…

コミケ編も終わり、物語は遂にクライマックスに突入する訳ですがもう1巻だけ続くんじゃよ。
という訳で幸村さん家の家庭の事情が詳らかにされ、ハッピーエンドを模索する展開に。
元々耕太を逆レイプした挙げ句に妊娠したのを告げずに失踪という奔放な望さんですから、
一筋縄ではいかないと思ってましたが、想像以上にシリアス且つディープでしたね。
まぁ、望が教会に引き取られた理由に何かしら原因があるんだとは思いますが…
家族は欲しいけど、父親は要らないとかそんなトコなのかなぁ…

そして遂にはっきりと自覚&名言して具体的な行動を起こすまでに成長した遥ってば可愛い。
とはいえ、遥も大変な相手を好きになってしまったもんですなぁ。
アシ兼同人作家なだけでもキツイのに子持ちな上に、その子供の事情がまたディープで…
うーん、望さんがあんなだし、耕太の相手は遥しかいないような気がするんだけど、
折角のバレンタインも茫然自失になった耕太相手だから伝わってないだろうし…
頑張れ遥! 君の恋路は途方もなく前途多難だぞ…!

物語としてはシリアスになってしまい、これからの展開に興味はあるけど恐怖もありますが、
それはそれとしてコメディ要素はキッチリと入れてくれるすたひろさんは流石だと思います。
というか、男の娘アイドルネタを入れてくるとは、すたひろさんホント好きですよね!
もしかして姉弟と見たら男の娘アイドルとせずにはいられないのでしょうか…(笑

参考:誰よりもマニアックな「絶対☆アイドル」レビュー

:: 2010/12/14 火曜日::

■[漫画]まあ叶可愛いから良し!!「おたくの娘さん」第九集

おたくの娘さん 9 (ドラゴンコミックスエイジ す 1-1-9)
著者/訳者:すたひろ
出版社:富士見書房( 2010-12-09 )
コミック ( ページ )
作者サイト:すたひろ日和
作者twitter:すたひろ (stuhiro) on Twitter

今回はほぼ丸々一冊が冬コミ編!
丁度12月発売というのが時期的にマッチしまくりです。
しかも表紙がなの○にフェイ○のコスプレした美少女たちですよ。
私もコミケではリアル八九寺とか子供のコスプレを見ていますが、
娘がこんなコスプレをするとは、おたくな親ってのはホント業が深いですな…

さてさてコミケ編ということで表紙にあるように世莉緒ちゃんの登場です。
しかも一緒に叶ちゃんたちとお泊まりとか可愛らしさ満点のイベント盛り沢山ですよ。
今回は遥編とも言える話だけにキーパーソンとなる世莉緒ちゃんは、
随所で活躍して大変微笑ましいというかニヤニヤしちゃいます。

そして世莉緒ちゃんお気に入りの同人誌の作者である遥ですが、
友人の嶋くんの悪の囁き(笑)でダークサイドに引き込まれそうになるんだけど、
自分の耕太への恋心を自覚すると同時に作品作りに対するスタンスも一新。
真摯に読者と向き合えるようになって本当に成長したなぁ、としみじみと思います。
耕太は今回はメインではないけど、ナイスアシストが出来たんじゃないでしょうか。

まぁ、そんな世莉緒ちゃん、遥に負けないほどにやはり叶ちゃんは可愛いですね。
耕太の漫画がつまらないと感じて変に気を使っちゃったり、
実際は結構人気あるのに驚きつつもしっかりと売り子したりとホント可愛い。
しかしあのシーンでは耕太のサークルに並んでる面子たちと思いはシンクロしました。
私も実際にあんな場面に遭遇したら「誰得だよ」と思うよ、間違いなく。(笑

そんな感じで世莉緒ちゃんも遥も満足できた有意義で楽しいコミケ編でしたが、
最後の最後にまたもや爆弾が…
Oh… 一体どうなるの… というかどういうことなの…
このペースだと11巻あたりで完結しそうだけど一体どうなるのかなー、ホント。
随所随所が凄く面白いし、女の子たちが可愛いんだけど心臓に悪い展開が多いだけに、
先の展開が見えずにドキドキ&ハラハラしちゃいますね!

あと全くの余談ですが、カバー下にある利根さんのモデルの与根金次さんのサイトはこちら。
ちなみに30歳記念の素敵なプレゼントに関する情報はこちら。
リアルタイムで見てただけに当時は本当に腹筋が崩壊する勢いで笑いに笑いまくりましたね。(笑
それと与根金次さんにはお会いしたことがないので判りませんが、
少なくともニッチさんのモデルになった人はあんな性格ではないとだけフォローしておきます。
凄く頼り甲斐のあるナイスガイなんじゃよー

:: 2010/5/13 木曜日::

■[漫画]育つ遥の恋心。育む耕太と叶の親子の絆。「おたくの娘さん」第八集

おたくの娘さん 8 (ドラゴンコミックスエイジ す 1-1-8)
著者/訳者:すたひろ
出版社:富士見書房( 2010-05-08 )
定価:¥ 609
Amazon価格:¥ 609
コミック ( ページ )
ISBN-10 : 4047126659
ISBN-13 : 9784047126657
作者サイト:すたひろ日和

前回、管理人さんが実は人妻だったことが判明し、
耕太のみならず読者の多くに衝撃を与えた「おたくの娘さん」ですが、
やはり耕太のショックはガンダーラに旅立ってしまい更に二次元に埋没するという惨状を呼ぶことに…
しかしそこから現実に呼び戻す叶の手腕が末恐ろしいです、いやホント。

7巻は物語からして先生と管理人さんのモノで、ヒロインも管理人さんでしたが、
この巻ではヒロインの座は遥に移った巻がありますね。
もうねー、遥は本当に典型的なツンデレなんですよねー
初期は耕太といがみ合ってたのに叶が引っ越してきてから徐々に変わってきて、
8巻に至っては耕太が叶の要望で遥の好みに超ストライクな眼鏡スーツになっちゃったり、
取材に来た耕太と美術室で基礎を教えて貰う時に顔が近付いたのにドキドキして赤面しまくりだったりと、
既に内面ではデレモードに入り掛けてるのがたまらなく萌えです。

最も耕太自身は管理人さんへの恋路が断たれた直後な上に娘馬鹿だし、何より鈍感なので気付いてないですが、
耕太の妹の真美には、真美の我田引水な理由により耕太の両親に偽同棲相手として紹介された時のリアクションで、
バレバレになってますが、あの時の遥はテンパってて本当に可愛かったなぁ…
今回は周りに振り回された感が強いし、叶という障害があるので恋路は険しいと思うけど、
遥にはもうちょっと頑張って欲しいです。

でー、本作のヒロインである叶ちゃんな訳ですが男を手玉に取る悪女の才能を見せつつも、
おじいちゃんとおばあちゃんが欲しいという、子供らしい一面を見せる可愛らしさもあるんですよねー
耕太の両親に顔見せする時の叶は実に可愛らしかったです。

それにしても母の望にはそっくりですねー…、眉毛以外は…
望と叶にはまだまだ秘密が多そうだし今後のストーリーにも目が離せませんね。
勿論、遥の恋路からも目が離せません!

:: 2009/11/9 月曜日::

■[漫画]裏切ったな! 下○生2と同じで裏切ったんだ!「おたくの娘さん」第七集

おたくの娘さん 第七集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-7)
著者/訳者:すたひろ
出版社:富士見書房( 2009-11-09 )
定価:¥ 609
Amazon価格:¥ 609
コミック ( ページ )
ISBN-10 : 4047126330
ISBN-13 : 9784047126336
作者サイト:すたひろ日和

今回は「おたくの娘さん」は「おたくの娘さん」でも、
丸ごと一冊、10年前の先生と妙子さんの二人を描いた、
彼岸荘でのもう一つの「おたくの娘さん」の物語です。

…なんですけど、今回ばっかりは読むのに覚悟が必要だと思います。
伏線はバッチリ張られてたし、物語は感動的で面白かったし、
主人公のコータがアレなオチだから笑いが先にくるだろうし、
読者の幻想を最後のギリギリのラインで守ってはいるんですが、
それでもショックを受けるのは間違いないと思いますので!

しかし今回の展開で失策があるとすればアレな事実ではなく、
先生があまりにもカッコイイので主人公を食ってる所ではないかと…
そりゃ回想当初はまだまだの漫画家のタマゴだったけど、
そこからの失敗はあれども見事な躍進と決然とした態度が素晴らしく、
ある意味今回のエピソードの主人公だから仕方ないとはいえ、
コータが二重の意味でピエロみたいでちょっと可哀想でした。(笑

それにしても先生の野望が着々と成就されていくのは良いですね。
特に「嫉妬深い管理人さん」ってのは最高ですよ。
先日もおねティ見ながらみずほ先生の嫉妬っぷりに散々悶えていた訳ですが、
嫉妬する女性ってのは身悶えするほどに萌えるのです!
叶ちゃんも是非「おたくの娘さん」の先輩である妙子さんを見習って、
嫉妬深い女性に育って欲しいものです。

:: 2009/6/6 土曜日::

■[漫画]ごきげんよう、ロサ・スタヒロ様「おたくの娘さん」第六集

おたくの娘さん 第六集 (角川コミックス ドラゴンJr. 100-6)
著者/訳者:すたひろ
出版社:富士見書房( 2009-06-09 )
定価:¥ 609
コミック
ISBN-10 : 4047126071
ISBN-13 : 9784047126077
作者サイト:すたひろ日和

6巻の表紙になっているように叶と管理人さんがメインなんですけど、
一番のヒロインは遥ちゃんだと思うわけですよ。
だって一番恋してるのは間違いなく彼女だし!
自分の不用意な言葉で管理人さんとコータがデートすることになって慌てまくって、
コータの動向が気になって仕方がない遥ちゃんは可愛いなぁ。
「バカ……」と言った表情が特にグッドです!

で、6巻のメインは管理人さんとのデートに始まるお話。
叶ちゃんのことで一杯一杯なコータの気分転換にと誘ったはずが、
叶ちゃんのヤキモチ全開で真美さんまで悪ノリして尾行し始めて楽しい展開だったのが、
真美さんの出産が急に始まってから管理人さんの暗い過去が出てきて、
何やら暗雲立ちこめる様相を呈してきて遂に先生の出番が…

もう一つ忘れてならないのは御園さん登場回のソーイチローさん編。
ここで叶ちゃんの心情が素直に吐露されることによって、
コータがでっかい責任を負うことになって悶絶することになるんだけど、
個人的には御園さんが可愛いなぁ、という印象の方が大きいというか。(ヒドイ

それと忘れてならないのは後書きとカバー下で語られている衝撃の事実!
今まで何度も腐でダメな人だった担当のS尾さんが異動に!
まぁ、影崎先生の方で知ってはいたけど新担当のS木さんが予想以上に面白い人で!
いやー、7巻で更なるダメな一面が見られるかな、と今から期待しちゃいます。

もしかしたら単行本になるのが一番楽しみな原因が担当さん関連のエピソードかも知れない…(ぉ

HTML convert time: 0.582 sec. Powered by WordPress