殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!
:: 2019/6/29 土曜日::

■[漫画]Kカップちゃんの陥落「すんどめ!! ミルキーウェイ」7巻

嫉妬の逆恨みから義武を寝取ろうとしたはずが、
義武に恋しちゃったKカップちゃんこと英凛舞ことリマエージュが、
とてもエロく大活躍してくれる7巻です。
うーん、とっても雌奴隷ちゃんですわ…

前回Kカップちゃんの陰謀を(そうと知らずに)解決した時に、
知り合いに助けて貰った恩返しをするという名目で、
今まで登場してきたサブヒロインたちがもう一度見せ場を見せてくれるのは、
ちょっと嬉しかったです。

具体的に言うと堅物失禁ヒロインの高梨さんの再登場が嬉しい。
しかし高梨さん、ボルダリングが趣味だとは…
意外だなぁ…
でも、お陰で余分な脂肪もつかないしなやかな身体を保っているわけで…
結構好きなキャラなので再登場して欲しいものです。

そしてKカップちゃんですが、見事に陥落してたのには笑ったというか。
恋は盲目とは言いますが、あそこまで落ちるのは、
どう考えても根っこのところからMだろうと。
どちらかというと女王様っぽいと本人は自覚していただろうに、
実は性根の方が逆だったとは、これもギャップ萌えなのだろうか…?

それにしてもKカップちゃんとルネの二人に巫女仕事をやらせておきながら、
義武はクンニと手マンをしてイタズラするとか、
どこのAVだよって感じでしたけど…

うん… AVの定番ネタになるだけあってエロいよね…
そのうちマジックミラー号とか出てこないだろうな、この漫画…
スポポポン星人の技術を使ったのが出てきそうな気がしないでもない…

さて、ラストに出てきた女性ですが…
彼女は義武の幼少期に関わってくる困った人なのは間違いないわけで…
ちょっとシリアス風味になってくると思われます。
今までのふなつかずき作品においてシリアス要素は足枷でしかなかったわけですが、
この作品ではどうなるのか…
心配ですが、エロを楽しみに次の8巻を待ちたいと思います。

:: 2019/3/4 月曜日::

■[漫画]新キャラはあざといKカップ「すんどめ!! ミルキーウェイ」6巻

ヤンジャン系列のエロ漫画は連続4ページまで可!

なるほど、勉強になるなぁ。

そんなエロコメ漫画の雄、ふなつかずきさんの「すんどめ!!ミルキーウェイ」の6巻です。
ヒロインたち4人と同居してエロ展開も倍増して、
読者の満足度も高まってきておりますが、
相変わらずタイトル通り寸止めされていますので、そこはご勘弁下さい。

ヒロインたちの同居でのエロ展開ですが、
ルネや由井園はともかくとして、
君島さんもエロコメ要員として120%活躍されているのは大変喜ばしいものがあります。

処女率が高いこの作品において珍しい非処女(多分)なせいか、
それとも元カノというのと、憎からず思っているからか、
エロ展開に対するハードルが低いのが最高ですわ。
色欲に流されるとか最高じゃないっすか…!

そして今回新登場のヒロイン!
会社では巨乳の新人! その正体は妬みの権化なスポポポン星人の英凛舞ことリマエージュ!

ルネの当てつけに義武を寝取ろうと、
ある意味、とても女の子らしいあざとさで仕掛けてくるとかね…!
その裏を知るとどうしても萎えてしまうものがありますが、
そういった奸計で仕掛けておきながら、
いつの間にかマジ惚れしてしまうというのは大好物でもありますので、
これはこれでとても有りだな、と思う次第であります。

とはいえこの6巻ではマジ惚れ展開までは行かないんですけどね。
本当に美味しいところは「待て」をされるというね!
「すんどめ!!ミルキーウェイ」というタイトルらしい展開だな、と思う次第であります。

:: 2018/11/5 月曜日::

■[漫画]おっぱい揉んで寝んねしたい「すんどめ!! ミルキーウェイ 」5巻

ルネの正体が宇宙人だとミカにもバレて面倒なことになったけど、
それ以上に面倒くさそうなのは、
大好きなお姉ちゃんの相手に義武はふさわしくないと考えて、
ルネの妹のレヴェラネが周りを巻き込んだ陰謀を巡らせてることで…

5巻でもエロエロですよ!
私が何故この作品のことが好きなのか?
それは純度100%のエロだからである…!

レヴェラネちゃんが義武を排除するために巡らせた陰謀も、
義武を非童貞化させるという手段なのでエロ&エロであり、
バイオレンス濃度はかなり薄いので大満足なのですよ。

巨乳派の義武を誘惑するために取引先のGカップちゃんを操るとか、
やってることはエグいけど、エロいことをヤるには仕方ないよね!
ただまぁ、洗脳というか操作している関係上、
恥じらいがなかったのはやはり減点対象かもしれない。

しかし義武は基本的にクズだしエロにしか興味ないけれど、
レヴェラネの企てを察知した上で出し抜いたり、
操られた由井園を相手にシリにボールペンを刺してでも我慢したり、
たまにカッコイイところを見せるんだよなぁ。

ルネや由井園が惚れてしまうのもわからんではないですね。
愛に飢えてるのは何か家庭の事情が感じられますが、
そのうち語られることがあるんでしょうね。
あまり重くならないで欲しいとこですが。

それはそれとして、いきなり女性4人と同居することになったのは驚きですが、
ハーレムモノとしては大変素晴らしいと言えましょう。
そこに押せば意外とチョロいミカがいるのも全然アリですね!

恐らくエロさで言えば他のヒロインの追随を許さないですが、
流されやすさに関してもルネ並のザルさですよ。
ミカとのエロエロな日常には期待しかないですね!

しかし露出趣味の幽霊まで出てくるとか…
元より宇宙人が出てくる漫画とはいえ、
わりと何でもアリだな、この漫画…

:: 2018/6/19 火曜日::

■[漫画]鋼鉄の処女の聖水「すんどめ!! ミルキーウェイ 」4巻

スポポン星人のルルネに種付けするには童貞でなくてはならない。
でも付き合うことになった同僚の由井園ともさっさとエッチしたい。
そんな男の欲望に忠実な義武はルルネの恥じらいを克服させて種付けした後、
それから由井園とセックスしようという、外道な二股を画策するけれど…

思いの外早くバレましたね!
まぁ、そっちの方がテンポ良いですし、
バレないように二股するハラハラを楽しむきまぐれなオレンジロードとか、
この漫画には求めていないので問題ナッシングです!

では何を求めるのかというと、それはもちろんエロでしょう。
ふなつかずきさんが描くエロい女体を見たいに決まってるじゃないですか!
ルルネや由井園の恥じらいながらも感じるエロを見たいに決まってるじゃないですか!
だから全力で二股したい宣言をする義武は嫌いになれないじゃないですか!

公衆の面前で大声で自分の欲望を素直に叫ぶ…!
義武さんマジアホだわー
でもちょっと憎めないわー
なんか発言から親から虐待かネグレクトされて育ったように思えるんだけど、
それにしたってここまで性欲に素直になるとは…
本人の資質に依るところが大きそうです。

それとエロはこの二人だけではありません。
ゲストキャラ的な扱いで新しいエロが供給されました。
会社でカタブツと言われている高梨さんです!
義武も面と向かって叱責するほどにおカタい高梨さんですが、
一緒にエレベーターに閉じ込められた上で尿意を我慢できなくなり、
それを指摘されたら流石に恥じらうみたいですね!

いやー、良いですねぇ…
普段はカタブツなのに生理的欲求には負けて恥じらうところ…!
それだけでも充分美味しいというのに、
義武のフリーダムなまでの漢っぷりのお蔭で、
まさかの飲尿展開を見せてくれるとか素晴らしい…!

かなりマニアックな性癖だとは思いますが、
ぢたま某先生に鍛えられた私はこれくらい余裕ですので、
大変に堪能させていただきましたよ。

できれば高梨さんには再登場して欲しいのですが、
流石に難しいかなー…
さらなる多角関係になるのは物語が複雑になるだけだと思いますが、
それでも高梨さんは魅力的なのでもう一度出て欲しいですね。
別に尿な展開じゃなくてもいいので。(笑

:: 2018/3/28 水曜日::

■[漫画]第三の刺客「すんどめ!! ミルキーウェイ 」3巻

人一倍性欲の強い義武の童貞精子をゲットするためにやってきた宇宙人のルネと、
義武に想いを寄せる同僚の由井園とその友人である君島の3人と一緒に、
泊りがけで海に来ていた義武はルネの疑惑を払拭した後、
ルネと一緒に抜け出してエロいことを始めるが…

性欲で動いている義武のゲスさは相変わらずですが、
由井園ちゃんはエロ可愛かったですなぁ…
プールであんな目に遭わされても愛想を尽かさないというか、
割りと盛り上がっているあたり、素質はあるのかもしれない…

まぁ、この3巻のメインは由井園ではなくて、
その友達の君島さんなんですけどね!
前々から義武と過去に何かあったように見えましたが、
義武側が特に何も記憶になさそうだったので疑問だったんですが…
うん、これは変わってて義武じゃなくても気付かないわ…

変わる前の引っ込み思案な君島さんも可愛かったですが、
今の女騎士のような君島さんも好きですよ。

スポーツジムでうっかりと男子更衣室に入ってしまう粗忽さと、
隠れるために義武と一緒のロッカーに入ってしまう定番さと、
そこから流されてどっちを先にイカせるかの勝負に乗ってしまうアホさ。
そして何よりあっさりと快感に負けてしまうチョロさ!

「もう挿入てぇ…♥️」とかエロいわぁ。
このチョロさだとちょっと押せばいけそうな気がするんだけど、
そういった意味では大丈夫なんでしょうかね。
現時点ですらルネと由井園の二股なのに、
うっかりと三股にならないのかが心配です。

義武はヤレるなら相手が誰だろうとお構いなしっぽいからなぁ。
まぁ、流石に肉体的な損傷を伴うSな相手はダメっぽいというのが判明しましたが、
それでも君島さんが許したら一気にそっちにいきそうな気が…
今回、好感度回復しちゃったからワンチャンあるかもですし。

まぁ、それ以前に由井園にルネの正体がバレたっぽいのが心配ですけどね。
普通に考えたら愛想を尽かされそうだけど、
由井園はかなり良い子なのでまだまだチャンスは残されてますよ!
「寸止め」がどこまで続くのか楽しみであり、
早く「寸止め」じゃなくなって「インサート」して欲しいものであります。

:: 2017/11/19 日曜日::

■[漫画]ギリギリのエロコメ!「すんどめ!! ミルキーウェイ 」2巻

童貞だけど性欲過多で割りとクズな佐倉義武の精液を貰うことによって、
自分たちの惑星の少子化を食い止めようと奮闘するルネ(Hカップ)。
しかし、ルネは羞恥心がMAXになると元のキモい姿に戻ってしまうのだ!
それでも何とかヤルことをヤろうと義武とルネは奮闘するんだけど、
それとは別のところで、義武に想いを寄せる同僚の由井園遥が動いて…

2巻でもとってもエロコメですね!
良いところで元の姿に戻ってしまうルネと違って、
由井園ちゃんは純度100%の地球人だからルネより先にいけますからね!
まぁ、タイトルの如くすんどめになっちゃうんですけどね!(笑

1巻に引き続いて、社員旅行の温泉でのエロ。
付き合い始めたばかりの遊園地デートからのホテルでのエロ。
ミカとルネを交えた4人で海に遊びに行ってのエロ。
たとえすんどめだろうとも、怒涛の如く襲ってくるエロ展開には満面の笑みですよ。
うんうん、こういうので良いんだよ、こういうので。

それにしても義武が非童貞になったらルネの目的が達成できないとか、
面白いギミックを追加してきますね。
それで由井園ちゃんと別れるのではなく、
即座にルネ→由井園ちゃんの順番でオールOKと考えるあたり、
義武のクズっぷりが出てると思います。(笑

あと、エロいというよりも萌える展開でしたけど、
ルネのおっぱいを弄ぶ女子陣がとても良かったです。

普段の女の子らしい言葉遣いを忘れるほどに衝撃を受ける由井園ちゃん…
でもまぁ、Bカップ女子の由井園ちゃんにはHカップは衝撃だよね…
あぁ… 私も弄びたい…

それにしてもふなつかずきさんの描くおっぱいはリアル路線ですよね。
他の漫画でHカップだともっと大きかったりするんですが、
ふなつかずきさんの描くおっぱいはグラビア基準というか。
まぁ、だからこそのエロさがあるんですけどね。

ちなみにふなつかずきさんの描くおっぱいと言えば、
DMMエロ同人でも売られています。

男の娘までいるあたり、ちょっと悪ノリがすぎる気がしますが、
これはこれで有りなエロなので、
ふなつかずきさんの描くおっぱいが好きな人にはオススメであります!

:: 2017/7/20 木曜日::

■[漫画]第三種接近挿入(未満)「すんどめ!! ミルキーウェイ 」1巻

ふなつかずきさんと言えば「華麗なる食卓」の作者で知られていますが、
やはり料理漫画としての面白さよりも女体の美しさに魅せられる漫画家さんです。(個人調べ)
ですが、桂正和さんがラブコメの才能を持ちながらヒーロー漫画が描きたかったように、
「華麗なる食卓」の終盤や「妖怪少女 -モンスガ-」でもそうですがバトル展開が好きらしく、
エロい女体を見たい私としては残念でならなかったのです…!

そんな私のような一部読者の願いが届いたのか、
この「すんどめ!!ミルキーウェイ」は純度100%のエロコメです!

めくりめくFカップ美少女ルネのおっぱい!
主人公の佐倉義武は童貞だけどSEXのことしか考えてない性欲魔人なので、
容赦なくおっぱいを揺らすし、揉んじゃうし、舐めちゃうし、吸っちゃいますよ!
更にお股の大事なところもヌレヌレにしちゃうし大変にエロいのであります!

まぁ、Fカップ美少女の正体は宇宙人なんだけどね!

この漫画は絶食系男子による少子高齢化に悩むスポポポン星人が、
旺盛な性欲を持つ地球人男子に孕ませてもらうために、
恥ずかしさで変身が解けるのを我慢して挿入を試みる壮大な世界観のエロコメ漫画です…!

この漫画の面白さはとにかく女の子がエロいということに尽きるでしょう。
主人公の佐倉はエロに積極的な鬼畜なので寝起きのルネ相手に容赦なくエロいことをするし、
恥じらいを克服させるためノーパンで繁華街を歩かせたりと、
もう本当にエロ&エロなのです!
いやー、ふなつかずきさんが描く女の子のエロさってば最高だな!

ちなみに「華麗なる食卓」の頃から私が注目しているふなつかずきさんのエロ描写のこだわりは、
女の子の陰毛の描き方です。

決してパイパンではなく、それでいて簡単に白抜きさせるのではんく、
印刷限界に挑むかのような緻密に描かれた陰毛…!
ラッキースケベといえばToLOVEるな矢吹健太朗さんですが、
ふなつかずきさんは執拗に陰毛を描くことが大きな違いですね!

主人公に恋愛機能が実装されておらず、エロしか頭にないあたり割りとクズですが、
それが許容できるなら最高に楽しめるエロコメだと思います!

HTML convert time: 0.884 sec. Powered by WordPress