僕の心のヤバイやつ 2巻、9月6日発売予定!
恋を自覚した市川と、恋を自覚する山田の悶絶、両片想いラブコメ最新巻!
:: 2018/10/31 水曜日::

■[漫画]モビルスーツのグルメ「機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST」6巻

ニコルの母、テテニス・ドゥガチを救出するためサイド7に赴くも、
突然の爆発でかつてのフォントのように宇宙に漂流することになったアッシュ。
友軍の救助を待つためにレオと二人で宇宙空間でサバイバルすることになるんだけど、
足らない食料を補うためにアッシュが取った秘策とは…!?

ここ数年、漫画界ではグルメブームが巻き起こっているのは確かですが…
まさか、ガンダム漫画でモビルスーツを食べることになるとは思いませんでした…

まぁ、その…
確かに理論的には納得するというか、あり得るのかもしれないけれど…
ガンダムユニコーンでは可能性の獣とか言われてたけれど、
まさか解体して食べるとは思わないじゃないですか!
2018年にもなって、ガンダム漫画でこれほど驚かされることになるとは…
長谷川裕一さんの発想力には本当に驚かされます。

それにしてもアッシュが出会った敵が、まさかかつての味方だったとはなぁ…
しかもフォントと行動をともにしている連邦軍のアーノルドの兄とか、
縁が深いというか、合縁奇縁というか…
これ、アーノルドくんが知ったらどうなるんだろうな…

それはそうとアッシュの師匠、良いですね。

レオと同じく師匠というワードから東方不敗的なイメージをしてたんですが、
良い意味で裏切られましたよ。
やはりおっぱいが大きな女性キャラは良いですね。
いや、カグヤはカグヤで好きなんですけども。

それにしても物語はどこに着地することになるんだろうなぁ…
全く見当がつかないけど、それ故に楽しみだったりします。

:: 2018/2/19 月曜日::

■[漫画]カグヤの帰還「機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST」4巻

子どもたちは助かったものの文無しカグヤのために会社がピンチなアッシュ。
そんな時にカグヤがムーンムーンが懸賞金を掛けている逃亡中のお姫様ということを知り、
懸賞金を目当てに差し出そうとするも、
ムーンムーン国内の厄介事に巻き込まれて…

いやー、まさかの展開の連続ですよ。
カグヤが政略結婚が嫌で逃げてきたというのはまだしも、
まさかその相手が木星のあの人たちの息子だったり、
その息子が乗ってるMSがアレだったり、
ムーンムーンの住居がソレだったり、
極めつけがグリプス戦役のあの機体が登場したりね…!

ガンダム好きには溜まらない展開ですよ。
それにしても改めて見てもでかい機体だなぁ…
よくこれに立ち向かおうと思えるよ…

それとカグヤの婚約者である例の息子さんですが、
お父さんに似てないのを悩んでいたみたいですが、
読者からすれば「大丈夫、そっくりだよ」と言いたくなりますね。
遺伝子ってのはすごいなぁ…(笑

:: 2017/4/28 金曜日::

■[漫画]大宇宙の小さなおっぱい「機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST」2巻

レオを助けてくれた凄腕の運び屋アッシュ。
そして彼の元を訪れ、仕事を依頼してきたカグヤ。
その仕事の内容は女性2000人の救出という大がかりなモノ。
しかしその人身売買の実行犯は地球連邦軍で…

フォントの出番が意外と早かったなー

でも、その登場の仕方と別れ方は意外どころか想定外ですよ。
元々フォントは理性が暴走しがちでしたが、
今回もそうなんじゃないかと心配ではありますが、
それでも大丈夫なんじゃないかと思いつつも…
やっぱり心配だなぁ…

それはそうとカグヤが可愛い。

アッシュのハレンチな行動にパニクるところが特に可愛い。
おっぱいはないけど、女の子らしくて可愛いです。
しかも28歳処女とか…!
これは萌えるな…!
まぁ、モビルスーツ戦では十全に戦えずあまり活躍できなかったので、
そのパイロットとして実力は未知数な所は多いんですけどね。

フォントは出てもベルは出てないし、
フォントが何を企図しているのかわからないので先の展開が読めませんね。
ホントどうなるんだろう…
ランバ・ラル大尉のマスク(モビルスーツ寸法)とか出てきちゃって、
この時代がどうなってるのか分らなくなって本当に展開が読めないよ…!(笑

:: 2017/1/14 土曜日::

■[漫画]灰被りのライオン「機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST」1巻

長谷川裕一さんはどこまでクロスボーンガンダムを描くつもりなんだ…!
いや、ファンだから付いていくし読みたいので問題ないのですが!
ガンダム正史ファンからするとどう思われているのか心配で…
大丈夫だよね?

フォントたちが帰還(発見)されてから後のこと。
連邦の求心力が弱まったことが明るみなり、
世界各地で紛争が絶えなくななった時代に、
小さな英雄たちが複数同時に生まれ始める物語です。

今回の主役はまずは運送請け負い業者のアッシュ・キング。

彼が盗賊MSによって崩壊しかかっているコロニーで、
レオ・テイルという少女と出会ったことで物語は始まります。

それにしても1巻から懐かしいキャラが出てくるなぁ。
まさかいきなりジャックに会うことができるだなんて!

前作のエピローグで生きていることは分かってましたが、
まさか早々に再登場してくれるとは思いませんでした。
車椅子に乗っていることからもうMS戦で活躍することはないかもしれませんが、
それでもジャックが出てきてくれたのは嬉しいですね。
良い助言者としてこのシリーズでも活躍して欲しいものです。

それにしても連邦の威光が薄れて、
盗賊団がMSを新旧構わず使っているとい世界観は面白いですね。
まさか宇宙戦でズゴックが出てくるとは思いもしませんでした。(笑

今回の戦いは今までと違って「巨大な悪役」というのはいなさそうだけど、
どうしようもない状況という、とてつもなく厄介な事態が相手なだけに、
物語がどう転んでいくのか心配であり、期待できますね。
うーん、2巻も楽しみだ。

:: 2016/5/28 土曜日::

■[漫画]ネクストシート「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」12巻

「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」もこの12巻で完結!
宇宙細菌「エンジェルコール」を擁するギゾを止めるために、
再三の作戦を繰り出すも何度もすり抜けられたフォントたちが、
サーカスと手を組んで最後の吶喊をするが…

今回も最後まで真っ当なガンダム漫画であり、
どこまでも長谷川裕一漫画でしたね!
特にカーティスが語るフォントの本質が長谷川裕一漫画っぽかったです。

xbonegundamghost12_01

ニュータイプでもサイキッカーでもない、
ただ単純に道具を使うのがうまいという人間らしい進化の可能性の一つというのが、
マップスネクストシートでナユタが「自分の意志で変わろうとする限りそれは命なんだ!」
と語っていたことと本質的に同じように思えるんですよね。

それにしてもジャックのことについてはやられたなぁ。
登場初期のことを考えるとまさかここまで重要な立ち位置になるとは…
それもまた長谷川裕一漫画っぽいと言えばそうなのかも。

この12巻で完結とはいえ、すぐに「機動戦士クロスボーンガンダム DUST」が開始されますからね。
やはり次のシリーズもフォントが主人公になるのでしょうか。
コールドスリープから目覚めた少年が主人公とか、
マーメイド・へヴンっぽくてそれはそれで良いので楽しみです。

:: 2016/1/20 水曜日::

■[漫画]みんなの光をオラに分けてくれ!「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」11巻

ギゾ中将によって撒き散らされた宇宙細菌「エンジェルコール」
参戦してきたサーカスも団長のクォ・グレーが死亡し、
ギゾ中将のMSミダスの謎の攻撃によってカーティスとジャック以外のMSが停止。
これによってギゾ中将の勝利かと思われたが…?

カーティスの切り札がまさかソーラ・システムだったとは…!
xbonegundamghost11_01

一年戦争の頃から使われた兵器だとはいえ、
今回は規模が文字通り桁が違う地球規模なのが凄い!
それもこれもカーティス(トビア)が今まで築き上げてきた絆と、
ベルナデットのニュータイプとしての能力があってこそ!
これは盛り上がりまくりですよ!

しかしそれほどの作戦でも生き延びてしまうとかギゾ中将は本当に執念深いなぁ…
しかも起死回生の一手に辿り着いてしまうんだからラスボスとして恐ろしすぎる。

そしてギゾ中将がラスボスとしてのキャラが立つように、
フォントも主人公として覚醒せざるを得ない状況になってきましたね。
今まではカーティスが前線に出てたため主人公として影が薄かったですが、
これからのラストバトルでは間違いなくフォントが主人公ですよ!
囚われたお姫様を助け出すとか最高に主人公ですしね!

それにしてもトレスさんがラブコメ的にちょっと不憫だったかな。
良いおっぱいの持ち主だったけど、フォントがロリコンだったのがいけなかったんや…(笑

:: 2015/9/7 月曜日::

■[漫画]宇宙最悪のショーの開幕「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」10巻

ギゾ中将によって開幕した宇宙最悪のショー
撒き散らされる宇宙細菌「エンジェルコール」をどうにかするため、
カーティスやフォントたちだけど、
そこにサーカスの残党たちも参戦してきて…

カーティスが考案した高機動用の装備が面白いですね。
エヴァにおけるLCLみたいなものでしょうか。
少数で多数を相手にして、何よりカーティスたちの特性を活かすのには合ってると思います。
とはいえ、敵の数は多すぎですが…

それにしてもフォントが使ったゴーストガンダムの新装備ですが…
これは白銀の支配者のフラクタルビームなのでは…(笑
まぁ、これは長谷川裕一ファンへのちょっとしたサービスなんでしょう。
読んでてニヨニヨしちゃいました。

ボスが前線に出てくるとかギゾ中将のクレイジーさはとんでもないですが、
また妙な攻撃をしてくるなぁ。
光学系の攻撃だとは思うんですが、何となく手品に近いような気がします。
そういった意味ではサーカスに感化されてるのでは、という気がしないでもないかな。

そしてカーティスが用意した切り札とは一体何なのか…
そろそろ完結だとは思いますが、綺麗に終わってくれるように願っています。
まぁ、長谷川裕一さんだから問題なく綺麗にまとめてくれると思いますけどね!

:: 2015/5/10 日曜日::

■[漫画]戦う街のパン屋さん「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」9巻

飛来する核ミサイルの弾頭部分のみを切り落とすという、
アムロ並みの活躍を見せたフォント。
しかし、尋常ならざる働きをした反動か、
理性が暴走してまるでマシーンのようになってしまい、
カーティスから戦力外通告を受けてしまう。
そこでベルと二人でクロスボーン・ガンダムに乗って外に出てみたら、
盗賊に襲われる街のパン屋と出会い…

キンケドゥさん、マジカッケー
まさかここでキンケドゥ、もといシーブックと出会うことになるとは思いませんでしたが、
確かにシーブックじゃないとフォントを諭せないでしょうね。
かつての戦いから20年以上経とうとも、
昔取った杵柄は錆び付くこともなくクロスボーン・ガンダムを駆る姿といい、
その勇姿は頼りがいのある大人のモノでした。

そして昔の事情を知りながら、
既に戦いの輪の外にいるシーブックだからこそ語ることが出来るトビアの事情。
ここでトビア=カーティスが明言されましたが、
まぁ、読者的には今更という秘密ではあるんですが、
これをフォントが知ったというのが重要ですね。
ベルの関係といい、どういった結末を迎えるのか。

そういった人間関係も全ての戦いが終わってからなんですが、
ついに動き出したギゾ中将の作戦が情け容赦無い悪辣さで、
正直、これをどうすれば良いのか検討もつかない状態ですね。
いや、ホントこれどうするんだろう…
しかもジャックは微妙に死亡フラグ立ててるし…
ぐぬぬ…、どうなるのか気になって仕方がないぞ…!

:: 2015/1/30 金曜日::

■[漫画]核ミサイルを撃墜せよ!「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」8巻

来週のガンダムBFTでクロスボーン・ガンダムX1フルクロスが出るみたいですね!
ファンとして嬉しいし楽しみなんですが、
原作のクロスボーンガンダムシリーズの続きも気になるし楽しみなのです。
という訳でクロスボーン・ガンダム ゴーストの8巻が発売です!

前回、南米のマリアを巡る騒動をローズマリーの助けもあり窮地を脱したフォントたち。
しかしカガチと走したキゾ中将との対立&「エンジェル・コール」の消却のため、
ザンスカール帝国は核ミサイルを打ち込むことを決定する。
みんなを助けるためにフォントは一計を案じるがかなり無茶な作戦で…

いやー、フォントさん滅茶苦茶っすね!
理論上はいけるけど、それにしたって滅茶苦茶だ。
でも、長谷川裕一漫画だとその滅茶苦茶が面白いんですよね!
この滅茶苦茶な作戦を立案実行してしまう所に痺れる憧れる!

でも、その弊害は凄まじいみたいで…
フォントがフォントであるアイデンティティ的な所も狂ったみたいで、
これはカーティスでなくても止めに入るよなぁ。
そしてこれからどうなるかと心配してたらアレですよ。
まさかここでキンケドゥが出てくるとは…!
こういった旧キャラを効果的に出してくる所が長谷川裕一漫画の真骨頂ですよ!
長年のファンとしてはこういうのが本当に嬉しいです。

しかしどういった結末に至るのか全然読めないですよね。
というか長谷川裕一さん自身も読めているのは疑問ではあるのですが。(笑
でも、綺麗にまとまるであろうことは確信できているので、
今後の展開は純粋に楽しみです。

:: 2013/11/9 土曜日::

■[漫画]ジャブロー強襲「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」5巻

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト (5) (カドカワコミックス・エース)
出版社:角川書店( 2013-10-24 )
コミック ( 186 ページ )
作者サイト:スタジオ秘密基地

リガ・ミリティアからの援軍が加わり、エンジェル・コールを追うことになったフォントたち。
取引先と思われる南米・ジャブローに降下したフォントたちは、
そこでは既にザンスカールとサーカスが戦闘を行っており、
フォントたちもその戦闘に否応もなく巻き込まれることに…

カーティスさん、愛娘もといベルお嬢様をフォントとくっつけない為には容赦ないな。(笑
まさかリガ・ミリティアのおっぱいさんことトレスさんをフォントに宛がうことで、
隔離作戦を企むとは… 伊達に元海賊ではないえげつさです!
というか、トレスさんもフォントの膝の上で操縦とかね!
しかもカーティスの思惑通りにフォントに惚れかけてるとか、
トレスさんマジチョロイン…(笑

そして今回登場するサーカスのモビルスーツですが…
相変わらず特殊なものばかりで正にダイソード状態。(笑
中でも人魚ことカルメロの機体のコロンブスの卵っぷりには驚かされました。
いやー、こういった発想があるから長谷川裕一さんの機体は面白い。

しかしジャックといいトレスさんといい、
こんな激戦の中で何だかんだありながらもラブロマンスをするとか、
割りと余裕がありますねー(笑
とはいえ、招かれざる脚であるキゾ中将も参戦してきたから今後どうなるやら…
取りあえずフォントの恋愛フラグの相手はどっちだ。(ぉ

HTML convert time: 0.947 sec. Powered by WordPress