殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2019/6/17 月曜日::

■[漫画]DXの不思議なダンジョン「Landreaall」33巻 特装版

Landreaall33 特装版Landreaall33 特装版
出版社:一迅社
作者名:おがきちか
作者サイト:SWS
作者twitter:おがきちか (@chikaxavi) | Twitter
Kindle版:Landreaall (33)
Kindle版まとめ買い:Landreaall
DMM電子書籍:Landreaall (33)

王城地下のダンジョン探索実習中に抜け杭(ワープポイント)が不調になり、
各班が意図せぬ場所に飛ばされて危機に陥ったアカデミー生たち。
情報が錯綜する中、生徒たちは自分ができることをなし、
教官たちも救出のために動くんだけど…

32巻から引き続いてのダンジョン探索です。
イオンが突撃したり、ルーディーも突入したりとゼクスレン教官たちは頭が痛いでしょうが、
読んでる側からするととてもハチャメチャで面白いです。
イオンが小型のDX的な活躍をするのも面白いし、
ルーディーが役割分担をするのも面白いです。

それとなんと言っても五十四さんの活躍が良いですね!
いや、おっぱいポロリ的な意味ではなく。
窮地においてもフィルのことを教練し、
リドのことを信じ、ルーディーのことも信じている…
時間を掛けて積み重ねてきた信頼関係によって、
普通のニンジャと違ってきているように思えるんですよ。
本人は自分のコトを道具だと言ってますけれど、
やっぱり五十四さんはウルファネアのニンジャとは違う気が気がするなぁ…

そしてDXが仲間たちと合流してからの展開は頼もしいですね。
スピンドル事件でDXが指揮していたらどうなったのかな…
と、常々思っていただけに、
今回のような窮地でDXが指揮官として頼られて、
その実力を発揮できるシチュエーションというのは熱いものがあります…!
まぁ、DXのことだから熱血な展開にはならないんでしょうけどもw

それと特装版についてきたお馴染みのドラマCDですが、
ワイアットとパーヴェルが初(?)の登場でしたね。
こんだけ長い間ドラマCDやってるのにまだ馴染みのないキャラが出てくるとか、
Landreaallは広い作品ですよ。
それにしてもサーキットアンドバンプス…
サーカスの人じゃないと無理だな、あの遊びは…w

:: 2018/11/29 木曜日::

■[漫画]ダンジョンに危険を求めるのは間違っているだろうか「Landreaall」32巻 特装版

Landreaall32巻Landreaall32巻
出版社:一迅社
作者名:おがきちか
作者サイト:SWS
作者twitter:おがきちか (@chikaxavi) | Twitter
Kindle版:Landreaall (32)
Kindle版まとめ買い:Landreaall
DMM電子書籍:Landreaall (32)

今回は日常編とダンジョン編の導入までです。
日常編ではイオンが知り合ったノエルくんとそのお爺さんの戴冠式での話と、
DXが外周部でふんわり誘拐された話になっています。
誘拐されるのに日常編というのも多少語弊がありますが、
普通にアカデミーでの日常過ごしちゃってるしなぁ…

ノエルくんのお爺さんは悔いがない人生だったでしょうね…
何十年も掛けて研鑽した地道な仕事を完遂できたんだから…
傍目には取るに足らないだけの仕事だけど、
それに誇りを持って生きている人もいるんだなぁ…

そしてDXの誘拐事件だけど…
誘拐犯のズッコケ三人組たちに愛嬌があるというか…
けっして悪人ではないし、むしろ人が良いくらいなんだけど、
そんな人たちでさえ誘拐しないと生きていけないくらいに追い詰められているとか、
やはりピンハネってのは悪ですよ。
DXが言っていたことは真理だよなぁ…
誰にでもできることを真面目に仕事して生活できないなら、
そういった社会のほうがおかしいんですよね。
それにしてもDX… それは為政者の視点だよね…

それとこの事件(?)に首を突っ込んだフィルだけど、
相変わらず有能というか、頼りがいがあるというか。
六甲相手にも容赦なくツッコミを入れられるあたり、
本当にDXとも六甲とも友達なんだな、と思わされます。

後半から始まったダンジョン編ですが…
まさか王城の地下に巨大なダンジョンがあったとは。
ワープポイントがあって、それが不調になってのトラブルとか、
まるでゲームみたいで面白そうなんだけど、
そういた危険を楽しめるのはDXやイオンとかごく一部なだけに、
ティティとか大丈夫なのかな、と心配になってきますね。

それと描き下ろし短編と特装版小冊子は、
トリクシーの侍女の二人がフィーチャーされてました。
ただのお付きの人というだけじゃなく、
彼女たちにも人生があるんですね。
彼女たちの頑張りが報われるような危機は来ない方がいいけれど、
幸せになって欲しいな、と思います。

:: 2018/5/28 月曜日::

■[漫画]DX公子放浪記「Landreaall」31巻

Landreaall31巻Landreaall31巻
出版社:一迅社
作者名:おがきちか
作者サイト:SWS
作者twitter:おがきちか (@chikaxavi) | Twitter
Kindle版:Landreaall (31)
Kindle版まとめ買い:Landreaall
DMM電子書籍:Landreaall (31)

ファラオン卿の戴冠式に参加せず、何故かウルファネアに居たDX。
その理由はなんとなくわかるけれど、
無一文になっていた理由はわからなかったんだけれど、
この31巻でその理由がわかります。

弱く虐げられる人たちのために戦うDXってば騎士は騎士なんだけど、
槍熊としての義理と信条で動いてるから槍熊の騎士って感じですね。
とてもDXらしいと思うし私は好きなんですが、
アンちゃんとかが見たらどんな顔するんだろう…(笑

それにしても情けは人の為ならずと言うけれど、
DXが取った行動のお陰でエカリープが助かることになるとは、
DXはある意味公子らしいと言えなくもないのかな?
かなりイレギュラーな公子だとは思うけれど。

そしてメイアンディアの過去編とも言うべき話がありましたが、
彼女は彼女で結構苦労してるんだなぁ、というのがわかります。
貴族の令嬢である普通の母にファレルみたいな肝っ玉母さんを期待したらダメですしね。
それでもメイアンディアのために変な人を演じられるあたり、
やはり母は強いな、とも思いましたが。

しかし結婚ではなく婚約というのは…
これはDXにもワンチャンあるということなのかな?
先はまだ見えませんが、見えないが故に楽しみでもありますね。
できればみんな幸せになって欲しいんだけどなぁ…

:: 2017/9/28 木曜日::

■[漫画]王子様のひとりごと「Landreaall」30巻

Landreaall30巻Landreaall30巻
出版社:一迅社
作者名:おがきちか
作者サイト:SWS
作者twitter:おがきちか (@chikaxavi) on Twitter
Kindle版:Landreaall (30)
Kindle版まとめ買い:Landreaall
DMM電子書籍:Landreaall (30)

クレッサール編も一区切りがついた王城での日々。
ディアの気持ちを確かめに出向いたDXは、
よりにもよってディアの目の前でとんでもない独り言を…

DX…
君はもう少し女心というものを…
いや…、思わず口をついて出てしまったことに責任を問うのはキツいかもだけど。
それにしたって…
居合わせた五十四さんの居たたまれなさ、心中お察し申し上げます。

DXは立場的にも人柄的にも好感度が非常に高いというのに、
何故こうも面倒くさい相手にばかり恋をするのか。
出会い方や気持ちに気付くタイミングとかが少しでも違ったら、
あるいは違った恋の結末を迎えることができるのか。
そういったifを考えるばかりです。

それにしてもフィルは良い友達だよなぁ…
DXがうじうじ悩んでたら遠慮容赦なく叱咤した上で、
後ろから強引に押して一歩を踏み出させてくれるんだもの。
間違いなくDXの一番の友達であり、生涯の友でしょうね。

そして今回の特装版は小冊子付きです。
ルッカフォート夫妻の仲を引き裂こうという元青年貴族(現老害貴族)たちの、
独りよがりの正義で悪を働きながらもルッカフォート夫妻にあしらわれて、
最後には天誅をくらってスカッとする短編が収録されています。

この小冊子は小冊子で面白かったけど…
またOVAとまでは言わないけれど、ドラマCD特典も欲しいものですね。

:: 2012/12/26 水曜日::

■[漫画]クレッシェンド・マリオン「Landreaall」21巻 限定版

Landreaall 21巻 限定版 (ZERO-SUMコミックス)
著者/訳者:おがき ちか
出版社:一迅社( 2012-12-25 )
コミック ( ページ )
作者サイト:SWS
作者twitter:おがきちか (chikaxavi) on Twitter

今回の限定版はいつものドラマCDと小冊子付属なんですが、
そのドラマCDの内容がDXたちの話の前日譚とも言える、
DXの両親たちが出会い、マリオンと共に火竜を封じた一連のエピソード、
「クレッシェンド・マリオン」の内容なんですよね。

それに伴い小冊子の中身もエカリープ領が成立するまで、
どんな手順を踏んできたかという内容と、
リゲインとファレルの二人の新婚ほやほやの微笑ましいエピソードが含まれています。
それと小冊子マンガの巻末で担当さんがマリオンについて違和感持ってましたが、
確かに言われてみれば私もマリオンはメーテル的な印象があるのは否めないです。

さて、本編の方は最初の2回がライナスとルーディーがクレッサールを旅していた時、
現地での戦争の遺恨に巻き込まれた凄惨な短編になっています。
ライナスがイプカを苦手としている理由や、
ルーディーが岩棚の言葉を憶えるようになった経緯が分かります。

ユージェニのこともあるけど、これからクレッサールの話が多くなるんでしょうか。
でもこれからはロビンの父親探しが本格化しそうだし、
何よりロビンの父親に関して一筋縄でいかなさそうなので、
今後の展開が待たれますね。

しかしメイアンディアって意外と好奇心旺盛なんだなぁ…
今の時代に生まれてたらそれ町の歩鳥と友達になれるんじゃないかな。(笑

:: 2012/1/5 木曜日::

■[漫画]ああっ女神杯っ「Landreaall」19巻限定版

Landreaall 19巻 限定版
著者/訳者:おがき ちか
出版社:一迅社( 2011-12-24 )
コミック ( ページ )
作者サイト:SWS
作者twitter:おがきちか (chikaxavi) on Twitter

19巻は女神杯を丸々収録…、といいたい所だけど実際は良い所で終わっています。
多分読者の多くはレイニー止めを食らったかの如く、
読後に身悶えることになるでしょうが、それもまた仕方なしといった次第。
あのDXとディアの二人がどうなるのか気になりすぎて困る。

当初の予想を覆してレディ・アプリに身を任せることで勝ち進んでいくDX
Landreaallの世界観での馬という生き物の生態はカバー下に描かれていますが、
本当にレディ・アプリが賢い生き物なんだと感じたのは、
恋という情動を理解して、わざと負けようとするDXの心意気を良しとした所でした。
何かあれを読んで、レディ・アプリというキャラ(馬ですが)が分かったし、
何故DXが急激に騎馬戦が上手くなっていったのか分かった気がします。

そして場外でもイオンの周りだけでなく、ルッカフォート夫妻の方でも面白い人間関係が広がっており、
読んでいて全然飽きが来ないですね。
ウィフテッド夫人はエカリープ編で少しだけ出てきましたが、
その過去を知っているとファレルと意気投合するのも当然と思えますね。
こういった細かい伏線回収が上手いからこの作品は何度も読み返してしまうんだよなぁ。

しっかし竜胆の戦いっぷりはその巧みな槍の使い方もそうでしたが、
最後のカイルとの戦いの後の笑顔には五十四さんの心のツッコミともども笑わせてもらいましたよ。
そして竜葵は手紙でしか出て来てないのにいい味を出しすぎだと思います。(笑
いやー、お陰でDXがあの失恋から一歩踏み出そうとしているみたいなんだけど…
イオンが知っているあの事情を鑑みて素直に事が運ぶとは思えないだけに、
本当に先が気になって仕方がないですねー

ちなみに限定版に付いてきたドラマCDですが、内容は短いながらも、
精神入れ替わりモノだったのに衝撃を受けましたよ。
というか中の人たちも大変ですね!
特にイオンの中に入るとか無茶ぶりっつーか、よくやったよね、としか。(笑
しかしここまで来たらドラマCDだけじゃなくアニメ化まで行って欲しいんだけど…
うーん、無理なのかなぁ…

:: 2010/12/26 日曜日::

■[漫画]再開する学園生活と王城でのDX「Landreaall」17巻 限定版

Landreaall 17巻 限定版
著者/訳者:おがき ちか
出版社:一迅社( 2010-12-25 )
コミック ( ページ )
作者サイト:SWS
作者twitter:おがきちか (chikaxavi) on Twitter

私が「Landreaall」ハマった時には既にドラマCDは市場から消えていた訳で、
声優陣がコメンタリーで「久しぶり」という台詞を喋る度に軽く絶望したり。
もっとも、ドラマCD自体は私をハメた皇帝龍さんが責任取ってくれて貸してくれたんですが、
やはり原盤が手元にないのは歯がゆいものがあるよなぁ。
特に今回のドラマCDも声優さんたちが良い演技して面白かっただけに、
歯がゆさが増してくるというジレンマ。(笑

17巻の内容は六甲も生徒として、五十四さんも臨時講師として学園に入るという、
ちょっと新鮮味もプラスしつつの学園編が再開されることになります。
特に新講師として赴任してきたR・ケリーのご息女であるアリス・ケリー女史は、
そのSっぷりを含めてかなり印象に残りますね。(笑

でも一番印象に残っているのはそんなケリー女史をも驚かせるDXですね。
ケリー女史に「スピンドル事件の渦中に居たら指揮官としてどうするか」問われた時の、
DXの着眼点の面白さは元より、その目的の為に対する柔軟すぎる発想が凄い!
そしてそれをして、ティ・ティが「これが彼です」と言ってるのが良いんですよねー
何気ない発言なんだけど、このDXの理解者たるティ・ティの台詞にはグッと来ましたね。

そんな柔軟なDXだけど、王城では公子らしく振る舞うことが出来ることを見せ、
本心ではない演技だと判ってはいても怒った顔も格好良くてシビれちゃうんだよなぁ。
ルーディが思っている通り、騎士であり傭兵であるDXが如実に判る場面がこの17巻では多く、
流石は主人公だと納得させられることしきりでした。

しかしライナスとフィルが色街で見掛けたDX似の女性って、
どう考えても死んだとされている王女だよなぁ…
クエンティンはやっぱり食えん人物だぜ…(上手いこと言ったつもり

:: 2010/5/27 木曜日::

■[漫画]『革命の真実』とDXの選択「Landreaall」16巻

Landreaall 16 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
著者/訳者:おがき ちか
出版社:一迅社( 2010-05-25 )
定価:¥ 580
Amazon価格:¥ 580
コミック ( ページ )
ISBN-10 : 4758055041
ISBN-13 : 9784758055048
作者サイト:SWS

DXの父、リゲインから告げられる「革命の真実」…
王女に望まれて誰よりも騎士であろうとしたリゲインに待っていたのは狂った王からの叱責。
誰よりも王の剣であったのに、王妃と王女の区別が出来なくなる程に錯乱した王が、
王女からの信頼を一身に受けたリゲインを抹殺する為だけに戦争を起こしたという事実を前に、
何よりも剣を捧げた王女の為に王を殺したという事実。

泰然自若としているDXだけど年相応に悩むというのはあるんですよねー
とはいえ、ウルファネアで伊達にリドのお兄さんにボコられてなく、
現在進行形でまだ悩みながらも結局クエンティンの誘いをあっさりはっきりと、
DXの経験に沿って断ってるのは何とも彼らしいな、と思いました。

それとtwitterをやってる人なら知ってるかもだけど、おがきちかさんって「まおゆう」読んでるんですよね。
(参考:Togetter – まとめ「おがきちかさんの『魔王勇者』感想」
「Landreaall」という作品が目指す未来と「まおゆう」が描いた世界が似ているらしいですが、
確かに、例えば今回ライナスが主張していた『関わる人間全てが得をするのが本物の商売』
という商人としての矜持は「まおゆう」の魔王が持つそれに近いように感じましたね。
「Landreaall」が好きな人なら「まおゆう」読んでみるのもアリなんじゃないでしょうか。
もっとも、かなり長いので大変かとは思いますが…(笑

ちなみに私は「Landreaall」ではフィルが一番気に入ってるので、
Extraでの六甲とリドの奇妙な友人関係のエピソードは面白く読んでました。
イオンも言ってたけどDXと六甲の初めての友人が両方ともフィルってのは凄いよなぁ。
次巻からは舞台がまたアカデミーに戻るのでそちらにも期待です。

:: 2009/11/27 金曜日::

■[漫画]エキセントリックなDXのプライベートと衝撃的な革命の真実「Landreaall」15巻

Landreaall 15 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
著者/訳者:おがき ちか
出版社:一迅社( 2009-11-25 )
定価:¥ 580
Amazon価格:¥ 580
コミック ( ページ )
ISBN-10 : 4758054614
ISBN-13 : 9784758054614
作者サイト:SWS

待ちに待った15巻が遂に発売されたので買ったその日に3回くらい読み直してしまいましたよ。
今まで断片的に語られてきた過去に起こった戦争と革命が、
DXの元に訪れた二人目の玉階のクエンティンを呼び水に語られ初めて、
パズルのピースが埋まっていくようで感慨深かったんですが、
同時に「不在の王女」という謎も一つ追加されて更に物語に魅了されることに。

クエンティンのクセモノっぷりもさることながら、DXもやはり掴み所がないんですよね。
フィルの事を話している時の「ニンマァ~」って表情がDXらしさが出てるんだよなぁ。
森の奥での槍熊との話もエキセントリックだったけど、
過去に起こった事件を知ることでDXのことをより知ることが出来た気がします。
DXがこの若さでどこか達観してるような雰囲気なのもちょっと納得できたかな。

しかし友達ってのは良いモンですねー
気兼ねなく軽く喧嘩できる仲というのが特に良い。
ホント馬鹿ばっかなんだけど、馬鹿をやれる友達ってのは貴重なんですよね。
ちゃんと心のどこかで思いやり合ってるのは憧れるなぁ。

それにしてもやっぱりDXのお母さんのファレルさんは面白い人だなぁ…
ライナスたちのお土産が貴重な縁起物の砥石というだけであそこまで喜ぶのもそうだけど、
六甲のことも「息子たち」と自分の家族としてきちんと扱っている懐の大きさと、
娘のイオンを傷つけるものへの容赦のなさっぷりはホント、イカしてると思います。(笑

それとカバー下にはこがわみさき先生デザインの新制服案が!
こういうコラボレーションは面白いなぁ。
今から新学期が楽しみです。

:: 2009/5/26 火曜日::

■[漫画]その後のアカデミー騎士団とエカリープでの夏休み「Landreaall」14巻

Landreaall (14) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
著者/訳者:おがき ちか
出版社:一迅社( 2009-05-25 )
定価:¥ 580
コミック
ISBN-10 : 4758054142
ISBN-13 : 9784758054140
作者サイト:SWS

DXたちはウルファネアでの騒動を一段落させ、
イオンはアカデミーでのスピンドル襲来事件が収束し、
二人ともやっと故郷のエカリープに戻ることが出来、
竜胆と五十四さんも交え、ちょっと長めの夏休みの日々が始まったばかりの14巻。

一息付けたことでDXは自分の名前が持つ影響力とその行使について考え、
スピンドル事件で指揮を執ったティ・ティは学長相手に述懐したように、
イオンの名前を利用し傷付けてしまった事とかについて悩み、
それでも逃げずに前向きに立ち向かう若者たちの姿はちょっと眩しいくらいでした。

そしてフィルが女子寮内だけとはいえ叙勲されたのが我がことのように嬉しかった。
多分、前巻で騎士団に期待していないフィルにハルが不甲斐なさから涙した事を受け、
ジアが発起人となったんだろうけど、女子生徒の総意となっているのは間違いないだろうし、
やっぱり嬉しいものは嬉しかったなぁ。
たとえフィルがやり遂げた事が王国騎士団には認められなくとも、
身近な人たちには身分の差を超えて認められたのは本当に喜ばしかったです。
ジアが言っていた「自分たちで変えていく」のが有言実行され、
これから彼らが作っていくアトルニアの未来には確かに希望が見えたと思います。

イオンも女子生徒から叙勲されて本心から喜んでいたし、
ティ・ティの言うとおり、お姫様というより騎士に近いんですよね。
エカリープでのミムトンワーム退治でもDXに仕事を任されることが嬉しいみたいだし、
傭兵寄りのDXと違って、イオンはちょっと父親似なのか騎士寄りなのかも知れませんね。

それと巻末描き下ろしのエカリープに帰郷するまでの道中だけど、
ウールン一行の世直し旅の話はちょっと読みたいかも。
番外編とかでやってくれないかなー

HTML convert time: 7.183 sec. Powered by WordPress