りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2020/7/22 水曜日::

■[ラノベ]それぞれの家庭「ビブリア古書堂の事件手帖II ~扉子と空白の時~」

ビブリア古書堂の事件手帖の新シリーズが本格的に開始です。
2030年頃、女子高生になった扉子ちゃんが、
父である大輔が記録した事件手帖を読み解くことで、
過去にあった事件を追体験するという形で物語が進みます。

今回のテーマは日本の探偵の代名詞とも言える金田一耕助を生み出した横溝正史。
そして横溝正史の作品の中でも数十年単行本化されていなかった「雪割草」
その伝説の著作を巡る旧家族の流れを組む鎌倉の旧家の遺産騒動に、
栞子さんが駆り出されてるんだけど、金田一シリーズのような展開になっていきます。

まず「雪割草」のことについては過分にして知らなかったんですけど、
2017年に発見されてニュースになってたんですね。

横溝正史、幻の長編小説「雪割草」見つかる…金田一耕助の“モデル”も登場(1/2ページ) – 産経ニュース

横溝正史作品の中でも異色の家庭小説らしいですが、
それが物語にきちんと落とし込まれた上で面白く仕上げているのは、
流石は「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズだな、と感心させられました。

登場人物たちの人間臭さが相変わらず凄く出てましたね。
孫もいる歳になったのに変に頑固で意地になるだけでなく、
子供の頃の過ちを数十年に渡って謝ってない素直じゃないところとか、
とても人間だなぁ、と思いましたね。

そしてこの作品にとって一番欠かせないのが栞子さんの魅力ですが、
人妻になってもその可愛らしさは相変わらずでしたね…
大輔を夫として紹介するだけであんなに緊張するとか、
結婚して半年経っても可愛らしすぎるし、
子供が出来てもビデオ通話越しにあんなことを伝えてくるとか、
萌え殺しに来ているとしか思えないくらいに可愛かったです…

それにしても家庭小説を綴った「雪割草」を巡る事件では家庭が引き裂かれ、
殺人事件を扱った推理小説の「獄門島」を巡る事件では扉子ちゃんに親友が出来るとか、
何とも皮肉なものだなぁ、と思います。

今後も扉子ちゃんによる追体験による回想という形で進むのか、
それとも扉子ちゃんが謎を解くことになるのか、まだわかりませんが、
IIになっても面白いシリーズだと確信できたので、
続きを読むのがとても楽しみです。

:: 2018/10/17 水曜日::

■[ラノベ]広がる面白さ「ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌」2巻

峰守ひろかずさんによるビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ、まさかの2巻です。
原作好きだし、好きな作家さんだし、1巻も面白かったので嬉しいんですけど、
続くとは思ってなかっただけにビックリです。
やっぱり原作の実写劇場版が公開される関係なんでしょうか?
どちらにしろ嬉しいです。

2巻ということで時系列的にも1巻の続きなので、
まだ栞子さんの娘の扉子ちゃんは生まれてませんが、
それでもこぐちさんと響平は2年生に進級し、後輩の早紀ちゃんが出来ています。
今回も生徒会長の無茶振りから市立図書館に赴いた先で、
お嬢様学校の聖桜女学園の天塚さんとビブリオファイトすることになって…

今回はラブコメ要素が強かったですね。
やはり恋のライバルが出てくれば盛り上がりますよ。
こぐちさんと同じ黒髪ロングで読書好きなんだけど、
長身で胸が大きくて社交力もあり、実は隠れオタクな天塚さんが響平と仲が良いとか、
こぐちさんの心が穏やかじゃなくなるのもむべなるかなですよ。

響平は響平で、こぐちさんに想いを寄せる千倉くんの登場で、
奮起して頑張ること自体は間違ってないんだけど…
その方向性を間違ったがためにこぐちさんに悲しい思いをさせてしまったのは、
失敗だったかな、と思います。

しかし、最後にはきちんとこぐちさんと向き合って話すのは良いですね。
頑張りすぎて大変なことになってたのには笑ってしまいましたけど、
そういった失敗も含めて青春なんだなぁ…
これも「とらドラ!」を読んだからこその暴走なのかもしれない…

今回取り上げられた本ですが、前回と同じくこぐちさんが好きな児童文学だけでなく、
「ブギーポップは笑わない」や「とらドラ!」が出てくるあたり、
電撃文庫らしくて、高校生読者に合わせてて有りだな、と思いました。
テーマも明快でわかりやすいし、原作に時折混じる後味の悪さもないし、
とてもライトノベルらしい素敵な読み物だったと思います。

余談ですが、「トムは真夜中の庭で」の話を栞子さんが今の「ハリー・ポッター」みたいなもの、
と言っていたのを読んでわかったんですが、
「魔法先生ネギま!」のオマージュ元は「ハリー・ポッター」だったけど、
「UQ HOLDER!」のエヴァと刀太の関係のオマージュ元は「トムは真夜中の庭で」なのかな?
と思いました。
どちらも読んでないんだけど、一度読んでみたいかも…

:: 2018/9/24 月曜日::

■[ラノベ]新たな扉「ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~」

栞子さんと大輔が結婚してから7年経った2018年秋。
二人の間に生まれた娘の扉子も栞子さんと同じように読書好きな上に好奇心も旺盛で、
栞子さんはせがまれる形で本にまつわるエピソードを語り…

本作は7巻で完結したシリーズの番外編に当たる短編集のような内容になっています。
視点は大輔だけではなく、小菅奈緒やその他の人物だったりします。
私としてはやはり栞子さんか大輔視点の短編が好きですね。
何故なら、随所に二人のイチャラブっぷりが感じられるからです。

栞子さんが類まれなる記憶力で大輔の行動をリフレインして感慨にふけったり、
周りと同じように腕をくんで歩いて照れ隠しにキリッとしたり、
結婚指輪を大輔と同じポーズで見せつけたり、
一挙手一投足が可愛いんですよね、栞子さんは。
元々この作品はキャラクターの息遣いが感じられる描写が面白いので、
それ故に栞子さんの可愛さがダイレクトに伝わってくるんですよ。
いやはや、本当に大輔は良いお嫁さんをもらったよなぁ…
いや、婿に行ったんだっけ…

今回語られた短編の中では坂口夫妻の物語は、
少しだけ心に澱を残しながらも希望も見える終わり方で好きでした。
それと「俺と母さんの思い出の本」は心に響きましたね…
頑固な教育ママだった母との思い出を語るべき息子が既に居ないのは悲しいですが、
それでも遺されたモノが嫁と姑のこれからを繋げるのは、
少しだけ救われるものがあるように思えます。

あと、このお母さん、確かに厳しかったんでしょうけど憎めないというか…
価値観が認められないけど、息子が大事にしていたものを売らずに取っておき、
ちゃんと送ってあげるだけ普通に良いお母さんだと思うんですよね。
私の母は勝手に売っぱらった上で「大したお金にならなかったわよ」と文句を言う人だったので…

しかし、この短編に出てきた売れないラノベ作家の末路が…
その… どうもやけにリアルに感じるんですよね。
作者の三上延さんは元々ラノベ作家でしたし、
やはりそういうのはリアルに感じることができるのかな、と思いました。

それと、あとがきで知ったんですが実写映画化するんですね。
実写ドラマの時とキャストを変更するのは英断というか当然というか。
今回こそうまくいくと良いですね。

:: 2017/3/12 日曜日::

■[ラノベ]めくるめく面白さ「ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌」

栞子さんと五浦、二人の物語は完結した「ビブリア古書堂の事件手帖」ですが、
番外編やスピンオフは続くみたいで、この作品はその一つです。
作者は「ほうかご百物語」などを執筆されている峰守ひろかずさん。
電撃文庫らしく高校生男女が主人公です。

舞台は古都鎌倉のとある高校の旧図書室。
豊富な蔵書はあれども古く、利用者が少ないため廃止されそうな所に、
隠れオタの前河響平が図書部員の卯城野こぐちさんと出会う。
そして二人は一緒に生徒会主催の書評バトル「ビブリアファイト」をすることに…!

個性的な高校生男女のボーイミーツガールとか、
とっても電撃文庫っぽくて面白かったです。
題材も「シャーロック・ホームズ」に「若草物語」と、
今の中高生が読んでも面白いと思えるし、
何よりメジャーだから手を出しやすいものが多いのも良いですよね。

あと、何と言ってもちゃんと栞子さんが出てくるところが良かったです。
本のことでこぐちさんと盛り上がる栞子さんが可愛かったし、
読書好きのこぐちさんを軽く圧倒する本に対する蘊蓄と、
事情を見通す観察力は本当に原作そのままでした。
しかし響平… おっぱいに魅入られすぎだろう…(笑

その響平の個性ですが、中々好感が持てましたね。
峰守ひろかずさんらしい主人公なように感じました。
まぁ、ちょっとエロに素直だけど思春期だから仕方ないよね。
こぐちさんの悲鳴がエロすぎるから仕方ないよね。

「ビブリア古書堂の事件手帖」のスピンオフとしても面白かったですけど、
ラブコメとして、青春物語としても充分面白かったです。

:: 2017/2/26 日曜日::

■[ラノベ]To be , or not to be「ビブリア古書堂の事件手帖 7 ~栞子さんと果てない舞台~」

久我山家との騒動が終わってしばらく経った後、
久我山真理の最後の策が動き出し、栞子さんと五浦は否応なく巻き込まれてしまう。
そしてそれは栞子さんの母、智恵子さんが出奔した原因となる、
世界的に有名な作家のファースト・フォリオにまつわるもので…

実写とアニメの映画化が決まったようで何よりです。
残念すぎる実写ドラマ化なんてなかったんや…!
今度の実写では栞子さん役は是非黒髪ロングでメガネが似合う巨乳さんでお願いします。
アニメは多分大丈夫だと思うので心配してません。

で、このシリーズ完結巻である7巻ですが、文句なしに面白かったです。
テーマが洋書であることは知っていましたが、まさかシェイクスピアとは…!
世界的に人気だからその稀覯本は高いとは思ってましたが、
まさか億単位になるほどだったとは…
新宿で監禁されて量産型リア王作ってるだけの人じゃないんですね。(FGO脳

そして相変わらず栞子さんが可愛すぎて参りました…
一人で調子外れの鼻歌をしちゃうとか可愛すぎだし、
五浦母に語った内容とか悶絶モノの可愛さですよ…!
そして、そんな栞子さんの可愛らしい一面を気付く五浦は良いフェチを持ってると思います。
栞子さん、良いよね…

また、栞子さんと智恵子さんの母娘を苦しめようと暗躍した吉原ですが、
久我山尚大の一番弟子だけあって非常に嫌らしい人でしたが、
良くも悪くも道化師だったなぁ、というのが感想でしょうか。
勧善懲悪で因果応報はエンターテイメントの基本なので、
とてもスッキリ楽しめました。

ただ、この7巻で栞子さんと五浦の物語が完結するのは寂しいなぁ…
と思ったら、スピンオフとか色々あるみたいですね。
それはそれでとても楽しみです。
早速来月は峰守ひろかずさんが書くスピンオフが電撃文庫から出るみたいですね。

ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 (電撃文庫)

峰守ひろかずさんの作品は結構好きなのが多いので、
これはこれで楽しみです。
栞子さんも出てくるみたいですしね。

:: 2015/1/4 日曜日::

■[ラノベ]ロマネスクの会「ビブリア古書堂の事件手帖 6 ~栞子さんと巡るさだめ~」

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫)
著者/訳者:三上 延
出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス( 2014-12-25 )

作者サイト:馬的思考日記
作者twitter:三上延 (mikamien)さんはTwitterを使っています

古書と人とを繋ぐ事件手帖の6冊目。

長い時を経て、やっと付き合うようになった栞子さんと大輔。
それが文香ちゃんというスピーカーで拡散されて、
赤面しまくる栞子さんが可愛かったです。
しかし古書を巡る事件は待ってくれずに、因縁の太宰治の本が関わってきて…

今回は1巻で出てきた太宰治の「晩年」アンカットの出自が判る内容でした。
大輔と田中の祖父である田中嘉雄と縁があった人々の間に起こった四十七年前の盗難事件。
関係者も半分以上が他界し、盗難された稀覯本「駆込み訴へ」の実物も読めない状態で、
事件を見通す栞子さんは流石でした。

でも、事件は見通せても自分の人間関係は見通せない所は栞子さんらしかったですね。
久我山家の人々にどう思われているかを察することが出来ず、
自分の才能に無自覚な所とかは如何にも栞子さんらしいな、と。
そこが弱点でもあると思うので大輔にはきちんとフォローして欲しいですね。

また、太宰治に関してですが、作中に出てきた別PNの話とか新鮮でした。
そういえば最近でもハリーポッターの作者が別PNで推理モノ書いて、それがバレたとか何とか…
それと太宰治の心の弱さとか色々と興味深いエピソードが知られて面白かったです。

今回も「器量は悪くない」と大輔に天然で返されて赤面する栞子さんとか、
可愛らしい一面が沢山見られたので嬉しかったけど、
正直もっともっと見ていたいですね。

それだけにあと1,2冊で終わるっぽいのは残念だなぁ。
栞子さんの血縁とか判明した訳ですが、これがどう最後に収束するのか。
次巻もまた1年くらい先に出るかと思いますが、楽しみに待ちたいと思います。

HTML convert time: 0.556 sec. Powered by WordPress