りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2015/9/2 水曜日::

■[ラノベ]notハーレムラブコメ「僕は友達が少ない」11巻

僕は友達が少ない (11) (MF文庫J)
著者/訳者:平坂読
出版社:KADOKAWA/メディアファクトリー( 2015-08-26 )
作者twitter:平坂読 (hirasakayomi)さんはTwitterを使っています
絵師サイト:ブリキの砦

Kindle版:僕は友達が少ない 1
Kindle版:僕は友達が少ない 2
Kindle版:僕は友達が少ない 3

Kindle版:僕は友達が少ない 9
Kindle版:僕は友達が少ない10
Kindle版:僕は友達が少ない 11

私が11巻を読んだ感想を正直に端的に言うと

「ハーレムラブコメの皮を被った残念青春ストーリーだったなぁ」

です。

残念青春ストーリーとしては最後まで良く出来ていると思います。
「僕は友達が少ない」というタイトルの通りに、
友達が少なく、ぼっち気味な学生が青春をしていくストーリーで、
最後のオチはアレだったけど、まぁ、1巻当初とリンクしているのは有りだと思います。

ただ、ハーレムラブコメとしては…
俺妹もそうだったけど、
「物語の整合性は取れているけれど、読者の期待に応えてない」
と感じてしまいました。
物語のラストの時点で主人公が宙ぶらりんというのには疑問符が浮かんでしまいます。

ただそれはハーレムラブコメとしては、という意味で、
青春ストーリーとしては正しい終わり方だったのではと思います。
とはえ、ハーレムラブコメの皮を被っていた作品だっただけに、
それを期待している読者が多かったと思うので、
そういった意味では読者の期待に応えられていないんじゃないかなー、と。

例えるなら途中まで「ToLOVEる」だったのに、
物語の終盤で本当は「聲の形」だったことが詳らかになった、みたいな。
実際随所で伏線が張られていたけれど、
ラストまで「聲の形」的な展開で駆け抜けても、
「ToLOVEる」を楽しみにしていた私からしたら、
暖簾に全力で腕押しして肩透かしされた気分になると言いましょうか。
上手いフレンチを出すと評判の店と聞いて入店し、コース料理を楽しんでいたら、
メインディッシュとデザートが中華料理だった的な何かというか。
美味しいのは美味しいけど呆然とするみたいな…?

面白い作品であるし、実際読み始めたら一気に読み終わってしまいましたが、
この作品の本質がどこにあるのかちゃんと理解していないと、
最後まで読んでも読後感はスッキリしないかも知れません。

まぁ、何だかんだ言って結局のところは、
夜空と理科が好きなハーレムラブコメ好きの私としては、
非常に納得がいかないオチだった、ということです。

この傷心はエロ同人誌を読んで癒やすしかないな…

:: 2014/6/8 日曜日::

■[ラノベ]夜空・ザ・ヒーロー「僕は友達が少ない」10巻

僕は友達が少ない10 (MF文庫J)
著者/訳者:平坂読
出版社:KADOKAWA/メディアファクトリー( 2014-06-05 )
作者twitter:平坂読 (hirasakayomi)さんはTwitterを使っています
絵師サイト:ブリキの砦

Kindle版:僕は友達が少ない 1
Kindle版:僕は友達が少ない 2
Kindle版:僕は友達が少ない 3

Kindle版:僕は友達が少ない 8
Kindle版:僕は友達が少ない 9
Kindle版:僕は友達が少ない10

隣人部と生徒会の合同合宿で夜空の家庭の事情を聞いた小鷹。
お節介にも夜空と日向の姉妹の仲を取り持とうとボドゲをやったり、
星奈に助言をしたり、自身も変わろうと努力するんだけど、
クリスマスパーティーで無理が出てきてしまい…

ラブコメって難しいよね!

いや、うん、まぁ、その…
俺妹でもそうだったけど…
キャラ人気とプロットで組まれて伏線張られていたヒロインに相関はないんだよね。
言われてみればと理性は納得するけど、感情は反発する。
今回もそんな読後感でした。
いや、次の最終巻でどんでん返しあるかもだけど。

それにしても序盤は残念系作品として認知されて実際そうだったけど、
アニメ第2期終盤あたりからそれが剥がれてきてついにこう来たかって感じですね。
でも、これって初めからプロット組んでたんでしょうねぇ…
ホントやられたわー…
20年前、山田玲司が「Bバージン」でやったように、
「ナイフを見せていちゃダメだ。隠しておかないといけない。抱き込んで刺せばいい」
という手法を見事にやられた気持ちです。

それにしても個人的に一番切ないのは理科です。
まだまだ恋も知らないお子様な小鷹のことを誰よりも理解し、
最後まで自分の想いを抱え込んだまま、友達でいようとするとは…
若いときの恋なんてもうちょっと我が侭になっても良かったのになぁ…

そして幸村ですよ幸村。
そりゃ理科と友達なはずがないですね!
初めからずっと小鷹の周りの人間関係を小鷹以上に把握し、
理科の恋心を正確に把握していた幸村が理科と友達になんてなれるはずがない。
幸村は本当に一貫していたもんなぁ…
幸村だけは友達が欲しいわけではなく、ずっと小鷹が目当てだったんだから。

しかしどうなるんだろうね、これ。
次は丸々エピローグみたいだけど、ホントどうなるんだろう。
挿し絵が一枚もなかったことからブリキさんの体調も心配だし、
色々な意味でも気になります。

取りあえずMF文庫J関連の仕事をしている人は人間ドックをやってみた方が良いと思う。
編集部も経費で持って上げたら良いんじゃないかな…

:: 2014/4/15 火曜日::

■[漫画]ヒロインたちは女子力が足りない「僕は友達が少ない」10巻

僕は友達が少ない 10 (MFコミックス アライブシリーズ)
著者/訳者:いたち 平坂読 ブリキ
出版社:KADOKAWA/メディアファクトリー( 2014-03-22 )
コミック ( 163 ページ )
原作者twitter:平坂読 (hirasakayomi)さんはTwitterを使っています
作者サイト:ONCE, A GLIMPSE
作者twitter:いたち (edomondohonda3)さんはTwitterを使っています

Kindle版1巻:僕は友達が少ない (1)
Kindle版2巻:僕は友達が少ない (2)

Kindle版9巻:僕は友達が少ない (9)
Kindle版10:僕は友達が少ない (10)

いわゆる「女子力」というものは子供の頃から女の子同士がコミュニケーションをし、
少しずつ培って身についていくものだと思う訳ですが、
友達が少ないはがないヒロインたちにはコミュニケーションを取る相手がいないので、
必然的に女子力というものは表面にしか貼り付いてないまやかしなのであります。
そんな、ヒロインたちの女子力の低さが如実に表われたのがこの10巻です。

小鳩の誕生日が近いから誕生日プレゼントを名古屋…、もとい永夜に出かけることになった隣人部。
少女たちそれぞれが小鷹と二人きりで出かける予定だったのに全員一緒になってふてくされるとか、
ハーレムラブコメとして大変美味しい展開もありますが、
注目すべき点はみんなのファッションチェックによって明かされるみんなの女子力の低さでしょう!

どこへ行くにも白衣という理科の残念さは語るまでもないですが、
いつも格好良く決まっていた夜空も勘違いが前提にあったのが判ったり、
その肉体の完璧さに釣り合うファッションをしていた星奈もメッキが剥がれたりと、
ホント、ヒロインたちの女子力の低さが露呈しまくりでしたね。(笑

haganai_comic10_01

まぁ、一度メッキを剥がして自覚することから成長というものは始まるのです。
特に幸村なんかは素直だし素材も良いので有望株ですよ!
変にスレてないですしね!

そんなこんなで小鳩の誕生日も無事終わり、ケイトとマリアの姉妹のイベントもあった訳ですが…
うん! やっぱりこの漫画は全裸があってこそですよね!(ぉ
例え相手が女子力よりもおやじ力の方がが圧倒的に高いケイトであろうとも、
良い身体をしているから問題ない。(サイテー

さて、次は学園祭の話になる訳ですが…
もう序盤のメイド喫茶のシミュレーションの時点で飛ばしまくっているので、
この話が面白くなるのは確定ですよね!

取りあえず原作の続きが早く出ることを祈っております…
ブリキさんの画集もいつ出るんじゃろか…

:: 2013/11/24 日曜日::

■[漫画]僕達は友達だった「僕は友達が少ない」9巻

僕は友達が少ない 9 (アライブ)
著者/訳者:いたち
出版社:メディアファクトリー( 2013-11-22 )
コミック ( 169 ページ )
作者サイト:ONCE, A GLIMPSE

順調にコミカライズが進んで原作5巻分がこの1冊に濃縮還元!
原作と同じ巻数だけどまだストックは半分くらい残っているから大丈夫だよ!
…普通ラノベのコミカライズは原作ペースが早すぎて途中で終わるのを心配するけど、
はがないだけは、追いつくのを心配している不思議…
大丈夫! ハルヒみたいにはならないよ! きっと!
平坂読さんのtwitterアカウントが消えてるのが心配と言えば心配なのですが…

今回はナガシマリゾートもとい、横縞ワンダーランド編がメインなんですが…
小鳩を誘う時の星奈はちょっとアッチへイっちゃてるけど、全体的に可愛いですよね。
楽しみにしているあの笑顔ってば、惚れちゃいそうなんですけど!
そして着ぐるみショーの時のラブコメイベントといい、
もうこの頃から、星奈のヒロイン力が高まりすぎててヤバイですね。
主に夜空のヒロインポジション的な意味で。

そして驚愕のジェットコースターであるブラックドラゴンに乗る訳なんですけど、
それまでのワンクッションで隣人部の面々がポーズを取ってるのが地味に笑えて面白いです。(笑
このポーズを見てデジャヴってたけど、これってギニュー特戦隊のですよね!
原作にはそういった描写はないのに、妙にハマっててかなり笑っちゃいました。

そして今回は幸村が女の子だったことが判るイベントもある訳なんですけど…
この頃から理科ってば頼り甲斐ありすぎだよなぁ。
やはり理科がこの作品のメインヒロインだと言って過言ではないでしょう。
まぁ、金髪ツインテールにして星一徹的な表情をした時はヒロインとしてどうなんだろう、
と思ったのも確かなのですが。

ちなみに今回一番好みだった理科の髪型はタイムマシンもどきを作ってきた時の三つ編みです。
良いよね、ああいった三つ編み…
逮捕して欲しいです…

:: 2013/8/25 日曜日::

■[ラノベ]理科は宇宙一可愛いよ!「僕は友達が少ない」9巻

僕は友達が少ない9 (MF文庫J)
著者/訳者:平坂 読
出版社:メディアファクトリー( 2013-08-27 )
文庫 ( 263 ページ )
作者twitter:平坂読@ラノベ部コミック⑤9.25発売 (hirasakayomi)さんはTwitterを使っています
絵師サイト:ブリキの砦

待ちに待った「僕は友達が少ない」の9巻が発売!
具体的に言うと半年ほど待たされましたよ!
一応CONNECTはありましたけど、原作はアニメと同じ所で止まってましたからね!
2013年版レイニー止めを食らった読者としてはキツイものがありましたよ!

理科と小鷹が屋上での殴り合いの友情確認を経て友達になったあの事件から、
第2部開始とばかりに始まった9巻ですが、
物語シリーズのセカンドシリーズと同じく大きく変化しています。
具体的に言うとキャラクターの崩壊と再構築、
そしてそれに伴う人間関係の変化とでも言ったものです。

その中でも星奈はブレてないですねー
小鷹の土下座外交で我慢をするようになったとはいえ、
小鳩LOVEの変態っぷりは留まるところを知らない。
まぁ、星奈らしいなぁ、とは思います。(笑

逆に小鷹は大いに変わりましたねー
今までのニュートラルで性欲過少なヘタレ主人公だったのが、
性欲を前面に出す俺妹の京介ばりのアホさが出てきた感がします。(笑
それでもヒロイン全員の全裸を拝むラッキースケベ属性は、
相変わらず所持しているのは反則だと思います。
それと星奈と夜空への思いが男子高校生としてのリアルが感じられて、
そういった所が今までニュートラルだった所との違和感が拭えないかもです。

夜空は…
「三日月夜空復活」という煽りがあったのに堕ちるトコまで堕とされて、
そのまま次巻に続くになったのは不憫すぎる…
これ、エロ同人だったらこのまま援交に走って性的な意味でも堕ちる展開だよなぁ。
とか思いながら読んでました。(ぉ

幸村は容赦が無くなったというか、元から無かったというか、
バッサバッサと理科と夜空を一刀両断する所は、
ある意味武士らしさがあってブレてないな、と。
しかし割りとネタキャラだったはずなのに、凄いポジションになってきましたね…

そして! 真ヒロインにして真主人公(?)の理科ですよ!
フハハハハ、今までずっと理科推しだった私の時代が来ましたよ!
小鷹の親友ポジションをゲットしただけでは飽きたらず、
ラストでは今までで一番性的な意味でも近付くことが出来ましたし、
何よりコンプレックスを小鷹のお陰で解消することが出来ましたからね!
これは星奈に傾いている小鷹を振り向かせる展開もあり得るで!
理科は宇宙一可愛いよ!

という訳で新展開になって、別の一面の面白さを見せてくれる9巻でした。
夜空のためにも早い所10巻が出てくれると良いんですが…
今年中になんとかなんないもんなんでしょうかね…

:: 2013/5/20 月曜日::

■[ラノベ]みんなとても残念。「僕は友達が少ない ゆにばーす2」

僕は友達が少ない ゆにばーす2 (MF文庫J)
著者/訳者:平坂読 アサウラ あさのハジメ 岩波零 白鳥士郎 鏡貴也
出版社:メディアファクトリー( 2013-02-22 )
文庫 ( 255 ページ )

はがないアンソロ集の第2弾なんですが、何故第2弾だけ買ってきたかというと、
まぁ、ぶっちゃけた話「のうりん」作者の白鳥士郎さんが参加しているからです。
先月末、LNFmini4に行った時に話題にのぼってたのでその日に買った訳なんですが、
読んでみたら作家陣の個性が溢れる面白さが詰まっていたアンソロでした。

初っ端から「ベン・トー」のアサウラさんが書いているんですが、
似非ぼっちな小鷹に対して「ベン・トー」のモブである神田、蔵田、矢部の三人が、
底辺が底辺たる所以を遺憾なく発揮するという大変に残念な内容になっております。
というか、アンソロなのに自作品からキャラ登場させて良いんだ…

そして白鳥士郎さんの短編ですが、これがもうヒドくて!(笑
平坂読さんと並び既存のラノベフォーマットを破戒してきた白鳥士郎さんですが、
今回は星奈の隣人部部長選挙ポスターを切符さんに描いてもらい、
それに落書きをするというネタで攻めてきた為に、
挿し絵を多用というか濫用する内容になっております。(笑
というか、せっかく切符さんが描いた良い星奈をここまで残念にするとは、
白鳥士郎さんは本当に容赦がないですね!

巻末には「生徒会の一存」とのコラボした時の平坂読さんの短編も収録しています。
まぁ、ぶっちゃけ「生徒会の一存」を知らないと割りと置いてきぼりになる内容なんですけどね!
というかいつになったら本編の続きが発売されるのでしょうか…
もうアニメは本編最新話に追いついちゃったよ…(´・ω・`)

HTML convert time: 0.879 sec. Powered by WordPress