僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!
:: 2020/4/7 火曜日::

■[漫画]化け物たちの競演「咲 -Saki-」20巻

咲 -Saki-20巻咲 -Saki-20巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:小林立
作者サイト:dreamscape
紙書籍通販:咲-Saki- (20)
Kindle版まとめ買い:咲-Saki-
DMM電子書籍:咲-Saki- (20)

またスピンオフが2つも始まった「咲 -saki-」ですが、
相変わらずペースが遅いながらも本編は進んでおります。
決勝戦先鋒の前半戦では天和に九蓮宝燈が出たけれど、
まだまだ戦いは終わらない…!

タコスは今回かなり奮闘してるんですよね。
大会初記録をどんどん出すくらいに頑張っているし点数稼いでるんだけど、
照を含めて対戦相手が化け物揃いなのがキツイわけですよ。
せっかく稼いだ点数もあっという間に削られてしまう絶望…

どれだけ点数を稼いでも、誰かを飛ばさない限り逆転されてしまうのが麻雀の怖さですよ。
しかも、団体戦だから持ち点数が高いので中々飛ばないのが更に怖いところですよ。

そしてスピンオフでの主人公勢の阿知賀のドラゴンロード松実玄さん。
ドラを吸い取ることで他家の点数を抑えてくれますが、
同時にドラ爆してくる玄さんもまた怖い。

しかも他人にドラを渡してロン上がりできるようにするとか、
能力が開花するにもほどがありますよ。
辻垣内さんも強いけど、流石にこの能力は予測出来てなかったですね。
まぁ、これは予想しろというのが無理というものですよ…

とはいえやっぱり一番怖いのは照だよなぁ…
ついに後半戦の照のギアが上がってきたから、
タコスも玄さんもどうなるのか心配ですね。
流石にハコになることはないと思うけど…
はたしてどこまで持ち堪えることができるのか…!?

:: 2018/11/4 日曜日::

■[漫画]おっぱいの大きさと麻雀の強さには相関がないのですよ「咲 -Saki-」18巻

咲 -Saki-18巻咲 -Saki-18巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:小林立
作者サイト:dreamscape
Kindle版:咲-Saki- (18)
Kindle版まとめ買い:咲-Saki-
DMM電子書籍:咲-Saki- (18)

18巻は5位決定戦の続きで副将戦と大将戦が収録されており、
決勝戦の先鋒戦も始まります。
先鋒戦ももちろん盛り上がっているのですが、
5位決定戦も中々に盛り上がっています。

初っ端の巻頭カラーからいきなりリザベーションで、
姫子先輩がドエロいことになって盛り上がりまくりですよ。
もちろんモノクロ本編もエロい!

「咲 -Saki-」は麻雀の駆け引きとかオカルト的な能力の相性とか、
そういった楽しみ方もあるけれど、
単純に可愛い女の子たちのエロ可愛さと百合萌え的な楽しみ方もあると思うのですよ!
どう考えてもパンツ履いてない描写とかね!
シンプルに良いじゃないですか。

あと、おっぱいの大きい子が極端に多くてですね。
貧富の差がとても激しくて、
今回も清水谷竜華さんとかとても大きいわけでして。
彼女は小学生の頃から大きかったみたいですが、
それが麻雀の強さと相関があるかといえばそうでもなさそうというか…
主人公の咲はおっぱいちっちゃいしね…

まぁ、半跏趺坐になってゾーンに入った竜華さんは強かったですけども。

あと、なんか凄みが感じられてエロくもあるというか…
うん… 良い…

そんなエロいとか以外も一応ちゃんと読んでまして、
チーム戦ということで先輩後輩の団結力とか、友情とか、
そういったものは相変わらずすばらなものでしたし、
麻雀的には一本場に持っていく時の駆け引きとか良かったですね。

流石に麻雀のルールは一通り知っているので、
このシーンだけで四風連打の可能性はわかりましたけど、
言われてみれば一本場を警戒するなら一番始めに北を捨てるべきじゃなかったよなぁ。
ここは末原さんのミス、というか油断だったんじゃないかな、と思います。

そして決勝戦の先鋒戦ですが…
中々に豪快な終わり方をしましたよね。
圧倒的じゃないか… タコス…
おっぱい小さいのになぁ…

:: 2017/11/25 土曜日::

■[漫画]白糸台の軌跡「咲 -Saki-」17巻

咲 -Saki-17巻咲 -Saki-17巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:小林立
作者サイト:dreamscape
Kindle版:咲-Saki- (17)
Kindle版まとめ買い:咲-Saki-
DMM電子書籍:咲-Saki- (17)

進む全国大会5~8位決定戦。
しかしそれとは別で、宮永姉妹が廊下ですれ違い、
それぞれの気持ちに何かしらの衝撃を受けていた。
そんな照を見て、弘世菫は照と出会った頃のことを思い出していて…

白糸台って昔からの強豪だと思ってたんですが、
照が入ってきてから一気に花開いたって感じだったんですね。
選手としても優秀だったのかもしれないけれど、
それ以上に照魔鏡の力で選手たちの能力を開花させたコーチ力の方が重要だったのか。
まぁ、一番重要だったのはそんな照を餌付けして勧誘した菫さんなんでしょうけども。

しかし流石に2年以上の付き合いだからか、
照としっかりと絆を作れてるのは流石ですよね。
姉妹がすれ違った時、照は菫に妹と会ったことを話せて、
咲はのどっちに姉と会ったことは話せないあたり、
それぞれの絆の強さの違いが感じられます。

この絆の違いが決勝戦で何かしらの問題を起こすのか、
それともこの絆を強めていくのがこれからのテーマなのか。
色々と気になるわけですが…

まぁ、それらの印象が薄れるくらいにリザベーションが全てを持っていった感があるんですよね…(笑
エロい… エロすぎる…!
実写版大丈夫なんじゃろか、これ…(笑

:: 2017/1/15 日曜日::

■[漫画]シスター・ミーツ・シスター「咲 -Saki-」16巻

咲-Saki-(16) (ヤングガンガンコミックス)
著者/訳者:小林 立
出版社:スクウェア・エニックス( 2016-12-24 )

作者サイト:dreamscape
Kindle版:咲-Saki- (16)
Kindle版まとめ買い:咲-Saki-
DMM電子書籍:咲-Saki- (16)

決勝が始まる前の小休止。
ということで少女たちのあられもない姿だったり、
家庭の事情が垣間見えたりしますが、
その決勝の前にも少しだけ他の戦いがあるんですよね。
それが5~8位決定戦です。

姫松と千里山のような大阪同士だったり、
新道寺や有珠山のような北と南だったり、
面白い面子での戦いは中々面白いですね。
今までの戦いで活躍できなかった子たちが、
意外と善戦してたりと、麻雀の奥深さを感じます。

相手の牌譜を研究するというのもそうでしょうし、
既に一度戦っているというのもあるでしょう。
それに相性だったり色々とあるんでしょうが、
全国に上がってきていることからもただの雑魚ということはないので、
時の運も絡まって面白い戦いになってるのは麻雀らしいと思います。
直接対決はないとはいえ、
決勝での宮永姉妹のことも気掛かりですが、これはこれで楽しみですよね。

それはそうと今回驚いたのはのどっちのお母さんですよ!

でかい…!

予想はしていたけれど、それを上回るデカさ…!
のどっちはやっぱり遺伝だったんだなぁ…

しかしサーファーだったんですね、のどっちママ…
だとすると内陸の長野や東京より沖縄の方が良いよね…
花粉的な意味でも…
私もこの時期は沖縄で過ごしたいです…(←既に鼻と目に来ている

:: 2016/3/26 土曜日::

■[漫画]そして決勝へ…「咲-Saki-」15巻

咲-Saki-(15) (ヤングガンガンコミックス)
著者/訳者:小林 立
出版社:スクウェア・エニックス( 2016-03-25 )

作者サイト:dreamscape
Kindle版:咲-Saki- (15)
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 咲-Saki-

のどっちが繋いで遂に準決勝も大将戦へ…!
ただ、咲も戦く姫松の末原だけでなく、
アイヌのカムイを呼ぶ有珠山の獅子原に、
現在トップの臨海女子のネリーがいて一筋縄ではいきそうになくて…

咲の成長を垣間見ることが出来て嬉しい反面、
ネリーの圧倒的な強さには戦慄しましたね。
そして、何の能力も持たないのに圧倒的な強さを見せる末原にも驚きました。

saki15_01

獅子原のホヤウにより咲とネリーの能力が封じられていたとはいえ、
咲の表情や視線で察して警戒しながら普通に打って普通にあがるとか、
流石に大将を任されるだけありますよ。

能力は相性とかあるんでしょうし、
それによって勝負の行方も変わってくるのでしょう。
そこら辺の細かい考察とかは重度のファンの方々に任せますが、
そこまで詳しくない私にもわかることがあります。
それは…

saki15_02

パウチカムイはエロい。

これは間違いないな…!

:: 2015/7/29 水曜日::

■[漫画]三巨乳と一貧乳の戦い「咲-Saki-」14巻

咲-Saki-(14) (ヤングガンガンコミックス)
著者/訳者:小林 立
出版社:スクウェア・エニックス( 2015-07-25 )
作者サイト:dreamscape

Kindle版:[まとめ買い] 咲-Saki-

Kindle版:咲-Saki- (1)
Kindle版:咲-Saki- (2)

Kindle版:咲-Saki- (13)
Kindle版:咲-Saki- (14)

準決勝副将戦ということでついにのどっちが登場!
でもその前に有珠山高校の面々のエピソードが語られていたんですが、
阿知賀みたいな昔からの仲良しが集まったというよりも、
少しずつ集まっていき、そして一丸となって目標に向かうのは、
ちょっと清澄と似ているような気がします。

そんな有珠山高校が誇る新星のユキちゃんこと真屋由暉子ちゃんが副将として登場!
一人だけの一年生ながら飛びそうな点数の中で頑張ってる姿は、
健気な小動物なようで、ちょっと応援したくなりますね。
それにしても結構小柄なのにのどっちとタメを張れるくらいの巨乳には驚きですよ。

saki14_01

私はエトペンになりたい…

小柄と言いましたが、今回は描き下ろしでキャラクターの一覧表が載ってます。
そこで書かれている限りではユキちゃんの伸長は139cmとのこと…!
おぉ…! タコスの143cmよりも小さいとかマジで小柄だな…!
流石に宮守女子の胡桃ちゃんの130cmや衣ちゃんの127cmには及ばないけれど、
それでも139cmは充分小さいし、その小さなボディにあの巨乳とかロリ巨乳すぎて大正義ですよ。
それでいてちゃんと麻雀も強いしで将来有望すぎる子です。

麻雀ですが、それぞれの能力とかも面白かったけど、
のどっちの成長が見えたのが良かったですね。
彼女たちはまだまだ若いんだからこれからも更に飛躍してくれそうです。
そして最後の大将戦ですが…
咲は苦手意識持ってるみたいだしはたして大丈夫なのか…!
流石に勝ってくれるだろうとは思うのですが、
点差が結構開いているだけに心配であります。

HTML convert time: 0.598 sec. Powered by WordPress