殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2018/11/4 日曜日::

■[漫画]おっぱいの大きさと麻雀の強さには相関がないのですよ「咲 -Saki-」18巻

咲 -Saki-18巻咲 -Saki-18巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:小林立
作者サイト:dreamscape
Kindle版:咲-Saki- (18)
Kindle版まとめ買い:咲-Saki-
DMM電子書籍:咲-Saki- (18)

18巻は5位決定戦の続きで副将戦と大将戦が収録されており、
決勝戦の先鋒戦も始まります。
先鋒戦ももちろん盛り上がっているのですが、
5位決定戦も中々に盛り上がっています。

初っ端の巻頭カラーからいきなりリザベーションで、
姫子先輩がドエロいことになって盛り上がりまくりですよ。
もちろんモノクロ本編もエロい!

「咲 -Saki-」は麻雀の駆け引きとかオカルト的な能力の相性とか、
そういった楽しみ方もあるけれど、
単純に可愛い女の子たちのエロ可愛さと百合萌え的な楽しみ方もあると思うのですよ!
どう考えてもパンツ履いてない描写とかね!
シンプルに良いじゃないですか。

あと、おっぱいの大きい子が極端に多くてですね。
貧富の差がとても激しくて、
今回も清水谷竜華さんとかとても大きいわけでして。
彼女は小学生の頃から大きかったみたいですが、
それが麻雀の強さと相関があるかといえばそうでもなさそうというか…
主人公の咲はおっぱいちっちゃいしね…

まぁ、半跏趺坐になってゾーンに入った竜華さんは強かったですけども。

あと、なんか凄みが感じられてエロくもあるというか…
うん… 良い…

そんなエロいとか以外も一応ちゃんと読んでまして、
チーム戦ということで先輩後輩の団結力とか、友情とか、
そういったものは相変わらずすばらなものでしたし、
麻雀的には一本場に持っていく時の駆け引きとか良かったですね。

流石に麻雀のルールは一通り知っているので、
このシーンだけで四風連打の可能性はわかりましたけど、
言われてみれば一本場を警戒するなら一番始めに北を捨てるべきじゃなかったよなぁ。
ここは末原さんのミス、というか油断だったんじゃないかな、と思います。

そして決勝戦の先鋒戦ですが…
中々に豪快な終わり方をしましたよね。
圧倒的じゃないか… タコス…
おっぱい小さいのになぁ…

:: 2017/11/25 土曜日::

■[漫画]白糸台の軌跡「咲 -Saki-」17巻

咲 -Saki-17巻咲 -Saki-17巻
出版社:スクウェア・エニックス
作者名:小林立
作者サイト:dreamscape
Kindle版:咲-Saki- (17)
Kindle版まとめ買い:咲-Saki-
DMM電子書籍:咲-Saki- (17)

進む全国大会5~8位決定戦。
しかしそれとは別で、宮永姉妹が廊下ですれ違い、
それぞれの気持ちに何かしらの衝撃を受けていた。
そんな照を見て、弘世菫は照と出会った頃のことを思い出していて…

白糸台って昔からの強豪だと思ってたんですが、
照が入ってきてから一気に花開いたって感じだったんですね。
選手としても優秀だったのかもしれないけれど、
それ以上に照魔鏡の力で選手たちの能力を開花させたコーチ力の方が重要だったのか。
まぁ、一番重要だったのはそんな照を餌付けして勧誘した菫さんなんでしょうけども。

しかし流石に2年以上の付き合いだからか、
照としっかりと絆を作れてるのは流石ですよね。
姉妹がすれ違った時、照は菫に妹と会ったことを話せて、
咲はのどっちに姉と会ったことは話せないあたり、
それぞれの絆の強さの違いが感じられます。

この絆の違いが決勝戦で何かしらの問題を起こすのか、
それともこの絆を強めていくのがこれからのテーマなのか。
色々と気になるわけですが…

まぁ、それらの印象が薄れるくらいにリザベーションが全てを持っていった感があるんですよね…(笑
エロい… エロすぎる…!
実写版大丈夫なんじゃろか、これ…(笑

:: 2017/1/15 日曜日::

■[漫画]シスター・ミーツ・シスター「咲 -Saki-」16巻

咲-Saki-(16) (ヤングガンガンコミックス)
著者/訳者:小林 立
出版社:スクウェア・エニックス( 2016-12-24 )

作者サイト:dreamscape
Kindle版:咲-Saki- (16)
Kindle版まとめ買い:咲-Saki-
DMM電子書籍:咲-Saki- (16)

決勝が始まる前の小休止。
ということで少女たちのあられもない姿だったり、
家庭の事情が垣間見えたりしますが、
その決勝の前にも少しだけ他の戦いがあるんですよね。
それが5~8位決定戦です。

姫松と千里山のような大阪同士だったり、
新道寺や有珠山のような北と南だったり、
面白い面子での戦いは中々面白いですね。
今までの戦いで活躍できなかった子たちが、
意外と善戦してたりと、麻雀の奥深さを感じます。

相手の牌譜を研究するというのもそうでしょうし、
既に一度戦っているというのもあるでしょう。
それに相性だったり色々とあるんでしょうが、
全国に上がってきていることからもただの雑魚ということはないので、
時の運も絡まって面白い戦いになってるのは麻雀らしいと思います。
直接対決はないとはいえ、
決勝での宮永姉妹のことも気掛かりですが、これはこれで楽しみですよね。

それはそうと今回驚いたのはのどっちのお母さんですよ!

でかい…!

予想はしていたけれど、それを上回るデカさ…!
のどっちはやっぱり遺伝だったんだなぁ…

しかしサーファーだったんですね、のどっちママ…
だとすると内陸の長野や東京より沖縄の方が良いよね…
花粉的な意味でも…
私もこの時期は沖縄で過ごしたいです…(←既に鼻と目に来ている

:: 2016/3/26 土曜日::

■[漫画]そして決勝へ…「咲-Saki-」15巻

咲-Saki-(15) (ヤングガンガンコミックス)
著者/訳者:小林 立
出版社:スクウェア・エニックス( 2016-03-25 )

作者サイト:dreamscape
Kindle版:咲-Saki- (15)
Kindle版まとめ買い:[まとめ買い] 咲-Saki-

のどっちが繋いで遂に準決勝も大将戦へ…!
ただ、咲も戦く姫松の末原だけでなく、
アイヌのカムイを呼ぶ有珠山の獅子原に、
現在トップの臨海女子のネリーがいて一筋縄ではいきそうになくて…

咲の成長を垣間見ることが出来て嬉しい反面、
ネリーの圧倒的な強さには戦慄しましたね。
そして、何の能力も持たないのに圧倒的な強さを見せる末原にも驚きました。

saki15_01

獅子原のホヤウにより咲とネリーの能力が封じられていたとはいえ、
咲の表情や視線で察して警戒しながら普通に打って普通にあがるとか、
流石に大将を任されるだけありますよ。

能力は相性とかあるんでしょうし、
それによって勝負の行方も変わってくるのでしょう。
そこら辺の細かい考察とかは重度のファンの方々に任せますが、
そこまで詳しくない私にもわかることがあります。
それは…

saki15_02

パウチカムイはエロい。

これは間違いないな…!

:: 2015/7/29 水曜日::

■[漫画]三巨乳と一貧乳の戦い「咲-Saki-」14巻

咲-Saki-(14) (ヤングガンガンコミックス)
著者/訳者:小林 立
出版社:スクウェア・エニックス( 2015-07-25 )
作者サイト:dreamscape

Kindle版:[まとめ買い] 咲-Saki-

Kindle版:咲-Saki- (1)
Kindle版:咲-Saki- (2)

Kindle版:咲-Saki- (13)
Kindle版:咲-Saki- (14)

準決勝副将戦ということでついにのどっちが登場!
でもその前に有珠山高校の面々のエピソードが語られていたんですが、
阿知賀みたいな昔からの仲良しが集まったというよりも、
少しずつ集まっていき、そして一丸となって目標に向かうのは、
ちょっと清澄と似ているような気がします。

そんな有珠山高校が誇る新星のユキちゃんこと真屋由暉子ちゃんが副将として登場!
一人だけの一年生ながら飛びそうな点数の中で頑張ってる姿は、
健気な小動物なようで、ちょっと応援したくなりますね。
それにしても結構小柄なのにのどっちとタメを張れるくらいの巨乳には驚きですよ。

saki14_01

私はエトペンになりたい…

小柄と言いましたが、今回は描き下ろしでキャラクターの一覧表が載ってます。
そこで書かれている限りではユキちゃんの伸長は139cmとのこと…!
おぉ…! タコスの143cmよりも小さいとかマジで小柄だな…!
流石に宮守女子の胡桃ちゃんの130cmや衣ちゃんの127cmには及ばないけれど、
それでも139cmは充分小さいし、その小さなボディにあの巨乳とかロリ巨乳すぎて大正義ですよ。
それでいてちゃんと麻雀も強いしで将来有望すぎる子です。

麻雀ですが、それぞれの能力とかも面白かったけど、
のどっちの成長が見えたのが良かったですね。
彼女たちはまだまだ若いんだからこれからも更に飛躍してくれそうです。
そして最後の大将戦ですが…
咲は苦手意識持ってるみたいだしはたして大丈夫なのか…!
流石に勝ってくれるだろうとは思うのですが、
点差が結構開いているだけに心配であります。

:: 2014/10/2 木曜日::

■[漫画]夏の高校生「咲-Saki-」13巻

咲-Saki-(13) (ヤングガンガンコミックス)
著者/訳者:小林 立
出版社:スクウェア・エニックス( 2014-09-25 )
作者サイト:dreamscape

Kindle版:咲-Saki- (1)
Kindle版:咲-Saki- (2)
Kindle版:咲-Saki- (3)

Kindle版:咲-Saki- (11)
Kindle版:咲-Saki- (12)
Kindle版:咲-Saki- (13)

季節は夏!
現実は秋ですが作中は夏真っ盛り!
という訳で巻頭はカラーで水着だー!

鹿児島の永水と岩手の宮守の水着姿が!
いやー、良いですねー、眼福ですねー
姉帯さんとか下乳見えちゃってますよー
胡桃ちゃんのアングルだと下乳が迫ってくるように見えるのでは…

胡桃ちゃんと言えば、姫松の愛宕姉を対局中に注意してましたが、
また愛宕姉は注意されてましたね。(笑
しかも今回は年下キャラに。
これも一つの芸風なんでしょうか。

今回は中堅戦が丸々収録されてましたが、
竹井部長がきちんと活躍できたのが良かったですね。
特に回想シーンで見開きで美穂子さんが出てくるとはなぁ。
しかも呼び方が「久」というのが…!

次は副将戦だけど、その前に宮永姉妹の話になるのかしら。
今の二人の関係ないになった秘密は一体なんなのか…
私、気になります!

:: 2014/1/3 金曜日::

■[漫画]全国編準決勝開始!「咲-Saki-」12巻 Kindle版

割りと有名かと思いますが「咲-Saki-」は毎度凄い数の店舗特典があるので、
重度のファンは毎回十数冊を買うという狂気的な所業を繰り広げているのですが、
特典付きショップが近くになり地方住民にとっては怨嗟が募るだけだったりします。
という訳でそんなことに悩まされるのもバカらしくなったので、
今回からKindle版で集めることにしました。
スクエニ作品だから紙の発売日とほぼ同時に買えますしね!

ちなみにKindle版で一番心配だった表紙カバーしたの漫画ですが、
これに関しては問題なく読めますね。
表紙カバーの折り返しの部分が読めないのがちょっぴり残念ですが。

本編ですが、準決勝の先鋒戦が始まりタコスが活躍するかと思いきや、
相変わらずのフラグを立ててくれまして…

saki12_01

何だろう、この池田に通じる何かは…
まぁ、今回は相手が個人戦全国3位である臨海女子の辻垣内ですからね!
一見地味だけど切れ味が鋭い日本刀のような女子生徒!
姫松の漫ちゃんが絶好調なのを察したら他校の女子の手助けをして、
漫ちゃんの手を挫くとか立ってるステージが違うというか。
もう何て言うか風格がありすぎる。
これが全国3位かー

まぁ、タコスも決勝を見据えて部長の言いつけを守ったが故の苦戦ですからね。
これからにも充分期待させてくれますし、
何より最後には咲やのどっちが待ってるからまだまだ大丈夫だよ!

それにしてもまこはまた面倒な相手と組まされたなぁ…
中国麻雀とかルールもかなり特殊と聞くし、それをメインとしている相手とか、
確かにやりにくいに違いないですよ。
しかしそうなると、部長以降の選手もかなり特殊っぽいけど…
そう考えると不安を覚えるけど、それでも期待が出来るくらいに、
咲やのどっちの実力を信頼している私が居ます。

刊行ペースが遅いのだけが本作のネックですが、次の13巻も楽しみにしたいと思います。
そして何よりアニメがもうすぐ放映開始ですしね!
どちらも楽しみたいものであります。

:: 2013/4/25 木曜日::

■[漫画]運命の再会と宿命の準決勝へ「咲-Saki-」11巻

咲-Saki-(11) (ヤングガンガンコミックス)
著者/訳者:小林 立
出版社:スクウェア・エニックス( 2013-04-25 )
コミック ( ページ )
作者サイト:dreamscape

取材先での怪我で単行本の発売が一ヶ月延びて今月発売になりましたが、
「咲-saki-」の11巻が今度こそ発売ですよ!
また、現在本編でやっているこの全国編がTVアニメ化ということで、
ファン的にもまだまだ盛り上がるってなもんですね!

そしてこの11巻では全国編のインターハイ2回戦の大将戦が遂に決着…!
ってまだ2回戦なんですよね、ええ…
果たしてこのペースだとTVアニメにはいつ頃追いつかれるのか戦々恐々ですね!
まぁ、じっくりやっても充分に濃い面白さがあるのは確かなんですけどね!

というかキャラの一人一人が本当に濃い上に魅力的なんですよ。
2回戦敗退となった宮守女子の姉帯さんとか超存在感ありましたしね!
いや、身長的な意味だけではなくて!
ちなみに宮守女子で一番好きなキャラは鹿倉胡桃ちゃんです。
小っちゃいのに毒舌家なトコとか超萌えましたし!

そして後半ではスピンオフの阿知賀編とクロスオーバーな展開が!
両方読んでると面白さが倍増どころか二乗されて最高にハイってなもんですね!
そして決勝戦に対する期待もうなぎ登りってなもんですよ。
まぁ、清澄は今からやっと準決勝なんですけども…

ちなみに和がインタビューされてる所ですがコメディとして普通に笑えますよね。
個人的に一番の見所は憧ちゃんだと思います!
劇的ビフォーアフターなのはそうなんだけど、
アフターで連想した憧のビジュアルが何というかJKらしいエロさがあるというか…
うん、やはり憧はエロ同人要員だなぁ…(ぉ

11巻でも相変わらず素晴らしく面白かったので、
怪我をしないように今後とも頑張っていただきたいものであります。

:: 2012/6/26 火曜日::

■[漫画]永水は貧乳のち爆乳でしょう「咲 -Saki-」10巻

咲-Saki-(10) (ヤングガンガンコミックス)
著者/訳者:小林 立
出版社:スクウェア・エニックス( 2012-06-25 )
コミック ( ページ )
作者サイト:dreamscape

相変わらずの麻雀漫画と異能バトル漫画の中間を遊覧飛行する展開ですが、
そこが面白いし、何よりキャラが萌えるのであります。
それに人間ドラマもありますしね!

のどっちが覚醒した場面から始まり、デジタル打ちと異能のぶつかり合いかと思いきや、
永水の鬼門使いの薄墨さんと、宮守女子の相手の手を塞ぐ塞ちゃんと、
清澄ののどっちと、ただ姉に憧れて麻雀を腕を上げただけの姫松の愛宕妹と、
能力持ちとそうでない人という変則的な組み合わせなものに。

結果として見ると薄墨にとって塞は非常に相性が悪く、
また、異能的なものがないからといって麻雀がボロ負けするということもなく、
愛宕妹とのどっちもちょっと前進という意外な展開に。
何というか、面子の相性が重要ですよね「咲 -saki-」では。

そして異能バトルとして更に輪をかけて凄くなるのが咲が出陣する大将戦。
サクっと咲が嶺上開花するだけでなく、
宮守の姉帯が追っかけリーチで一発で和了る上に裸単騎で和了る能力まで発現させ、
更には永水の石戸霞が能力を開放して…
いやー、一人だけ凡人の姫松の末原先輩が可哀想になってきますね…

しかし石戸といい、薄墨といい永水は濃い、もといエロいキャラばかりですね。
というか薄墨はもうはいてないと見られてもおかしくないですよね、アレ。
トーンでスジを作ってる職人芸が凄いと思います!(笑

:: 2012/3/24 土曜日::

■[漫画]竹井久のスーパーツモ!「咲 Saki」9巻

咲Saki(9) (ヤングガンガンコミックス)
著者/訳者:小林 立
出版社:スクウェア・エニックス( 2012-03-24 )
コミック ( ページ )
作者サイト:dreamscape

阿知賀編のアニメ放映が来月に迫ってきましたが本家の「咲 Saki」は全国大会真っ最中。
先ずは序盤戦のタコスが好調に進むかに見えたけど優勝候補にも数えられる永水の神代さんが、
何やら覚醒したっぽくて…?
というのが8巻の展開ですが、この9巻までは副将戦が始まるまでが収録されています。
そんな訳でのどっち好きと咲好きの人は今しばらく我慢が必要ですね。

でも今回一番見せ場を攫ったのはやっぱり竹井部長ですねー
色々と重い物を背負っていると思い込んでプレッシャーで思うように打てないという、
あの竹井部長でも緊張があるんだと、人間らしさを感じて親近感が湧きましたけど、
そこからの挽回はゾクゾクさせるものがありましたよ。
やっぱり麻雀って楽しいよね!
まぁ、あのツモのやり方はマナー的にどうかと思いますが。(笑

しかし対戦相手のキャラも誰一人取っても濃いというか立ちまくりですよね。
そこが「咲 Saki」という作品の面白さの一つなんですが。
特に姫松の愛宕姉の調子のノリっぷりと、それを容赦なくツッコミを入れる宮守の鹿倉さんが良い!
ちっこいのに強気で注意するとか何かやたら可愛いと思いませんか!
宮守と言えばまこ先輩に見せ場を潰されちゃったエイスリンちゃんも可愛かったし…
もうみんな可愛すぎですよ!

ちなみに巻末にはのどっちが中学時代にタコスに出会った頃の話が描かれてますが、
のどっちってばこの頃から胸が育ってたんだね…
そしてタコスは全然成長してないんだね…
大丈夫! そういうのが好きな人もいるし!
ドンマイ!

HTML convert time: 0.889 sec. Powered by WordPress