ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2014/2/18 火曜日::

■[漫画]青春のセントラルドグマ「ゴールデンタイム」5巻

ゴールデンタイム (5) (電撃コミックス)
著者/訳者:梅ちゃづけ
出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス( 2014-01-27 )
コミック ( 178 ページ )
作者サイト:YUuEMUIi

コミカライズを読み始めて一番印象が変わったキャラが誰かと言えば、
私の答えとしてはリンダに決まっています。
それくらいリンダの印象、というか思い入れが深くなりました。
正直、香子エンドよりもリンダエンドが見たくなるくらいに。

4巻ではリンダに記憶喪失前の万里と知り合いだったことを指摘…
というよりも糾弾したことで気まずくなった二人を、
この5巻では万里のお隣さんであるナナ先輩が取り持つことになったんだけど…
この時のリンダを見てると切ないんだ、ホント。

「恋愛感情はお互いになかったの」と言った時の瞳といい、
万里に対する想いが溢れに溢れまくっているんですよね。
原作の行間からの想像を見事に落とし込んでいると思います。
それに後ろ姿で「好きなら離れたらだめだよ 絶対に」と語るシーン。

goldentime_comic05_01

これはバカだった自分が犯した過ちをしてほしくないという思いと、
自分のエゴをさらけ出したくない、という相反する思いを見せたくないんじゃないかと、
色々と想起させる、絶妙なシーンだと思うんですよね。
他にも万里が記憶を失う前の高校時代、
雨の中号泣しながら謝まるリンダも切なさと愛おしさがこみ上げてくるんだよなぁ…

もちろん香子も可愛いんですけどね、うん。
コンドームを見て真っ赤になった香子なんかは特に可愛いです。
あんなにイケイケなのに性的なことに初心なトコは可愛いとしか言えないじゃないですか。
他にも雨の中涙を流す香子とか、原作では読み取ることしか出来ない表情を、
見事なまでに表現していて素晴らしいんですよね。

とはいえ、やはり少なくとも5巻に関してはリンダに軍配が上がるかなぁ…
いや、香子も可愛いんだけどね!
リンダはもうちょっと報われても良いと思うんだよね。
まぁ、光央では役者不足だと思うのでどうなるのか判らないのですが。
うーん、何とかならんですかいのぅ…

:: 2013/7/27 土曜日::

■[漫画]その時彼女の表情は…「ゴールデンタイム」4巻

ゴールデンタイム (4) (電撃コミックス)
著者/訳者:梅ちゃづけ
出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-07-27 )
コミック ( 161 ページ )
作者サイト:YUuEMUIi

竹宮ゆゆこ作品コミカライズのもう一つ「ゴールデンタイム」の4巻!
原作2巻の終盤まで描ききっているので結構ペースは早めですが、
ある意味コミカライズはこれくらいが普通な気がします。

コミカライズ化されて何が嬉しいかって、
そのシチュ毎のキャラの表情が判ることだと思うんですよ。
原作はそれぞれの人称で書かれている訳じゃないので、
誰がどう思っているかは原作で提示された文字から読み取るしかなく、
その時、誰がどう思って、どんな表情をしていたかは想像するしかないんですよね。
それは読者の一人ひとりが想像したのがある意味正答だとは思うのですが、
作画の人が別解を見せてくれるのが楽しみでもあるのです。

何が言いたいのかというと、原作2巻のラストのあのシーンでリンダがどんな表情を見せたのか!
万里に知られてしまった絶望と、万里がもしかして思い出したのかという希望、
誤解されたくない、知って欲しい、やり直したい、気付いて欲しい、
そんな色んな感情の奔流の先にあるリンダの表情がどんなものだったかという、
それを今までずっと考えていたので、このコミカライズでその一つの解を知ることが出来て、
それだけでかなり満足してしまった私がいます。(笑

それと今秋からTVアニメ化されるのでそちらでの演出も楽しみですね。
とはいえどこまで映像化されるんだろうか…
流石にとらドラ!の時みたいに原作と同時終了とかはないだろうけど…
うーむ、気になるとこです…

:: 2013/3/27 水曜日::

■[漫画]キャンパスは天気晴朗なれど波高し「ゴールデンタイム」3巻

ゴールデンタイム 3 (電撃コミックス)
著者/訳者:竹宮 ゆゆこ
出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-03-27 )
コミック ( ページ )
作者サイト:YUuEMUIi
作者twitter:梅ちゃづけ (YUuEMUIi)さんはTwitterを使っています

ゴールデンタイムのコミカライズ3冊目は原作で言うところの2巻に入った所ですね。
かつては記憶し、今では万里が失ってしまった高校時代のリンダとの思い出。

あの時たった一晩待ってもらったがタメに万里という人格を失ってしまったリンダが、
全てを忘れた万里と接する態度は平気なように今までは見えてましたが…、
おまけんでTシャツの件で万里に記憶が戻ったのかと勘違いして、
一瞬で泣きそうな顔になったのを見た時には、
今まで表に出してこなかったリンダの苦悩が感じられて、
一気に切なさが湧き出てきて胸に来ましたね。
やはり、こういったビジュアルで訴えかけてくるのは漫画ならではだよなぁ。

しかし原作の時も思ったけど履修計画とか中国語の四声とか懐かしいなぁ…
毎日私服だからこそ如実に感じられる香子のお洒落っぷりやら、
飲み会に誘ったり誘われたりだとかは大学生らしい日常だと感じますよ。
しかもスタバでダベるとか多少以上にお金を持ってる系の大学生活ですよ!
くそぅ、私にはこんなキャンパスライフなかったぞ… ファンタジーだよこんなの…

千変万化する香子の表情もそうですけど、
個人的にはリンダの表情の変化がこの3巻でググっと来たので、
原作2巻の終盤にして、コミカライズでは4巻の終盤になるだろうあのイベントで、
リンダがどんな表情をしてくれるのか気になって仕方が無いです。
電撃大王本誌ではまだそこまで進んでないので今から楽しみですよー

それとゴールデンタイムですけどアニメ化ですってね!
原作のどこまでやるのか知りませんけど、そこも含めて楽しみにしたいと思います。

:: 2012/10/6 土曜日::

■[漫画]加賀香子の玉砕「ゴールデンタイム」2巻

ゴールデンタイム 2 (電撃コミックス)
著者/訳者:竹宮 ゆゆこ
出版社:アスキー・メディアワークス( 2012-09-27 )
コミック ( 190 ページ )
作者サイト:YUuEMUIi

新興宗教の合宿から逃げて学生生活の日常に戻ってきた万里と加賀さんだけど、
光央に対する加賀さんのスタンスは相変わらずなんだけど、
当の光央本人は既にサークルで好きな子を見付けており、
その相手である岡ちゃんと仲が良い日々を送っていて…

竹宮ゆゆこ原作の大学生青春グラフィティのコミカライズ2冊目!
表紙のラブリー超音波な岡千波が目印!
それはそうと岡ちゃんはこの表紙のラブリーさも良いけど、
アラレちゃん眼鏡でそれっぽい格好も似合ってると思います!
こういった格好をじっくり拝めるのはコミカライズの利点の一つだよなぁ。
利点といえば加賀さんのC3POな踊りも大変よく分かると言いましょうか。(笑
それに汗かきまくりな所も如実に分かりますなぁ。

今回は加賀さんがイケイケGOGO!→そして玉砕という流れでしたが、
何でも自分の思い通りに行かない、ということを大学生にしてやっと実感出来て、
そこから一歩前進しようとしているのは、これもまた青春だな、と。
自分がショック受けている時でも記憶喪失な万里のことを思いやれるとか、
根っこの所は人間出来てるし、まだまだ大丈夫だよね!

そして記憶喪失の万里を肯定してくれる加賀さんに思わず告白してしまうとか、
格好を付けることが出来ない所もまた青春だよなぁ…
万里の家から帰宅の途につく加賀さんがパーカーを握って赤面とかもまた青春ですよ…

そんな青春する万里と加賀さんの二人だけど、万里が逃げた実家で見付けたのは、
高校時代の万里とリンダ先輩の仲が良いメモリー
ここからがゴールデンタイムの真骨頂なだけあって見逃せないですよ…!
次巻も楽しみであります!

:: 2012/3/28 水曜日::

■[漫画]キャンパスライフはリア充の香り「ゴールデンタイム」1巻

ゴールデンタイム 1 (電撃コミックス)
著者/訳者:竹宮 ゆゆこ
出版社:アスキー・メディアワークス( 2012-03-27 )
コミック ( ページ )
作者サイト:YUuEMUIi

ご存知、「とらドラ!」で有名な竹宮ゆゆこさんの、新作ラノベ「ゴールデンタイム」のコミカライズ第1巻です。
今度は舞台が大学ということでキャンパスライフなリア充ラブ模様が描かれる訳なんですが、
ヒロインが斬新というか残念で、それが漫画らしくビシバシ描かれています。

原作のラノベが主人公である多田万里の一人称がメインであり、
更に所謂ゆゆこ節的な文体が売りの一つなのでそれを漫画で表現するのは至難の技。
そこをキャラクターの表情や動きなどで表現するのはお見事。
光央が香子の物真似する所なんて最高にキモかったですしね!(笑

1巻のストーリーは原作で新興宗教の勧誘から逃れてリンダに見付けて貰う所まで。
まぁ、大学の新歓で怪しい宗教に誘われるというのは割りとありがちなだけに、
身に覚えがある人も少なからずいるのではないでしょうか。
ちなみに私の知人(典型的オタ)はある日から急にハマっててかなりビビりました。
大学と新興宗教は切っても切れないのですよ…
いや、マジで。

まだ一巻ということでヒロインの香子の厄介な残念っぷりと、
それでもハマりつつある多田万里の顔見せで終わっていますが、
「とらドラ!」がそうであったようにこれから更にドンドン面白くなっていくので、
引き続き先を楽しみに読んでいきたいですね。

HTML convert time: 5.303 sec. Powered by WordPress