殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2017/10/10 火曜日::

■[ラノベ]完結!「最新のゲームは凄すぎだろ」6巻

最新のゲームは凄すぎだろ6巻最新のゲームは凄すぎだろ6巻
出版社:主婦の友社
作者名:浮世草子
作者サイト:うきせくさこ
絵師名:植田亮
絵師サイト:FancyFantasia
絵師twitter:植田亮 (@ueda_ryo) on Twitter
Web版:最新のゲームは凄すぎだろ

勘違いモノのコメディとして始まった本作ですが、
最後は冒険&ラブロマンスとして綺麗に終わりましたね。

ケイオスへの魔物たちの奸計を辛くもくぐり抜け、
今度は逆に魔物たちの本拠地に攻め込むことにした人間たちの連合軍。
命懸けで持ち帰った斥候の情報を元にケイオスたちを含めた精鋭軍が、
本拠地に攻め込むんだけど…

勘違いコメディとしての面白さはなくなったと思ってたけど、
ケイオスの天然さは相変わらずで、それ由来の面白さは残ってましたね。
魔物の軍勢を倒すためだからとはいえ、極大魔法を連発して呆然とさせるだなんて、
ケイオスってばもう少し周りからどう見られるかを意識すべきだと思うの。
まぁ、それができないからこそリアルでぼっちだったんだろうけど…

物語としてはケイオスがアナザーワールドに来られた理由は最後まで不明でしたが、
何故ゲームそっくりの世界が存在したのかとか、
何故ゲームの能力が使えたのかとか色々と最後に明かされて面白かったです。
Web版には居なかったテミスがこんなに重要な立ち位置になるとは…
これは予想できなかったなぁ。

そしてケイオスとアレクシア様との恋物語は…
中盤ではケイオスなりに考えた末の結論とはいえ、
胸をかきむしりたくなるような結果でヤキモキしたし、
Web版では初期に悲恋に終わると語られていたので覚悟してましたが、
予想よりもいい形で終わったのは嬉しかったですね。
これはこれで有りだと思いますよ。

全6巻と比較的短く終わりましたが、
綺麗に終わったし気軽に楽しめる内容だし、良い作品だと思います。
面白かったです。

:: 2016/8/6 土曜日::

■[ラノベ]疑われた英雄「最新のゲームは凄すぎだろ」5巻

最新のゲームは凄すぎだろ 5 (ヒーロー文庫)
著者/訳者:浮世 草子
出版社:主婦の友社( 2016-07-30 )

連載サイト:最新のゲームは凄すぎだろ
作者サイト:うきせくさこ
絵師サイト:FancyFantasia
絵師twitter:植田亮 (ueda_ryo)さんはTwitterを使っています

ゲームの世界ではなく、ゲームに限りなく近い設定の異世界であると認めたケイオスが、
そこで知り合い、そこで生きている人々を助けるために竜のヴイーヴルと盟約を結び、
マウンテンゴーレムといった強大な魔物すらも退けることに。
ただ、結果として魔族たちの思惑だけでなく、
人間の大国3つの政治的な思惑も交じり合い複雑なことになっている上に、
更にどうやら教会がケイオスがとある秘術を巡って何やら探りを入れてきており…

勘違いモノから始まった英雄譚ですが、勘違いがとけても面白いです。
Web版とは違ってケイオスがリアルでもぼっちであるという設定があるため、
現実世界での学校や親との描写も加わっているんですが、
それが異世界での出来事とリンクして面白さを倍加させているんですよね。
これは書籍化されたことで面白くなる好例だと思います。

お菓子作りでロズリーヌやアレクシア、それにヴイーヴルを楽しませるとか、
小説家になろうでは定番のイベントですが、ケイオスの気遣いが多少の勘違いありつつも、
きちんとロズリーヌに伝わっているのが喜ばしかったですし、
サポートAIのテミスがケイオスの冤罪を晴らすために、
文字通り体当たりの全力で頑張る姿は胸が熱くなりましたよ。

そういった書籍版ならではの要素が面白かったのはもちろんですが、
その下地となる設定と展開の妙も素晴らしかったです。
今回は最後の方でこの世界の秘密の一端が明らかになりましたが、
それが今後物語にどのように影響してくるのか今から楽しみです。
このままエタらずスローペースでも良いから続いていって欲しいですね。

:: 2015/8/6 木曜日::

■[ラノベ]歩み出す英雄「最新のゲームは凄すぎだろ」4巻

最新のゲームは凄すぎだろ 4 (ヒーロー文庫)
著者/訳者:浮世 草子
出版社:主婦の友社( 2015-07-29 )

連載サイト:最新のゲームは凄すぎだろ
作者サイト:うきせくさこ
絵師サイト:FancyFantasia
絵師twitter:植田亮 (ueda_ryo)さんはTwitterを使っています

ついにVRMMORPG「アナザーワールド」ではなく異世界だと気付いたケイオス。
そのショックも冷めやらぬうちに知り合った人たちのために立ち上がり、
無事に吸血鬼が暗躍したことによって起こった戦争も回避することができたんだけど、
今度は英雄として注目を浴びることになってしまい…

4巻では今まで不幸だったのを取り戻すかのように、
アレクシア様が幸せを満喫していたように思えます。
とはいえ、お茶会に参加していたリーアムたちにはバレバレだったのに、
ケイオスだけは鈍感すぎてアレクシア様の恋心に気付かないとか、
多少成長したとはいえケイオスのぼっちっぷり健在だったがために、
まだまだ報われないのはちょっと可哀想でした。(笑

相変わらずケイオスが異世界に来る原因はわからないけれど、
それでもアレクシア様たちのために異世界に来続けるケイオスは律儀というか。
それによって敵側の思惑が外れまくって、
図らずも英雄としての知名度がうなぎ登りなあたりは、
ケイオスらしいというか何というか。
まさかドラゴンまで味方につけてしまうとは思わなかったですよ。

それにしても怪しいと思ったオリバーさんが、
あんな理由で二次職に転職していたとはなぁ…(笑
まぁ、攻略wikiとかない状況での偶然の産物では、
情報が体系化されるはずもないから広まらないのは当然なのかな。

ケイオスの活躍で少しずつ希望の兆しが見えてきたけれど、
未だに吸血鬼たちの主が何者なのかわからないし、
ケイオスが転移する理由もわからないままなので今後も楽しみですね。
しかしその前にケイオスが今後もゲームを続けられるのか…
それが一番の課題なのかもしれない…(笑

:: 2015/1/9 金曜日::

■[ラノベ]想い合いながらもすれ違う師弟の対決「最新のゲームは凄すぎだろ」3巻

最新のゲームは凄すぎだろ 3 (ヒーロー文庫)
著者/訳者:浮世 草子
出版社:主婦の友社( 2014-12-27 )

連載サイト:最新のゲームは凄すぎだろ
作者サイト:うきせくさこ
絵師サイト:FancyFantasia
絵師twitter:植田亮 (ueda_ryo)さんはTwitterを使っています

ぼっち主人公のコミュ障のせいで巻き起こるVRMMORPGと異世界転移の勘違いコメディの第3巻。
しかしその勘違いコメディはこの3巻でほぼ終わったとみて良いでしょう。
幾らゲーム内に酷似した世界だろうと、僅かなほころびは幾つかあるもので、
今回はそのほころびが残酷なまでにケイオスの目の前で露呈してしまうのですから…

今回は正式サービス開始に伴い、以前アレクシア様に告げたようにコミューン連合王国に来たケイオス。
馬車を含めてガチャで手に入れたアイテムはあれどもレベルは1からまた始めないといけないし、
何よりコミューンは公式サイトで告知されていた大規模イベントと思われる戒厳令が敷かれており、
吸血鬼が蔓延る都市からまずは離れることからしないといかず、
しかも吸血鬼に追われている王女ロズリーヌと出会ったことでまたもやケイオスの運命は流転していき…

勘違いコメディとしての面白さが薄れたとは言えこの作品の面白さは損なわれません。
むしろ、勘違いコメディという要素がこの作品の面白さの一つであったことに気付かされます。
前半は勘違いコメディなんだけど、後半からは勘違いトラジディと言えますが、
そこからケイオスが立ち上がって最後にはギリギリの所で踏み留まることが出来たので、
ケイオスの成長物語としても読むことが出来ると思います。

というか相変わらずアレクシア様が可愛いんですよ。
ケイオスが自分よりも先にロズリーヌに駆け寄った事に胸中が複雑になる所とか、
ケイオスが吸血鬼の眷属になってしまったと勘違いした時の憤怒とか、
ケイオスが本物だと確信した時のデレ具合とか、もうね!
うん、アレクシア様は本当に可愛い。

しかし、これでケイオスもはっきりと「アナザーワールド」がゲームと酷似した異世界であると気付いた訳ですが、
ヴァイクセル帝国の皇帝や敵の幹部っぽい奴の思惑もあるしこれからも大変だと思います。
それでも今回しっかりと立ち上がることが出来たケイオスなら何とかしてくれるのでは、と期待しちゃいますね。
ワールドクラスのぼっちでも、頑張る時には頑張ってくれるに違いない…!

:: 2014/4/28 月曜日::

■[ラノベ]才無し聖女の悲恋「最新のゲームは凄すぎだろ」2巻

最新のゲームは凄すぎだろ 2 (ヒーロー文庫)
著者/訳者:浮世 草子
出版社:主婦の友社( 2014-04-28 )
文庫 ( 312 ページ )
連載サイト:最新のゲームは凄すぎだろ
作者サイト:うきせくさこ
絵師サイト:FancyFantasia
絵師twitter:植田亮 (ueda_ryo)さんはTwitterを使っています

ぼっち主人公のコミュ障のせいで巻き起こるVRMMORPGと異世界転移の勘違いコメディの第2巻。
1巻では主人公ケイオスが周りに英雄と勘違いされることによる喜劇がメインでしたが、
2巻では勘違いという主軸はそのままに、更なる面白さを見せてくれます。
それが、アレクシアお嬢様の悲恋というドラマなのです。

魔法偏重のヴァイクセル帝国で魔導師の名門貴族として有名なザヴァリッシュ家。
その令嬢として生まれながら魔法の才がなくて家族に見捨てられ、
侍女のイレーヌしか味方がいない中で人一倍の努力を積み重ねてきたアレクシアお嬢様。
彼女がケイオスと出会い、ケイオスがもたらすゲーム知識とそこから示唆された彼女の成長方法から、
アレクシアの才能が開花していき、そして恋の花も徐々に開いていくことに。
しかし、そこには身分の差という壁だけでなく更なる問題が立ちはだかり…

もうね、アレクシア様が不憫でならない!
Web連載で読んでた時も切なかったけど、
書籍化で挿し絵が付いたからこそのラストの悲劇さったらないですよ!
なんでや! アレクシア様何も悪くないやん! ただ頑張ってきただけやん!
もっと報われたってええやんか…!(つД`)
でも、そういったもどかしさがこの作品の魅力なんだよなぁ…!

序盤から中盤までが1巻から引き続いての勘違いコメディな上に、
少しずつアレクシア様がケイオスへの想いが尊敬から思慕に変わっていくのが見て取れて…
これがねぇ…、本当に良いんだ…!
ラストの絶望的な防衛戦という極限状態で恋心を自覚してからの流れは、
彼女の気高い想いがビシビシと伝わってくるんですよね!
だからこそ、横暴な彼女の父親の所業には憤慨しますし、
何よりアレクシア様に心底同情してしまいます。

Web連載の頃は彼女の恋が悲恋になることがことある毎に示唆されてましたが、
書籍化の際にそこら辺はごっそり削られたみたいですね。
でも、他の部分が色々と加筆されてたり補強されていたりと、
全体的に良い改稿だったのでWeb版読んでても充分面白いです。

しかし久しぶりの発行でしたが問題はストックがもうないということですね。
序章分くらいしかないからなぁ…
早く続きが読みたいんだけど、どうなるんでしょうね、これ。
Web版、書籍版どちらが先でも良いんで早く読ませてください! お願いします!

:: 2013/10/8 火曜日::

■[ラノベ]勘違いされて英雄伝「最新のゲームは凄すぎだろ」1巻

最新のゲームは凄すぎだろ 1 (ヒーロー文庫)
著者/訳者:浮世草子
出版社:主婦の友社( 2013-09-30 )
文庫 ( 312 ページ )
連載サイト:最新のゲームは凄すぎだろ
作者サイト:うきせくさこ
絵師サイト:FancyFantasia
絵師twitter:植田亮 (ueda_ryo)さんはTwitterを使っています

ヒーロー文庫の新シリーズ!
ということでご多分に漏れずこの作品も元々小説家になろうの連載作品です。
確かケータイで執筆されていたはずなので、ある意味ケータイ小説と言えるのかも知れません。

ぼっち主人公がクラスメイトと話題を共有したいがために、
世界初のVRMMORPG「Another World」のβテスターに応募したらクラスでぼっち当選。
それでもめげずにケイオスというキャラを作り魔術師として冒険し、
時にはコミュ障を治すためにNPCに話しかけたり、
時にはパーティーに誘われてドキドキしながらプレイしてみたりと色々頑張っているんだけど、
そのコミュ障なことからケイオスは気付いていないのであった。
実はそこがゲームの世界ではなく、紛れも無く異世界であることに…

本人はゲームをしているだけのつもりなんだけど、
ログインした先が実はゲームと酷似している異世界で、
ゲームの能力と攻略wikiの知識のお陰で異世界で徐々に注目されていく過程が面白い。(笑
ケイオス本人は至って真面目にゲームをしているだけなのに、
今までぼっちだったが故のコミュニケーション不足によって、
周りが勘違いしてどんどん英雄視していくのが面白いんですよね、これが。(笑

web版では元々クラスでぼっち属性という訳じゃなかったんですけど、
書籍化に伴いリアルでもぼっちという情報が追加されたお陰でより深みが増してますね。
追加キャラのサポートAIキャラもビジュアル含めて良い仕事してますし、
プロローグ含めて全体的に良い加筆修正だと思いますので、
web版を読んでる人も充分楽しめると思います。

ちなみにこの1巻でも充分面白いですが、
個人的にはアレクシア様が登場する2巻からが本番だと思っていますので、
是非とも2巻も読んで欲しい所であります。
アレクシア様可愛いよアレクシア様。

HTML convert time: 0.990 sec. Powered by WordPress