僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!
:: 2020/1/22 水曜日::

■[漫画]約束の記憶「ラジエーションハウス」9巻

ラジエーションハウス9巻ラジエーションハウス9巻
出版社:集英社
原作者名:横幕智裕
作者名:モリタイシ
作者サイト:モリタイシ|note
作者twitter:モリタイシ (@moritai4) | Twitter
紙書籍通販:ラジエーションハウス (9)
Kindle版まとめ買い:ラジエーションハウス
DMM電子書籍:ラジエーションハウス (9)

ラジエーションハウスもこの9巻で一つの山場を迎えましたね
幼い頃に杏と交わした約束を大切にしていた唯織が、
その約束を思い出してもらえるという展開は心にグッとくるものがあります。

連載初期は杏が約束を忘れているのはヒドいなぁ、と思っていたのですが、
幼い頃の記憶を封じ込めた理由を知ってからは仕方ないのかな、とも感じてました。
唯織も同じように感じていたからこそ自分から積極的に動くことはなかったと思うのですが、
今回はたまたまタイミングが良かったのか思い出すキッカケが出来たので、
このようなドラマチックな展開になったんですね…

幼馴染みとの子供の頃の約束を果たすとか、良いですよね…
幼馴染み萌えの一つの到達点と言えましょう…

しかし、杏が約束のことを記憶に封じ込めたのはわかるけど、
唯織が約束のことを大事にするのはともかく、
ずっと連絡取らなかったのはどうなんだろう、と思わなくもないですが…
まぁ、”約束したんだから問題ない”というただそれだけで全てを信じていそうな気がします。
唯織ってそういうところありそうだし。

杏が一人だけ自責の念を持っているのを、
「支えますから」と言うとか唯織ってそういうところあるよね…
これで恋愛方面でのフラグがかなり立ったような気がしますね!
今回のことで杏の中にあった唯織へのわだかまりも解消できたと思うので、
ラジエーションハウスとしてのチームの結束力はより一層上がったと思います。

その唯織と杏の信頼関係の実力を発揮する第一弾が、
唯織を恋のライバルだと一方的に思っているイケメンだけどドMの辻村が、
スポーツドクターをしているチームの選手なんだけど…
これはまた手強そうですね。
本人のことを詳しく知っているだけにうつ病だとは思えず、
それでも診断の結果に異常は見られない、というのは厳しいです。
でも、そこを何とかして病気を見つけるからこそ唯織は凄いわけで。
解決編は次の10巻になりますが、すっきりする展開になると期待しています。

:: 2019/6/28 金曜日::

■[漫画]チームの力「ラジエーションハウス」8巻

ラジエーションハウス8巻ラジエーションハウス8巻
出版社:集英社
原作者名:横幕智裕
作者名:モリタイシ
作者サイト:モリタイシ|note
作者twitter:モリタイシ (@moritai4) | Twitter
Kindle版:ラジエーションハウス (8)
Kindle版まとめ買い:ラジエーションハウス
DMM電子書籍:ラジエーションハウス (8)

私は実写ドラマというものに全く興味を持てないので観ていないのですが、
どうやら終盤のシナリオはこの原作から乖離したっぽい?
ドラマの方の出来がどうかは観ていないのでわかりませんが、
この原作漫画はよく出来ていて面白いです。

今回の前半は一人当直になった広瀬さんを助けるために、
マッチングアプリで可愛い子とお食事中だった軒下が戻って仕事をするんですけど、
これが結構良い先輩してて驚きました。

食事に行く前は医師免許がない技師であることにコンプレックスがありそうに感じましたが、
技師として彼なりに工夫するくらいに熱意があるし、
後輩を庇う気概を見せているし、
彼は彼なりに仕事に責任を持っていますよね。

今回、広瀬さんに頼られ、褒められたこともあるんでしょうが、
唯織に語ったように技師なりの矜持を抱くようになったみたいで、
一人の男として成長したな、と思います。
まぁ… あからさまにスケベなのはどうかと思いますけど…w
あと、ビンタする時の広瀬さんは、元バレーボーラーらしい良いフォームでしたね…!

そして後半はプライドが高くめんどくさい医師の奈良の誤診を唯織が見逃さず、
杏と協力してレアケースの症例を発見するという展開ですが…
こちらは医師モノとしてシンプルに面白かったですね。

唯織が今まで積み上げてきた実績と、
小野寺技師長が唯織のコミュ力の低さに慣れたのもあるんでしょうが、
チームがまとまって解決へと至るというプロセスは爽快感があります。

医者漫画というのはどうしても難手術をやり遂げるのがメインになりますが、
この漫画だと、難手術になる前に見付けるのが本題になりますよね。
対処療法になる前、問題になる前に芽を摘み取るのが本当は一番大切なことだと、
思い出させてくれます。

問題はプライドを汚されたと感じたであろう奈良が今後どう動くか、というのと、
唯織が医師免許を持つという事実を杏がどう受け止めるかだけど…
これは次巻以降へ持ち越しでしょうね…
うーむ、どうなるのか…
イケメンかつ変態な辻村さんもいるし、ちょっと読めないかな…?

:: 2019/3/24 日曜日::

■[漫画]ガラス越しの約束「ラジエーションハウス」7巻

ラジエーションハウス7巻ラジエーションハウス7巻
出版社:集英社
原作者名:横幕智裕
作者名:モリタイシ
作者サイト:モリタイシ|note
作者twitter:モリタイシ (@moritai4) | Twitter
Kindle版:ラジエーションハウス (7)
Kindle版まとめ買い:ラジエーションハウス
DMM電子書籍:ラジエーションハウス (7)

唯織が医師免許を持つ放射線技師であると知ってしまった杏。
事情がわからないだけに悶々としてしまい、
唯織に対して以前のように接することができなくなって…

以前5巻の感想で読影はAIに取って代わられるのでは、
と書いてましたが、この7巻ではそのネタがしっかりと描かれていて、
よく出来ているなぁ、と思わされました。
AIの成長のためにお手本となる綺麗なレポートの作成とか、なるほどなぁ…
気になるのはこのネタが唯織と杏ちゃんの仲にどう影響するか、ということが気がかりです。

この7巻は医療ネタとしてはちょっと薄めで、
唯織と杏の二人の絆を中心に描かれていた感じがありますね。
一応医療ネタとしてはMRIのことが説明されてましたけど、
確かに一般人はMRIとCTを混同してる人多そうですね…

作品タイトルはラジエーションが入ってるけど、
MRIは放射線出さないんですよね。
まぁ、理系の人なら知ってる人が多いと思うんですけどね。
私も大学の研究室ではNMRとかよく使ってましたし、
その流れでMRIもある程度知ってました。

唯織と杏ちゃんの関係は、杏ちゃんが昔の約束を思い出したら一発で解決しそうなんですが、
それが出来ないから唯織はコミュ障なので…
やっぱりこれは杏ちゃんからのアクション待ちということでもうしばらくは先かなぁ…
杏ちゃんは少しずつ思い出してるみたいだし、
二人の仲も少しずつ縮まっているように見えるので、
そう遠くないとは思うんですけどね。

今回のトラブルの被害者は杏ちゃんだけでなく鏑木部長もそうなるんですけど、
鏑木部長はわりと因果応報なところがあるのでちょっと同情が薄くなりますね…!
唯織のコミュ障によって傷跡を抉られてるのには同情しますけども。
唯織ってどう考えてもアスペルガー症候群ですからねぇ…
周りが合わせないと大変だと思います。
その緩衝材になることを杏ちゃんには期待しているんですけどね…!

さて、来月からはTVドラマ放映が始まりますね。
よく考えてみたらモリタイシ作品で初のメディアミックスですよ。
結構なベテランでファンも多い作家さんなんだけど、
巡り合わせが悪かったのか今までメディアミックスされてませんでしたけど、
これを気に花開いて欲しいな、と思う次第であります。

:: 2018/7/27 金曜日::

■[漫画]職域を越えて「ラジエーションハウス」6巻

ラジエーションハウス6巻ラジエーションハウス6巻
出版社:集英社
原作者名:横幕智裕
作者名:モリタイシ
作者サイト:モリタイシ|note
作者twitter:モリタイシ (@moritai4) | Twitter
Kindle版:ラジエーションハウス (6)
Kindle版まとめ買い:ラジエーションハウス
DMM電子書籍:ラジエーションハウス (6)

唯織のことを放射線技師の医療行為をしていると咎めたい鏑木部長。
唯織のことを専門の壁を越える契機になるキーパーソンだと考える院長。
しかし当の本人は幼い頃に交わした杏ちゃんとの約束だけを考えていて、
杏ちゃんしか眼中になくて…

鏑木部長は医者として無能かと言えば全然そんなこともなく、
講演を任されるくらいに有能だし、部下に対しても柔らかく接するんだけど…
ちょっと独善的で自己顕示欲が少し強いだけに残念というか。
悪い人じゃないんだけどねー
とても人間的だからこそ、魅力がないというかね…!

嘱託で勤務している奈良先生もある意味人間的というか…
杏ちゃんの生フトモモを見つめたりするところとか、
唯織の行動に立腹したりするところとか特に…
医者として有能なんだけど、プライドを拗らせてるところが問題なんだよなぁ…
全体的に小者っぽく見えてるのがちょっと可哀想ではあります。

そんな人たちがいるからこそ、決意して病魔に立ち向かう杏ちゃんが輝くし、
それを支える唯織が格好いいんですよね。
二人の力で難局を乗り越えてのハイタッチには胸が熱くなりましたよ。

これから二人の仲が少しずつ深まって、
杏ちゃんが子供の頃の約束を思い出す展開になるのかと思いきや、
院長と唯織の会話を盗み聞いてしまう方向に行くとは…
うーん、どうなることやら…

:: 2018/2/7 水曜日::

■[漫画]名探偵イオリ「ラジエーションハウス」5巻

ラジエーションハウス5巻ラジエーションハウス5巻
出版社:集英社
原作者名:横幕智裕
作者名:モリタイシ
作者サイト:モリタイシ|note
作者twitter:モリタイシ (@moritai4) on Twitter
Kindle版:ラジエーションハウス (5)
Kindle版まとめ買い:ラジエーションハウス
DMM電子書籍:ラジエーションハウス (5)

Ai(Autopsy imaging)こと死亡時画像診断。
日本の死亡者で見逃されがちな異状死を解剖することなく、
視ることによって原因を調べることができるAiだけど、
それはきちんと制度化されているとは言えず、
今回はその内容がメインになっています。

今回は中々に重い話でしたね…
乳癌の話も重かったけれど、あれはまだ治る見込みがあり、
これからのことを考える余地があったのに対して、
今回は既に死亡している状態ですからね…

それでも、本人のこれからは救えなくても、
残された家族のこれからは救えることはある。
そう思わされる内容でしたね。
無論、今後も後悔が残ることはあるだろうけれど、
それでも死んだ本人の想いを真摯に汲み取ることができたので、
これからを生きていくことはできるんじゃないかな、と思います。

それにしても唯織の異常な読影能力の高さが見せられたけど、
それを真の意味で理解せず、独善的な上司に見咎められそうなのがなー
唯織が医師免許を持っていることを広言すれば問題ないんだけどね。
唯織は子供の頃の思い出を大事にしているだけなので、
杏ちゃんが説得しない限り納得しないと思うので大変だろうなぁ、と思います。

しかし、唯織の能力は凄いけれど…
多分、5年後か10年後くらいには人工知能の方のAIに置き換えられそうな気がします。
だってAIってそういうのが得意分野なんだもの…
この漫画の面白さを味わえるのも、今だからこそなのかもしれませんね…

:: 2017/8/29 火曜日::

■[漫画]支え合い、成長できる職場「ラジエーションハウス」4巻

ラジエーションハウス4巻ラジエーションハウス4巻
出版社:集英社
原作者名:横幕智裕
作者名:モリタイシ
作者サイト:モリタイシ | note
作者twitter:モリタイシ (@moritai4) on Twitter
Kindle版:ラジエーションハウス (4)
Kindle版まとめ買い:ラジエーションハウス
DMM電子書籍:ラジエーションハウス (4)

活躍する五十嵐に対して劣等感を覚える杏ちゃんと新人の広瀬ちゃん。
特に広瀬ちゃんは自分の勉強不足を自覚しているだけに焦りと憂いがあるんだけど、
患者はそんなことを考慮してくれず、原因不明の肩の痛みを訴える人を相手に、
広瀬ちゃんはその原因解明に役立つことができるのか…?

今回も五十嵐の手腕というか視野の広さが決め手になったけど、
そこに至るまでに広瀬ちゃんのファインプレーがあったのは良かったですね。
それを見つけて認めてくれる五十嵐もファインプレーだったと思いますよ。

周りに支えられて成長していける職場って良いモノですね。

五十嵐が入ったことでイイ意味で刺激されて、
職場の雰囲気が成長するスパイラルに入っているのは良いと思うんだけど部長がなぁ…
自分の信念に固執して現場の空気が見えてないんじゃないかと思います。
何かやらかしそうで、今後が怖いですね。

逆に今後が楽しみなのがラブコメ展開ですね…!
元々私にとってモリタイシさんはラブコメ漫画家ですので、
今回も広瀬ちゃんが五十嵐に褒められたことで意識し始めてるのは有りだと思いますよ!

それだけでも杏が嫉妬の感情を刺激されてニヤニヤ出来てたのに、
更に新キャラの看護師の南さんまで五十嵐を狙ってきて更に美味しい展開になりそうです。

まぁ、五十嵐は広瀬ちゃんも南さんも眼中になくて杏一筋なんですけどね。
ただ、杏ちゃんには想われている自覚がないし、記憶もないし、見えてもないので、
まだまだ壁があるとは思いますが、杏ちゃんから褒められて報われたのを糧に、
今後も頑張って欲しいものであります。

HTML convert time: 1.538 sec. Powered by WordPress