僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!
:: 2020/4/22 水曜日::

■[漫画]純粋デートプラン!「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」18巻

アニメ2期の放映が始まりましたけど、とても面白いですね。

原作の良さを120%出しながらアニメとしても面白いなんて、
とても幸せなアニメ化だと思うのですよ。
それにしてもこの2期はどこまでアニメ化されるのでしょうか…
文化祭のウルトラロマンティックまで行ってほしいけど尺が取れるかなぁ…?
せめて石上の過去エピソードが出てくる体育祭まではやって欲しいところです。

さて、その石上ですが今回も頑張っています。
つばめ先輩をデートを誘うために体育のバレーを頑張るとか、
冷静に考えると支離滅裂だけど、それもまた青春というものです。
藤原書紀にはチェリーボーイ扱いされて散々な目に遭いましたが、
かぐや様というスパルタ教師のお陰でデートに誘うことに成功して喜ばしいですね。
まぁ、相変わらずデートプランが気持ち悪くてダメ出しされてましたけども…w

石上も白銀会長と同じでロマンティックさを求めているんだけど、
どうしても発想が奇抜になってしまうのは何故なんだろうか…
心臓の鼓動を聞いて癒やされるミコちゃんと同レベルのキモさだと思うんですよね…

そのミコちゃんですが、本当にチョロいですよね。
石上もついにミコちゃんの攻略方法がわかったわけですが、
石上の想いはつばめ先輩に向いているのがなぁ。
足かせだった過去の冤罪も何故か大仏さんが解いてくれそうだし…
というか、大仏さんが何をしたいのかイマイチよくわからないんですよね…
ミコちゃんの王子様が石上だとバレることによって悲恋にさせたくないのか、
そもそもミコちゃんには石上が相応しくないと思っているのか。
うーん、よくわからんです。

それはそうとこの作品のメインヒロインであるかぐや様ですが、
白銀会長と相思相愛になったせいで色々とタガが外れていて、
とてもお可愛かったですね。

こんなに可愛い彼女に仕事中にまとわりつかれるとか、
将来テレワークになっても大変だろうなぁ、と思いつつも、
正直羨ましいな、と思った次第です。

しかしそんなかぐや様も修学旅行編では早坂問題が持ち上がったので、
白銀会長とラブい思い出を作ることを楽しめる雰囲気ではなくなったのが、
ちょっと可哀想だな、とも思うわけで。
はてさて、修学旅行編はどういった結末に向かうのか…
楽しみだけど、心配です。

:: 2020/1/20 月曜日::

■[漫画]性行為へのカウントダウン「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」17巻

かぐや様が告ったことで第一部完!
みたいな感じでしたが、かぐや様の物語はまだ終わりませんし、
石上くんの恋物語もまだ始まったばかりですので、
もうちっとだけ続くんじゃ。(多分

かぐや様はお付き合いを始めて浮かれているけれど、
それはゴールというわけではなく、新たなるスタートなのですよ。
まずは四宮家というハードルがあるんだけれど、これが高い。
実家にバレたら間違いなく邪魔が入ってしまうので、
秘密にしないといけないのはかぐや様本人もきちんとわかっているんだけど…

お可愛いこと…

うーん、言っちゃいたいかー
わかるよ、だって長年想ってきたんだもんね。
そもそも女子は恋バナが好きだもんね。
そういった話ができる相手は今までいなかったもんね。(藤原書紀は除外

生徒会メンバーへの自慢に関しては「上手いなー」と感心したんだけど、
柏木さんへの恋バナはわりとキャピキャピしてて、
これぞJKだな! って思いましたね!
まぁ、JKの恋バナって経験ないから想像でしかないけど!(←悲しい事実

しかしかぐや様は初体験の意味も知らないような性教育を受けた子…
柏木さんが心配するようにまともな知識があるとは思えないので、
女性向けAVを視聴するというのは確かに必要だとは思うのです。
流石は既に懐妊していると考えられる柏木さんですね!
良い仕事をしてくれたと思いますよ。

というか、良い仕事をしてくれたという意味では、
マキちゃんとの仲を(意図していないとはいえ)取り持ってくれたことでしょう。
子供の頃から家の事情に翻弄されてきた二人が、
もう一度歩み寄ろうとするキッカケを作ってくれましたからね!
まぁ、そのアイテムが女性向けAVのDVDというのがアレですけれどね!

お可愛いこと…

しかしマキちゃんは本当に良い子ですよね。
かぐや様の恋愛事情を知っていながら実家に報告してないっぽいし、
かぐや様の貞操を守るために泥をかぶって会長に釘を差しに行くし。
まぁ、わりとポンコツすぎてオーバーフローしてたけど…
マキちゃんなりに頑張ってるな! と思いました。

それにしても秘密にしないといけないのに、
この17巻だけでポロポロと秘密がバレていきますね…
柏木さんにマキちゃんに、白銀父に圭ちゃん…
これは中々にヤバいんじゃないかな、と心配になっちゃいますね。

まぁ、色々とバレることがあっても藤原書紀は最後まで知らないんだろうな…
と思う吉宗であった…

:: 2019/9/22 日曜日::

■[漫画]石上優は告らせたい「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」16巻

普通にロマンティックなクリスマスを過ごしたことで、
ついに想いを通わせ合った白銀会長とかぐや様。
しかしクリスマスは二人のためだけにあるわけではなく、
他の生徒会メンバーにもそれぞれのドラマが起こっていて…

クリスマスの時点で両想いになっていたので、
冬休み明けに二人がラブラブチュッチュになっていたのは予想通りでしたが、
石上とミコちゃんの二人が下僕とご主人様状態になっていたのには、
正直驚かされました。

二人はつばめ先輩主催のリア充クリパに参加していたはずなのに、
何故このような事態に陥ったのか…?
我々かぐや様読者調査班は過去編にその真相を追った…!

リア充たちの集いで尻込みするかと思いきや、
流石になれたのか、それともつばめ先輩への想いのお陰か、
つばめ先輩とのコミュニケーションがわりと良い感じの石上ですが、
ミコちゃんは相変わらずのチョロさを見せてくれましたね…

おいおい、これがFANZAのエロ漫画なら、
あっという間にお持ち帰りされてセックスの上手い先輩にハメられて、
快感を骨の髄まで味わわされて快楽堕ちになるヤツやで…
私は信じろさんのFantiaに登録しているから詳しいんだ。

でも、つばめ先輩の心理状態には詳しくないんだ…
石上への好感度はかなり高まっているのは間違いないと思うんですよ。
このまま初体験をすることについても吝かではなさそうだったんだけど、
石上が語っていた体育祭でしてくれたことがまずかったんじゃないかなって。

つばめ先輩本人はあの時は恋愛で失敗していたから空元気だったのかな?
それとも二股された別れた元カレに見せつけるために石上に優しくしていたのかな?
とか考えちゃうわけですよ。
そこに恋愛に臆病になっているつばめ先輩にダメ押しのように「付き合ってください」されて、
バグっちゃったんじゃないかな、と。
とはいえそのせいで石上があそこまで傷付くとは思わなかったので、
罪悪感は半端ないことになっていたみたいですが…

まぁ、石上があそこまで傷付くのも仕方ないと思うんですよ…
もしかしたら家庭環境的な原因の可能性もありますが、
石上は白銀会長と同じようにかなり愛に飢えているんですよね。
だからこそ好きな相手から愛されたいし、愛したい。
その結果、というか結実としてのセックスを求めているわけで、
愛が得られないならセックスには絶望しかないわけですよ。
だからこそ、あそこまで落ち込んでいたわけで…

原点である竹取物語だとあのまま転落死になる可能性もあったけれど、
ミコちゃんが助けてくれて生きることができた上に、
つばめ先輩に「ぽよみがえぐい」と言わせるくらいに真っ正面から行ったのは、
正直ちょっと格好いいかな、と思ったんですが…

まさかミコちゃんがあそこまで甘えてくるとは…
というか大仏ちゃんが懸念していたけれど、
これはミコちゃんが落ちるのも時間の問題だと思うんですよね。
石上の優しさと思いやりに気付いてしまったら、
チョロいミコちゃんのことだから一気にハマると思うんですけど、
初恋と同時に失恋しそうなわけで…

正直、ミコちゃんとマキちゃん先輩は失恋が似合うと思うので、(←ヒドイ
このまま石上には頑張ってつばめ先輩を頑張ってゲットして欲しいものであります。
そしてかぐや様には是非ともヤンジャンのエロ4ページ指定を乗り越えて欲しいですけど…
作者は赤坂アカさんだからな…
無理かな、やっぱり…w

:: 2019/7/19 金曜日::

■[漫画]片想いの終わりに「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」15巻

必死の努力の甲斐あって文化祭でウルトラロマンティックを決めた白銀会長とかぐや様。
これからクリスマスはラブラブ状態で突入かと思いきや、
ここでまさかの氷のかぐや様が表面化してきて、
白銀会長には難題がまたしても立ちはだかるわけだけど…

好きな人相手には自分の全てを知って欲しいかぐや様。
好きな人相手だから弱い部分を出すのが怖い白銀会長。

読者視点だと二人の事情がわかるだけに、どちらにも感情移入してしまいますね…

かぐや様の場合、教育方針が洗脳に近いあたりに親近感が湧くというか…

親切心で周りに助言しても逆ギレされるとかわかるなぁ…
私も小学二年生の頃に似たようなことあったのを今でも覚えてます。
30年以上経っても忘れられないですからね、この手のトラウマは。
それで周りから離れるかぐや様はお優しいこと…

白銀会長の場合は… 予想以上に重かった…

白銀家の母親はかなりアレなのは知っていましたが予想以上だったわ…
それにしても圭ちゃんは一度連れ出されたけど戻ってきたということでしょうか?
まぁ… ブラコンだもんねー…

それにしても白銀会長の努力には頭が下がります。
これだけ頑張ったんだから報われて欲しいと切に願ってしまうだけに、
ラストの普通にロマンティックな終わり方は良かったですね。
夜空が半月でしたけど、これは氷のかぐや様=かぐや様の半身、という暗喩なんでしょうか?
身も蓋もないこと言うと、クリスマスイブに半月になるのは2020年なので、
多分、この漫画の時代設定は2020年だと思われます。

そして二人以外の動向も気になるところです。
現在本誌でえらいことになってる石上…
クリスマスに一体ナニがあったのか…!?
16巻が楽しみです。

:: 2019/3/23 土曜日::

■[漫画]ウルトラロマンティック!「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」14巻

正直ね、この漫画はポロロッカしたこともあるし、最初から追ってたわけでもないし、
ハマったのが結構遅かったので全巻揃えるハードルが高かったんですよ…
でもね、この14巻のウルトラロマンティックな回を連載で読んでしまってはね…!
全巻揃えないわけにはいけないわけですよ…!
TVアニメもめっちゃ面白いですしね!

この14巻における前半のウルトラロマンティックなところに至るまでの道程とか、
最高としか言いようが有りませんでしたね…
白銀によって丁寧に積み上げられてきた伏線と、
それが見事にハマったことによるウルトラロマンティックなシチュ!
これはもう、2019年で一番の盛り上がりと言って過言ではないですよ!
いやはや、赤坂アカさんはストーリーを作るのがメチャクチャ上手いですね!

かぐや様にとって初めての恋で、人生観が変わるくらいの恋だからこそ、
告白するのが怖くてたまらないんですよ。
そんな怖さと恋する気持ちを表情に出しているかぐや様のお可愛いこと…!

そんなかぐや様の可愛さにやられつつも、
自分の矜持のために言葉に出来ない白銀が、
精一杯の気持ちを込めて作り出したシチュエーション!

トラック一杯分の愛情を込めたこの気持ちで、
かぐや様のハートを正に射止めた回は盛り上がりに盛り上がり、
これでもないくらいに読者のハートまでも射止めてくれましたよ…
正直キュンキュンしまくりで最高でした。
これが2019年で一番熱いラブコメだ…!

まぁ、そこで大団円するほどにこの物語は甘いわけではなく、
かぐや様がかぐやちゃんになったり、
氷のかぐや様になったりと色々と困ったことになってるんですが…
これ、引き延ばしに入ったラブコメってわけではないんですよね?
ちゃんとクリスマスはラブラブで過ごせるんですよね?
果てしなく心配なんですけども…!

心配と言えば石上周辺のラブコメ模様も心配ですね…
つばめ先輩がわりとワンチャンありそうだけど、
そもそも石上本人が告白したことにちゃんと気付けるのだろうかとか、
ミコちゃんもキッカケさえあればフラグ立つだろうけど、
その時どうなってしまうのだろうかとか、
意表を突いてマキちゃんもありえたりするかもるのかな? とか…
こちらはこちらで気になるところです。

それと早坂も可愛かったですね。
ウルトラロマンティックな回ではかぐや様と気持ちがシンクロしたのか、
地上にいながらドキドキが止まらないみたいでしたし、
かぐや様から説明されてる時もキスが気になる乙女なところが可愛かったです。

現在放映中のTVアニメ1期ですが、
どうやら予想通り花火回で終わりそうですね。
もし2期があるなら2クールかけてこのウルトラロマンティック回までやって欲しいものです。

:: 2017/11/18 土曜日::

■[漫画]何か出ちゃう!! 2巻出る! 完結巻出る!「君は淫らな僕の女王」2巻

君は淫らな僕の女王2巻君は淫らな僕の女王2巻
出版社:集英社
原作者名:岡本倫
原作者サイト:■FOR-NEXT – 岡本倫ホームページ
原作者twitter:岡本倫 (@okamotolynn) on Twitter
作者名:横槍メンゴ
作者サイト:YORIMEN
作者twitter:横槍メンゴ🚀ヨリ (@Yorimen) on Twitter
Kindle版:君は淫らな僕の女王 (2)
DMM電子書籍:君は淫らな僕の女王 (2)

1巻があまりにも売れたせいか続編が出来て、
それが積もり積もって2巻にして完結巻が出てしまいました。
うーん、世の中には思った以上に変態が多いのかもしれない。
まぁ、私もその一人なんですけども。

超絶お嬢様な幼馴染みと会いたいがために猛勉強しまくり、
特待生として入学して再会したところ、
おまじないのお陰で同じ寮の部屋が繋がりセックス三昧の日々へ。
とはいえ、色々と制約があり、その一つが自制心がなくなるというものだけど…

1巻で割りとハッピーエンドになってたわけだけど、
それから二人がどうしていたかというと…

うん、二人は若いもんね…
というか昴が変態的にエロエロだからね。
セックスしかしてないというのも仕方ないよね。
…仕方ないかな?

シチュ的には変態度が上がっただけだし、
最後のクソ成金の許嫁をボコる展開だし、
1巻とそれほど変わったわけではないんですが、
エロさも変わらないままなので、これはこれで問題ないと思います。

そう、私はこの漫画に物語性なんて欠片も求めてないんだもの!
エロければ良い!
それが嘘偽りのない感想なのです…!

まぁ、昴のエキセントリックな言動の数々には股間だけでなく、
笑いも刺激されまくりましたけどね。

こういった変態的なパワーワードが出てくるあたり、
岡本倫さんはやはり変態的な天才だな、と思うばかりであります。

まぁ、何にしても、とてもエロ面白かったです。
満足満足っ

HTML convert time: 0.774 sec. Powered by WordPress