本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身Ⅻ」 12/9発売!
遂にシリーズ完結!

:: 2023/11/26 日曜日::

■[漫画]前世からずっと大好きな人「【推しの子】」13巻

【推しの子】13巻【推しの子】13巻
出版社:集英社
原作者名:赤坂アカ
原作者twitter:赤坂アカさん(@akasaka_aka) / Twitter
作者名:横槍メンゴ
作者twitter:横槍メンゴさん(@yorimen) / Twitter
紙書籍通販:【推しの子】 (13)
Kindle版まとめ買い:【推しの子】
DMM電子書籍:【推しの子】 (13)

演技ができなくてドツボにハマるルビー
今世の母を亡くし、前世の母は自分を忘れて幸せそうにして、
愛されていなかったというツラい現実と、
ずっと好きだった先生も亡くなっているという絶望で心が壊れそうな時に、
アクアはついに重い決断をすることになって…

唐突ですが、オタク男子が好きなヒロインはどのような属性があるとお思いでしょうか?
銀髪? 貧乳? 巨乳? ポニテ? アイドル? それとも女神?
好きな属性は人それぞれですが、多くのオタク男子に嫌われる要素はあります。
それがかつて下級生2でたまきん事件を引き起こした尻軽ビッチ非処女です。

逆… というか対偶で考えると前世から一途に一人の男性を想い続ける処女ヒロインというのは、
それだけでオタク男子のハートを撃ち抜く強烈な個性なのです。

ルビー…
君は金輪際現れない完璧で究極のアイドルだよ…!

ただまぁ、ルビーとアクアは実の兄妹なので、
結ばれるとすればかなりの障害があるわけで…
そう考えるとこれからのルビーの人生を考えるとすっごくモヤモヤするんですよね…
ホント、幸せになって欲しいんだけど、難しい気がするなぁ…

闇堕ちしていたルビーもアクアの献身で光に戻ったし、
ミヤコさんも旦那が復帰したことで苺プロが立て直せたし、
これでしっかりと映画作りの態勢が整ったので制作開始なんだけど…

カツラを被ったらルビーがマジでアイそっくりで驚きですよ。
しかも監督のやり方のお陰でルビーがアイの心情を理解し、
よりアイらしさを出していくのが面白いです。

ただ、アクアが言うようにアイとルビーは根本的に違う人間ですからね。
闇を抱え込んだ光のアイドルと、闇が似合わない光のアイドルというか…
映画を通してルビーがアイの理解を深めるのは良いんだけど、
飲み込まれないように気を付けて欲しいかな?

巻末には赤坂アカさんが不調の時に横槍メンゴさん単独で描かれた番外編が収録されてますが、
確かに赤坂アカさんらしいところが感じられないので、二次創作みたいなもんですね。
ただ、ルビーとアクアの番外編は解像度が非常に高かったですね。
これは良いアクルビ…

関連エントリー


【推しの子】9巻 出版社:集英社 原作者名:赤坂アカ 原作者twitter:赤坂アカさん(@akasaka_aka) …

【推しの子】2巻 出版社:集英社 原作者名:赤坂アカ 原作者twitter:赤坂アカさん (@akasaka_aka)…

【推しの子】4巻 出版社:集英社 原作者名:赤坂アカ 原作者twitter:赤坂アカさん(@akasaka_aka) …

【推しの子】8巻 出版社:集英社 原作者名:赤坂アカ 原作者twitter:赤坂アカさん(@akasaka_aka) …

【推しの子】12巻 出版社:集英社 原作者名:赤坂アカ 原作者twitter:赤坂アカさん(@akasaka_aka)…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.578 sec. Powered by WordPress