本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身IX」 8月10日発売予定!
ゲルラッハ攻防戦!
:: 2022/8/7 日曜日::

■[漫画]おあがりよ!「食戟のサンジ」

食戟のサンジ食戟のサンジ
出版社:集英社
原作者名:附田祐斗
原作者twitter:附田祐斗さん(@tsukudayuto) / Twitter
作者名:佐伯俊
作者twitter:佐伯俊さん(@syunsaeki) / Twitter
紙書籍通販:食戟のサンジ
DMM電子書籍:食戟のサンジ

「食戟のソーマ」の附田祐斗さんと佐伯俊さんのコンビが、
ジャンプで不定期に描いていたワンピースのサンジスピンオフ漫画が、
一冊にまとまって発売です。

元々グルメ漫画を描いていたお二人なので、
サンジが主人公のグルメ漫画にしっかりと仕上げてます。
時系列もルフィと出会う前からアラバスタ、
そして直近のワノクニ編まで色々とあるので、
当時のことを思い出して懐かしむ、というのもありますね。

あと、なんといっても作画が佐伯俊さんですからね。
女性キャラがとても可愛いんですよ。

ワンピースのキャラの面影を残しながら、
しっかりとエロ可愛い作画で仕上げているのは流石の一言です。

まぁ、カマバッカ王国とか、
イワンコフとその類友たちみたいな、
エロ可愛いとは対局な方々もしっかり描いてくれているので、
何とも言えないもどかしさもあるんですけども…w

もちろん料理の作画も素晴らしいの一言ですね。
流石は「食戟のソーマ」を描いていただけあります。
ワンピースの世界観のファンタジー食材を、
納得させる問答無用な迫力を出してくるんですよ。

それをとても美味しそうに描いてしまうんですよね。
ファンタジーな食材なので決して食べられないんだけど、
現実の食材と似たものがあるだけに想像出来ちゃうので、
羊の赤身肉とか食べたくなるんですよね。
まぁ、都会じゃないとそんな食材扱える店とかないので、
どうしても想像で終わってしまうんですが…w

ワンピース本編だとサンジは女性に弱いところばかり目についてしまいますが、
このスピンオフだとサンジの男前っぷりが出まくりで惚れ直しましたね。
やはりサンジは良い料理人であり、良い男ですよ。
良いスピンオフでした。

:: 2022/7/4 月曜日::

■[漫画]未来へと続く科学クラフト「Dr.STONE」26巻

Dr.STONE26巻Dr.STONE26巻
出版社:集英社
原作者名:稲垣理一郎
原作者twitter:稲垣理一郎さん(@reach_ina) / Twitter
作者名:Boichi
紙書籍通販:Dr.STONE (26)
Kindle版まとめ買い:Dr.STONE
DMM電子書籍:Dr.STONE (26)

ホワイマンと交渉するため月面へと向かった千空、コハク、スタンリー
ゼノの計らいによって宇宙空間での一時を過ごすことができたんだけど、
宇宙船の合体中にトラブルが起こってしまう…!

石化によって資材消費を抑えられるけど、
石化するからこそ電気基板に問題が発生してしまう、というのは悲劇ですね。
クリーンルームに素で乱入するとか、陽は本当に駄目な子だな…
実際にクリーンルームであんなことされたら歩留まり非道いことになるよね、マジで…

しかし、トラブルがあるからこそ龍水が輝いたし、
それをフォローする地上メンバーも活躍できたわけですよ。
読者をハラハラさせてからのワクワクは最高でしたね…!

そしてジャンプ本誌で読んでた時に気になって仕方がなかったホワイマンの正体ですが…
これが見事に予想を裏切って、期待以上のモノを見せてくれましたよね…
全く予想が出来なかったけれど、読んでみると納得する所が多々あって、
本当に漫画が上手いなぁ、と思わされましたよ。
恐らくあの時の一週間持続するワクワク感はジャンプ本誌を読んでる人にしかわからないと思います。

それと最終回ではちゃんと初期の伏線回収してるのも良いですよね。

第一話をリメイクする要素を入れながら、
千空の壮大な野望まで見せてて、素晴らしい最終回でした。

とても少年漫画でありながら、今までになり少年漫画でしたね。
綺麗に大団円とはいえ、これほど面白い漫画が終わるのは惜しいですね…

とか思ってたら今週のジャンプにDr.STONEの読み切りが載ってて驚きました。
この単行本には収録されてないけど、最高に面白かったので、
来月発売のファンブックあたりに収録されるのでしょうか?
あまり買うつもりなかったけど、ちょっと購買意欲がそそられますね…!

:: 2022/6/9 木曜日::

■[漫画]そしてダークネスへ…「あやかしトライアングル」9巻

あやかしトライアングル9巻あやかしトライアングル9巻
出版社:集英社
作者名:矢吹健太朗
作者twitter:矢吹健太朗さん(@yabuki_info) / Twitter
紙書籍通販:あやかしトライアングル (9)
Kindle版まとめ買い:あやかしトライアングル
DMM電子書籍:あやかしトライアングル (9)

カゲメイとバトルする展開になるかと思いきや、
カゲメイは身体がボロボロだし、そもそも祭里とすずの仲を引き裂きたいので、
なんと二人と同じクラスに転入という手段を使ってくるのであった…!

うーむ、すず以上なのは当然として、祭里よりもデカいな…
これはハーレムTS百合コメ漫画の完成度が高まってきたぜ…!

常識が江戸時代で停まったままのカゲメイが可愛かったり、
祭里をめぐったエロコメバトルではニヤニヤしたり、
読んでて最高の展開の連続で私はもうウハウハですよ!
ルーと一緒にお風呂な展開では祭里のおっぱいがとても美しかったですしね。
しかしルーは… 読めないな、色々と…w

それにしてもカゲメイに使嗾されて心を操られた祭里は、
ヒロイン度がとても高くて困りましたね…!
一応本作のヒロインであるはずのすずは、
とてもエロエロすぎですからね…!

あまりのエロさにジャンプ本誌からジャンプ+に移籍しちゃうほどに…!
これはもうダークネス待ったなし!

しっかし、カゲメイとのキスバトルは、
同一人物でのキスと考えると何というか複雑ですね…
いや、エロ可愛くてこれはこれでアリなんですけども。
やはり私は祭里を押し倒してキスするすずが一番好きなのかもしれない…

:: 2022/6/8 水曜日::

■[漫画]涙ながらの大団円「破壊神マグちゃん」9巻

破壊神マグちゃん9巻破壊神マグちゃん9巻
出版社:集英社
作者名:上木敬
紙書籍通販:破壊神マグちゃん (9)
Kindle版まとめ買い:破壊神マグちゃん
DMM電子書籍:破壊神マグちゃん (9)

マグちゃんが終わってしまった…
Dr.STONEと並び、ジャンプで楽しみにしていた最高のギャグ漫画、マグちゃん…
まさか終わってしまうだなんて…

流々ちゃんの言う通り、ずっと続いてくれたら良かったのになぁ…

でも流々ちゃんが知ってたように、終わりはあるんだよ。
だからこそ、この一冊を、一話を、一コマを楽しみたいんだよ。

卒業式の回もとてもマグちゃんしてて良かったし、
最終回もラストの締めくくりとして感動の涙が流れるくらいに良い話だし、
とても良い完結巻でした。

そしてGIGA掲載の錬が主人公の外伝は最終回の余韻をぶっ飛ばすくらいに面白かったですね!

ウニ助の権能で本音がダダ漏れになった錬が超絶に情けないんだけど、
だからこそ共感できた上で笑えて最高でしたね!
ナプタくんが意外と良い仕事してくれたお陰でとても良いラブコメの外伝でした。

それにしてもミュスカーすら同情するほどにいじられる錬…
憐れなような、勝ち組なような…
末永く幸せにな…!

:: 2022/3/11 金曜日::

■[漫画]聖なるシスター「破壊神マグちゃん」8巻

破壊神マグちゃん8巻破壊神マグちゃん8巻
出版社:集英社
作者名:上木敬
紙書籍通販:破壊神マグちゃん (8)
Kindle版まとめ買い:破壊神マグちゃん
DMM電子書籍:破壊神マグちゃん (8)

先日ジャンプ本誌で惜しまれつつ感動的なフィナーレを迎えたマグちゃんですが、
この8巻では終わらず、恐らく次の9巻で完結になると思います。

もうすぐ完結だというのに表紙からわかるように新キャラの登場です。
わりと似てるから分かりやすいかと思いますが…

イズマくんの妹、セイラちゃんです!

可愛いし素直な性格をしている子なんだけど、
どこかズレてる天然なアホの子って感じがして私は好きです。
まぁ、錬は流れ弾で恋心が破損してて憐れだったけどね…!

それはそうと初っ端から体育祭に参加したりとやりたい放題の上位存在たちですが、
聖騎士団もわりとやりたい放題というかアホ集団というか…

地方のフードコーナーで占拠して会合とか、
イズマくんと同じで世間知らずすぎて笑いましたね!
十天将なのに人手不足で5人という世知辛さにも笑っちゃったね!

それにしても基本的にギャグコメディなマグちゃんで、
珍しくちょっぴりシリアスな展開で次巻に続いちゃいましたね。
とはいえこの作品はマグちゃんなのでご安心下さい。
とっても笑えてほんのり泣ける…
そんな9巻になると思いますよ!

:: 2022/3/10 木曜日::

■[漫画]スイートポテトの告白「あやかしトライアングル」8巻

あやかしトライアングル8巻あやかしトライアングル8巻
出版社:集英社
作者名:矢吹健太朗
作者twitter:矢吹健太朗さん(@yabuki_info) / Twitter
紙書籍通販:あやかしトライアングル (8)
Kindle版まとめ買い:あやかしトライアングル
DMM電子書籍:あやかしトライアングル (8)

カゲメイという新たなボスキャラが登場し、
仲間だった画楽は命依への惚れた弱みでカゲメイ側に付いてしまい、
流石の祭里も結構なピンチに陥るんだけど、
すずは護られるだけのヒロインではないのであった…!

とはいえすずは戦いになれているわけではないので、
オモカゲの痛みがダイレクトに精神に来ちゃってるんですよね。
祭里のためとはいえ痛みに耐えるすずを見ていると…

スポポビッチ的な性癖の人はゾクゾクしちゃうのかもしれない…

そしてすずのピンチに祭里は護られてだけいるはずがないのです。、
画楽に力を封じられた状態だからこそ新たな力に目覚めて颯爽と駆けつけるわけですよ。
うーん、主人公だなぁ。

そんな祭里の格好良さに好きが溢れて止められなくなったすずのお陰で、
緊迫したバトルから一転、一気にラブコメ展開に行ったわけですが…
その… とてもすずらしい告白だなぁ、と思いました…w

すずは羞恥から誤魔化そうとしたけれど、
真っ正面から受け止めて返した祭里は男らしいと思いますよ!
ただ、発想が斜め上だったけどね!

な、なるほど…?
男祭里と女祭里は別人格という認識なのかな…?

まぁ、そんな祭里のコダワリはすっ飛ばしてがっついてくるすずはとてもスケベだと思いました。
恋緒もそうだけど、女の子の方が積極的なのって良いですよね。
早く祭里も陥落しちゃうと良いと思います!

HTML convert time: 2.747 sec. Powered by WordPress