ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…
:: 2021/11/27 土曜日::

■[漫画]念願の図書館へ!「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部「貴族院の図書館を救いたい!」」3巻

ローゼマインの図書館通いには座学全員合格が必要という条件をヴィルフリートがつけたため、
フェルディナンド式詰め込み教育を受けたローゼマインが一年生全員にそれを強くことになり、
みるみるうちに一年生の顔色が悪くなってしまう座学だけど、
みんなの努力が実り、何とか突破できそうで…

ローゼマインにお金稼ぎは浅ましいと苦情を愚痴ったヴィルフリートの側近ですが、
原作では特に名前もなかったけれど、このコミカライズでは名前と顔が判明しましたね。
ヴィルフリートの側近には主に似た困ったちゃんがとても多いのですが、
それが一年生の時点で伝わってくるかのようでした。

そんな意識が低い上級貴族に対する意趣返しですが、
原作を読んでると「笑顔で毒を吐いてそうだなぁ」と思ってたのが、
予想通りの表情を見せてくれるだけでなく、吹き出しでローゼマインの怒りを表現してるのが上手かったです。

顔の影とフォントと吹き出しという、
ただそれだけでローゼマインの感情を的確に表現するのは、流石でした。

ローゼマインは怒った顔も可愛いんですけど、
普通に可愛いところも多々あると思うのですよ。
例えば魔力圧縮第四段階のためのイメージも…

はい、とても可愛いですね!!!
この等身の小ささは下町時代を思い出します。
これ、わりと原作通りなのが笑えますよね…w

それと一番可愛かったのはやはり、念願の図書館へ行ける喜びが溢れ出ている姿でしょう!

楽しくて嬉しくてたまらない…
そんな感情が身体中から溢れ出ているローゼマインが可愛すぎる…!
うーん、猫可愛がりしたい…!

ついに図書館通いが解禁されたけれど平和な日々は遠く、
これからもトラブルが舞い込みまくるので4巻も楽しみですね!

それと今回の描き下ろし漫画はフィリーネたちへのご褒美デザートの振る舞いでした。
とても美味しそうで、お腹が減ってしまいますね…!
書き下ろし短編はレオノーレ視点で新鮮でした。
ローゼマインの側近というのは、本当に大変そうですね…w

:: 2021/10/22 金曜日::

■[漫画]念願の本がついに…!「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部 「本のためなら巫女になる!」」6巻

文章力というわずかなヒントからマインの異質さに違和感を覚えた神官長。
神殿での唯一の庇護者に対して精一杯の誠実な回答をしたマイン。
頭ごなしに嘘だと決めつけはされなかったけれど、
少し警戒されることになりつつも、本作りの方はついに佳境に入って…

第一部から数えて13冊目にしてやっと本が完成ですよ…!

あらゆるものがない状態から始め、
粘土板、木簡、紙作り、インク作り、人脈作り…
マイン一人から始め、ルッツと協力して頑張り、
ベンノさんにトゥーリとどんどん人を巻き込んで、
絵本とはいえついに完成ですよ…!
読んでるこちらまで泣きそうになりました。

それと今回はトゥーリの出番がわりと有りましたが、
年下の孤児たちが文字を読めるのにショックを受けているトゥーリは、
申し訳ないけれど、とても可愛かったです…
そして、マインに自分がやれることを教えて貰って奮起しているトゥーリはもっと可愛かったです。
そんなトゥーリを応援したいマインの気持ちがよく分かります。
これは推せる。

もちろん主人公であるマインも可愛いんですよね。
特にヴィルマに頼られた時のマインの可愛さたるや…!

マインは頼られたら必要以上に張り切っちゃう子ですからね。
その感情がとても伝わってくる可愛さで微笑ましかったです。

:: 2021/8/16 月曜日::

■[ラノベ]内部調整のエーレンフェストと外患誘致のアーレンスバッハ「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部「女神の化身Ⅵ」」

グルトリスハイトを得る可能性が一番高いローゼマインを取り込もうと、
王の養女とすることを強制されたエーレンフェスト。
ユルゲンシュミットを救うためとはいえ無理難題の対価を得る条件を飲ませはしたが、
ローゼマインを出すエーレンフェスト内部では色々と問題が起こり…

今回は椎名優さんの挿し絵がとても良い仕事をしてくれましたね。
ローゼマインからリーゼレータへの告白シーンとか最高でしたよ。
文字から想起させてくれる可愛らしさを300%表してくれていて、
プロのイラストレーターさんって凄い! と思いました。

それで言うと大人の格好をしたトゥーリも良かったですね。
ちっちゃなマインより少しだけお姉さんだったあのトゥーリが、
ルッツも見惚れるほどの美少女に成長した姿とか、感慨深いです。
どことなくエーファ母さんに似た雰囲気なのも良かったなぁ…

本編ですが、ヴィルフリートの青春の発露というか…
甘やかして育てられたお坊ちゃまの視野の狭い激昂っぷりには残念なモノを見る目になりますね。
プロローグでフロレンツィアが語っていたように、側近の悪影響を受けていたのが原因でしょうし、
ローゼマインとの魔力差に劣等感もあったんでしょう。

とはいえ、ライゼガング相手に無神経な対応をして嫌味を言われるのは自業自得だと思うんだよなぁ…
フェルディナンドからのお土産が自分になかった理由をローゼマインに解説され、
シャルロッテに追認されたことに衝撃を受けてましたが、
「今更?」とも思えるんですよね…
本当に甘やかされて育ったことに自覚がなかったんだなぁ…
ローゼマインにはあれだけ規格外と指摘してたのに、自分も特別扱いされてたことに無自覚なのはね…
確かにヴィルフリートは領主として相応しいとは思えないんですよね…

ただ、ディートリンデよりはマシだと思ってしまいますね。
視野の狭さ、教養のなさ、脇の甘さ、どれをとってもディートリンデはヒドい。
トルークを使われて簡単に籠絡されてたり、本当に残念で、
アーレンスバッハの人たちは大変だな、と同情してしまいます。

さて、次回ではフェルディナンド様大ピンチ回であり、
ローゼマインが凄いことになる回でもあります。
育成の神アーンヴァックスと椎名優さんの手腕が今から楽しみでなりません。

:: 2021/7/19 月曜日::

■[漫画]貴族院の始まり「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部「貴族院の図書館を救いたい!」」2巻

勝木光さんの本好き第四部コミカライズ2冊目です。
ローゼマインが貴族院に転移したところから始まるのですが、
寮に入ったところから建物の壮麗さに驚かされましたね。

3DCGで作られてるんでしょうけど、それにしたって凄い。
これだけで本好きの下剋上の世界観が伝わってきますね。

まずは寮監のヒルシュール先生が貴族院の説明をしてくれるんですが、
この時の図書館に関することを聞くローゼマインがとても可愛かったです。

貴族として表情を取り繕うことを身につけ始めたローゼマインですが、
本と図書館に関しては素直な心情が顔に出ているのが可愛いんですよね。

ただ、貴族としての作法ができることと、
貴族として正しいやり取りができることはイコールではないんですよね。
初対面の王族の挨拶の時点で色々とやらかしてしまうんだけど、
ローゼマインの常識と貴族の常識が違うので、
やらかしたことに本人だけが気付いてないんだよなぁ…w

原作は基本的にローゼマインの一人称で進むので、
こういった周囲の本音は短編集とかでしか見えにくいんですが、
それらの情報を全部取り込んだ上で描かれているのがとても良かったです。

そしてやらかすのはローゼマインだけではなく、ヴィルフリートがやらかしてしまうんですよね。
ローゼマインが図書館へ行くために一年生の座学合格を条件にしたら、
初日合格を目指して詰め込みスパルタ教育をすることになったんだけど、
その時にブレーキを掛けようとするヴィルフリートに迫るローゼマインには笑っちゃいましたねw

とても可愛いんだけど、すごく圧がある見せ方が上手い…!
暴走するローゼマインに巻き込まれるフィリーネたちが可哀想でした…w

巻末の描き下ろしはコルネリウス視点での短編コミカライズで、
この頃のハルトムートは本当に生意気だなぁ、と新鮮な気持ちになりました。
それと香月美夜さんの短編書き下ろしは1巻直後のフェルディナンド様のものでしたが、
フェルディナンド様らしい策謀の数々が知れて面白かったです。
それらを全て超越しちゃうローゼマインのこれからの行動を知っていると、更に面白かったですw

:: 2021/4/26 月曜日::

■[ラノベ]怠惰で愚かな王族の傲慢「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第五部 女神の化身 V」

王族の要望で星結びの儀式の神殿長の役割をすることになったローゼマインは、
領主会議中でも図書館地下書庫で翻訳作業に勤しむことになるんだけど、
そこにやってきたディートリンデを避けて図書館裏庭に出た先で祠を見つけ、
そこでツェント候補へ到る道筋へ辿り着いてしまい…

このV巻ではどうしても王族へのヘイトが溜まってしまいますね。
アナスタージウス王子はまだ謝ってくれましたし、
何よりエグランティーヌ第一主義なのはわかってたのでまだ割り切れますが、
エグランティーヌがちょっとね…

ローゼマインが憤懣やるかたないように漏らしていたように、
あれだけ貢献していても王族の論理で無理強いするとかね…
身近な争いを避けるためにエーレンフェストに圧力を掛けるとかヒドすぎです。
本社内での派閥争いに辟易したから支社に仕事を丸投げした上で、
有能なエースを引き抜きまくるようなもんですよ。
それに何も罪悪感を持ってないのが更にヒドい。

特にヘイトが溜まったのはジギスヴァルト王子ですね。
商人聖女ローゼマインとの話し合いでも傲慢なところが目立ちましたが、
巻末書き下ろしのアドルフィーネ視点の短編では更にその傲慢さが顕著でしたね。
狭い世界で生きてきて、そこから出てこなかった弊害なんでしょうが、
それにしたってこれはヒドいというか…
ヴィルフィリートとは違った困った所が目立つ王子様ですね…

商人聖女としてのローゼマインにやり込められていましたし、
私はWeb版読んでるのでこの先にちゃんと報いを受けるのは知っているので溜飲は下がりますが、
書籍版しか読んでない人にはキツいと思います。
書籍版でこの後スッキリする展開までは後2,3冊はかかると思いますので、
それまで耐えるか、積ん読にしておいて後で一気に読むかしかないと思いますね。
私のお勧めは我慢できずにWeb版を読むというものですね!w

それにしてもアドルフィーネ視点の短編やオルタンシア視点の短編を読んで痛感しましたけど、
どの登場人物も本当に色々と考えて動いてるんだなぁ…
この本好きの下剋上は飽くまでもマイン視点で見聞きしたことを綴っているだけで、
裏側には本当に色々な物語があるんだな、と感心することしきりです。

今回もハンネローレ様がフェルネスティーネ物語について語っている時のセリフから、
ダンケルフェルガー内でフェルネスティーネ=フェルディナンドという認識になってそうですよね。
そこに到るまでのダンケルフェルガー内での情報共有の話とかもあるんだろうなぁ…
いつか読んでみたいものです。

:: 2021/4/25 日曜日::

■[漫画]新しい側仕えと新しい本作り「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部」5巻

将来的に貴族と関わることが確定しているマインは、
神官長に言われて教養を身に付けるためにヴィルマとロジーナを側仕えにすることに。
しかしロジーナはかつて仕えたクリスティーネ様と同じ感覚でいるために、
他の側仕えたちと衝突を起こしてしまい…

ロジーナの気持ちもわかるんですよ。
仕事でも部署が変わっても前の職場の常識で動いてしまうことがあるので、
そのせいで常識と常識がコンフリクトを起こしてしまうんですよね。
マインも神殿の常識と下町の常識が違って戸惑っていたし、
何なら下町の常識と前世の常識が違いすぎて困ってましたし…
だからこそマインもロジーナに最大限配慮してくれていたわけで良い上司をしてると思います。
あと、ロジーナにはヴィルマという元同僚が居てくれたのが良かったんでしょうね。

そして後半からはルッツと一緒のモノ作り編ですね。
第三部以降は貴族編となるためモノ作りがある第二部は希少なんですよね。
私は第二部までのモノ作り編も結構好きだっただけに寂しかったんですが、
コミカライズで新たに読むことが出来て、旧友と再会したような嬉しさがあります。

新しく産まれてくる弟妹のために頑張るマインが可愛いんですよね。

そして暴走するマインをなだめるルッツというコンビがとても尊いわけです。
前世の知識があるとはいえ試行錯誤はあるわけで、
失敗しても諦めず、その場で出来ることを二人で創意工夫していくが楽しいんですよね。
とはいえ、自分の絵が拙い版画になってガッカリするヴィルマを見るのはツラかったですが…
あれは切なかったけど、必要な表情でした…
本当に切なかったけど…

そしてそんな暴走するマインの裏でトゥーリがどう思っていたのかを知ることができる巻末短編ですが、
これがまた良かったですね。
下町の常識から考えると確かにマインは不義理すぎですが、
エーファママがマインのことを想ってくれていることが分かるだけでなく、
トゥーリの愛情も知ることができてとても良かったです。
やはりコミカライズ版の短編も最高だなぁ…

本編おマインは神官長に問い詰められて戦々恐々なところで終わっているので、
単行本派の人はソワソワしてると思います。
我慢できない人はニコニコ静画で最新話を読むなり、
原作を読むなりすることをお勧めしますよ!

HTML convert time: 0.754 sec. Powered by WordPress