りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!
:: 2013/10/18 金曜日::

■[ラノベ]リゾート・ハザード「ストライク・ザ・ブラッド 9 黒の剣巫」

ストライク・ザ・ブラッド (9) 黒の剣巫 (電撃文庫)
著者/訳者:三雲岳斗
出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-10-10 )
文庫 ( 344 ページ )
作者サイト:ミクモノグラフィカ
作者twitter:三雲岳斗 (mikumo)さんはTwitterを使っています
絵師サイト:fotologue : gallery : manyaxmohu2
絵師twitter:マニャ子 (manyak)さんはTwitterを使っています

アニメが放映開始されましたけど、比較的好評っぽくてちょっと安心な「ストライク・ザ・ブラッド」
今まで三雲岳斗作品でアニメ化されても鳴かず飛ばずだったからなー
やはり中二病設定で微エロで萌えなキャラというのが良かったのだろうか。
そう考えるとこの9巻はあざといから最高ですよ!

矢瀬に半ば騙される形でアルバイト要員としてリゾート地に連れ出された古城たち。
浅葱と二人だけで焼きそば屋台という、大変ながらも浅葱的には割りとOKな所に、
トラブルは向こうからやってくる。
煌坂から古城を頼るように言われてやって来た江口結瞳はどう見ても小学生くらいなんだけど、
実は世界最強の夢魔で…

有能なはずなのにどんどんダメな所が見えてくる煌坂さん可愛い。
典型的ツンデレをやってくれるナイスバディでエロさもあるのに古城には通じてないのが物悲しいね。(笑
雪菜は雪菜で自分の中学生的ツルペタにどんどんコンプレックスを深めていき、
いじけちゃっててそこがまた可愛いと言いましょうか。
大丈夫、君はまだ将来性があるから! そのままでもアリだけど!(ぉ

それにしても浅葱がどんどん重要なポジションになっていくなー
カインの巫女として認知されて周囲の魔族とかに重要視されてくけど、
まぁ、本人にとっては古城に如何に振り向いて貰うかが大事な気がします。
頑張れ浅葱、雪菜ばかりじゃなくて古城に血を飲んで貰うんだ!

:: 2013/10/16 水曜日::

■[ラノベ]音速を超えて…!「アクセル・ワールド 15 ―終わりと始まり―」

アクセル・ワールド (15) ―終わりと始まり― (電撃文庫)
著者/訳者:川原礫
出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-10-10 )
文庫 ( 296 ページ )
作者サイト:WORD GEAR
作者twitter:川原礫 (kunori) on Twitter
絵師サイト:天才卓球少女
絵師twitter:HIMA (himapo) on Twitter

色々とアレなのでネタバレ格納。

(more…)

:: 2013/10/14 月曜日::

■[ラノベ]二年生編開始!「魔法科高校の劣等生 12 ダブルセブン編」

魔法科高校の劣等生 (12) ダブルセブン編 (電撃文庫)
著者/訳者:佐島勤
出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-10-10 )
文庫 ( 456 ページ )

アニメ化も決定された「魔法科高校の劣等生」ですが、
Web版からの読者としては感慨深いけど、「まぁ、当然だよね」と思っているのも確かだったり。
それにしてもコミカライズも更に2本追加連載が決まったりと、
メディアミックスがもの凄い勢いですね。
そういった所は流石電撃文庫だと思わされます。

さて、波瀾万丈だった一年生編を経て、達也たちが二年生に進級することになったんだけど、
新入生が達也たちほどではないけど曲者ばかりなのでまた波瀾万丈になりそうな予感が…
また、魔法師たちを取り巻く世界も七草家の暗躍だったり、
アメリカの賢人による手引きだったりで更に複雑なことになっていくみたいで…

新キャラの七宝琢磨くんですが、裏表紙のSDキャラの時点で、
「あ、髪型がワカメだ…」という第一印象だったんですが、正にそのままのキャラでしたね!(ぉ
中途半端に良いとこの坊ちゃんで、才能もそこそこあるし努力もしてるんだけど、
簡単に踊らされた上に実力の差も認識出来ずにボコボコにやられるとか、
ワカメキャラとしてこれ以上ないデビューだったと思います!
Fate/stay nightの間桐慎二くんと良いお友達になれると思うよ!(笑

他の新入生で目立ってたのはやはり七草の双子ですね。
真由美先輩の妹たちなんだけど、これがまたクセが強すぎというか。(笑
まぁ、真由美先輩が激怒する所を見せてくれたりと貴重なキャラだと思いますし、
これからの活躍にも期待したい所です。

それはそうとアニメ化に伴い達也と深雪の声優さんが発表されてますけど、
深雪の声優さんはTARI TARIで沖田紗羽やったり俺妹で新垣あやせを演じた早見沙織さんなんですね!
これはまた罵倒キャラのバリエーションが増えるな…(ぉ

:: 2013/10/12 土曜日::

■[ラノベ]青春に、ありがとう。「ココロコネクト プレシャスタイム」

ココロコネクト プレシャスタイム (ファミ通文庫)
著者/訳者:庵田定夏
出版社:エンターブレイン( 2013-09-30 )
文庫 ( 350 ページ )
絵師サイト:enfance

ココロコネクトのエピローグにして最終章「ココロコネクト プレシャスタイム」が発売になりました。
<ふうせんかずら>が巻き起こす超常的な事態はなくなったけど、
高校生の瑞々しい若さと、それ故の悩みが赤裸々に綴られる青春という、
このシリーズの根幹となる所は変わらず、むしろより顕著になっています。

太一の妹が文研部の面子を一人ずつ面談する「わたしだけのお兄ちゃん」
藤島さんが企画して決行されたトンデモイベント「カップルバトルロイヤル」
自分自身に自信がない少年が可能性を掴み取ろうとする「新入生よ、大志を抱け」
一足先に推薦で進路を決めた永瀬が思い悩み、前に進む「未来へ」
の4編が収録されているんですけど、どれも面白かったです。

「カップルバトルロイヤル」は一番ページ数を占めているだけに盛り上がってましたね。
太一と稲葉がバカップルっぷりを見せつけたり、
まさかの唯の空手バトルがマジで繰り広げられたり、
藤島さんの最後のどんでん返しで爆笑させられたりと、
読んでて凄く楽しかったです。

でも、このシリーズの内容を色濃く反映しているのは「新入生よ、大志を抱け」と「未来へ」だと思うんですよね。
成功体験がないから自信が無く、だからこそ目の前のチャンスをモノに出来ずに見送るだけ。
そんな新入生の背中を押してあげる文研部が綴られた「新優勢よ、大志を抱け」には青春を感じさせられましたし、
「未来へ」では卒業してしまうけれど、そこにしっかりと残る絆とその大切さを噛みしめさせてくれます。

それと、ごっさんの言ってた旧友との間のエピソードはよく判ります。
私も8月に20年ぶりに中学校の同級生と同窓会で会ったんですけど、
本当に当時より仲良く話せましたしね。
だから永瀬も卒業しても大丈夫だと思いますよ。

これから門出を迎える若者たちに幸多からんことを。

:: 2013/10/10 木曜日::

■[ラノベ]魔族との前哨戦「強くてニューサーガ」2巻

強くてニューサーガ〈2〉
著者/訳者:阿部 正行
出版社:アルファポリス( 2013-09 )
単行本 ( 274 ページ )
作者サイト:阿部正行
絵師サイト:ODD NUMBER★★★オッドナンバー■□■□■□■□■□■□■□■□■
絵師twitter:布施龍太 (chameleonrock)さんはTwitterを使っています

魔王と相打ちになった魔法剣士カイルが偶然4年前に時間遡行したことによって、
魔族の大侵攻に対する準備のために英雄になろうとするサーガの第2巻。
半年で2冊目という順当なペースでの刊行で、エタる心配がなさそうで嬉しいですね。
現在も3冊目の内容を更新中と比較的安定していて安心しております。

1巻で窮地の所を助けたことで縁が出来たミレーナ王女の依頼によって、
ガルガン帝国との係争地である鉱山都市カランへと使者として赴くことになったカイルたち。
しかしカランでは帝国の重鎮である宮廷魔術師第2位の人物も来ているだけでなく、
カイルにとって宿敵である魔族も侵入していて…

割りとセランの外道っぷりが光っていた感じがしますね!
魔技師のゴウを助ける時の話とか、ガラの悪い借金取りたちに同情する程でしたよ。(笑
目的のためなら手段を選ばず、手に入れたものを手放さない為には容赦をせずと、
そんなセランだけにラストの魔族への手心には驚いたけど、
オチを知ってちょっと安心しました。(笑

そんなセランと不本意ながら似た所があるカイルだけど、
カイルの凄い所は未来を知っているからといって驕らずに、
未来で得た教訓を元に周到に罠を仕掛けている所だと思います。
特に失敗した時の為にもしっかりと罠を張ってるとか入念と言いましょうか。
それにミランダさんに対する追求とかも容赦なかったですねー

穏健派の魔王の治世下での潜入捜索班の魔族とはいえ、
まずは前哨戦に勝利したということで一息が付けそうなんだけど、
ガルガン帝国のこともあって厄介な事態はまだ起こりそうですね。
次の3巻に収録されるであろう箇所は現在連載中ですので、
そちらも楽しみに待ちたいと思います。

:: 2013/10/8 火曜日::

■[ラノベ]勘違いされて英雄伝「最新のゲームは凄すぎだろ」1巻

最新のゲームは凄すぎだろ 1 (ヒーロー文庫)
著者/訳者:浮世草子
出版社:主婦の友社( 2013-09-30 )
文庫 ( 312 ページ )
連載サイト:最新のゲームは凄すぎだろ
作者サイト:うきせくさこ
絵師サイト:FancyFantasia
絵師twitter:植田亮 (ueda_ryo)さんはTwitterを使っています

ヒーロー文庫の新シリーズ!
ということでご多分に漏れずこの作品も元々小説家になろうの連載作品です。
確かケータイで執筆されていたはずなので、ある意味ケータイ小説と言えるのかも知れません。

ぼっち主人公がクラスメイトと話題を共有したいがために、
世界初のVRMMORPG「Another World」のβテスターに応募したらクラスでぼっち当選。
それでもめげずにケイオスというキャラを作り魔術師として冒険し、
時にはコミュ障を治すためにNPCに話しかけたり、
時にはパーティーに誘われてドキドキしながらプレイしてみたりと色々頑張っているんだけど、
そのコミュ障なことからケイオスは気付いていないのであった。
実はそこがゲームの世界ではなく、紛れも無く異世界であることに…

本人はゲームをしているだけのつもりなんだけど、
ログインした先が実はゲームと酷似している異世界で、
ゲームの能力と攻略wikiの知識のお陰で異世界で徐々に注目されていく過程が面白い。(笑
ケイオス本人は至って真面目にゲームをしているだけなのに、
今までぼっちだったが故のコミュニケーション不足によって、
周りが勘違いしてどんどん英雄視していくのが面白いんですよね、これが。(笑

web版では元々クラスでぼっち属性という訳じゃなかったんですけど、
書籍化に伴いリアルでもぼっちという情報が追加されたお陰でより深みが増してますね。
追加キャラのサポートAIキャラもビジュアル含めて良い仕事してますし、
プロローグ含めて全体的に良い加筆修正だと思いますので、
web版を読んでる人も充分楽しめると思います。

ちなみにこの1巻でも充分面白いですが、
個人的にはアレクシア様が登場する2巻からが本番だと思っていますので、
是非とも2巻も読んで欲しい所であります。
アレクシア様可愛いよアレクシア様。

HTML convert time: 1.184 sec. Powered by WordPress