りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2016/6/16 木曜日::

■[ラノベ]竹宮ゆゆこ最新作!「砕け散るところを見せてあげる」

砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)
著者/訳者:竹宮 ゆゆこ
出版社:新潮社( 2016-05-28 )

大学受験を間近に控えた濱田清澄がたまたま見かけた1年生のいじめ現場。
しかし正義感から助けた蔵本玻璃からは奇声を上げられてしまう。
それでも気になった清澄が1年生のクラスを伺うとやはりいじめが行われており、
ある日校外で洒落にならないいじめを助けたことで二人の距離は縮まっていき…

竹宮ゆゆこさんが新潮文庫nexで書く第二弾にして最新作ですが、
やはり竹宮ゆゆこさんは竹宮ゆゆこさんだと感じさせる内容でした。
しかし取り扱うテーマはライトノベルの枠組みでないのは間違いなく、
これは新潮文庫nexで出すのが正しいだろうな、と思いました。

全部わかってからはスッキリするんですが、それでももどかしい思いもありましたね。
クラスメイトは玻璃がずっと濃い黒ストと長袖を着ていた理由を何故気付けなかったのか。
清澄は玻璃の将来のことを考えておきながら何故身近な危険を心配しなかったのか。
それもこれもまだ彼ら、彼女らが若いからという一言に収束するんだろうけど、
それにしたってツラいなぁ。

いじめをしていたクラスメイトは報道で真実を知って自責の念にかられたりしないのかなぁ…
とかそんな益体もないことを考えている間に物語が急転直下で終わって驚きましたね。
そして終わったあとに冒頭の意味がわかって見事に引っかかっていたと気付かされました。
確かに半ドンという制度があったり、
誰も携帯電話を持っていないのはおかしいと思ってたんですが、
なるほど、そういうことだったのかと。

竹宮ゆゆこ作品ファンなら買って読んで損はないと思いますが、
ゆゆこ節のおかげで読みやすくはなっているとはいえ、
癖が強くて重いテーマも扱っているので注意が必要です。
でも、面白いよ!

関連エントリー


知らない映画のサントラを聴く (新潮文庫)著者/訳者:竹宮 ゆゆこ出版社:新潮社( 2014-08-28 ) 絵師サイ…

エバーグリーン 1 (電撃コミックス)著者/訳者:竹宮 ゆゆこ出版社:アスキー・メディアワークス( 2012-05-2…

エバーグリーン (4) (電撃コミックス)著者/訳者:カスカベアキラ出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワーク…

ゴールデンタイム (8) 冬の旅 (電撃文庫)著者/訳者:竹宮ゆゆこ出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワーク…

ゴールデンタイム (6) この世のほかの思い出に (電撃文庫)著者/訳者:竹宮ゆゆこ出版社:アスキー・メディアワークス…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.771 sec. Powered by WordPress