僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!
:: 2013/6/11 火曜日::

■[ラノベ]ほのかなバレンタイン「魔法科高校の劣等生 10 来訪者編 中」

魔法科高校の劣等生 (10) 来訪者編(中) (電撃文庫)
著者/訳者:佐島勤
出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-06-07 )
文庫 ( 328 ページ )

前回「今後もリーナを萌え化させる変更点があるかもしれません」と言いましたけど、
まさか本当にリーナを萌えさせる変更点がWeb版から追加されるとは思いませんでした。
ただ、リーナの萌えは彼女のポンコツ度と相関関係があるので、
結果としてリーナは更にポンコツ美少女として花開いてしまっているんですけどね。(笑

前回はリーナたちUSNA軍と司波兄妹のバトルがメインだったのに比べて、
来訪者編の中であるこの10巻では主に吸血鬼”パラサイト”の謎の解明と、
バレンタインイベントでの乙女たちのラブコメ騒動がメインとなっています。
そう、100年経っても日本の菓子業界が醸成した恋愛文化は廃れてないのです。

雫からの情報提供で吸血鬼の正体を察した達也が処分をエリカたちに任せたと思ったら、
吸血鬼がまさかの一高侵入だよ!
という展開でしたが、ギリギリまで気付かないリーナのポンコツ具合が凄い。
まぁ、戦闘偏重で知覚系は苦手だもんね! 仕方ないよね!

今回も相変わらずどのキャラも見所があって良かったですね。
アメリカに行った雫にもちゃんとエロ&萌えイベントあったし。
ちなみにWeb版からはイラストの追加と呂律が回らない変更で萌え度が急上昇しております。

他にも真由美さんもバレンタインでお茶目なことをしてたりね!
というかこういう子供っぽいことしてるから、
達也に大人らしい対応をされないんだと思うのですが…
まぁ、それも含めて真由美さんらしいですよね。(笑

バレンタインではほのかが一番恋する乙女らしさを出してたけど、
ほのかの一番の萌えドコロは翌日のイベントですよね!
休眠していたパラサイトを目覚めさせる程の純粋な恋心とかどんだけだよ!
それにしても公開羞恥プレイがWeb版よりかなり強化されてて、
ジタバタ藻掻くほのかにより一層ニヤニヤ出来たわけなんですが…
うーん、作者と編集は間違いなくドSだよなぁ。(笑

Web版からの変更といえば深雪とリーナの下着シーンが追加されてたりと、
萌えとエロの追加が著しかった気がします。(笑
まぁ、それ以外にもパラサイト同士の会話や、四葉の暗躍とか、
読者に分かり易い変更点も多かったですけどね。

さて次回はリーナと達也の戦闘から始まる訳なんですが、
結果を知っている身としてはリーナが不憫でならないです。(ぉ
ちなみに発売は2ヶ月先と、いつもよりペースが早めなので、
余り待つ必要がないのが嬉しいですね。
Web版との変更点ともども楽しみであります。

:: 2013/6/9 日曜日::

■[ラノベ]Never Ending ISS Story「アクセル・ワールド 14 ―激光の大天使―」

アクセル・ワールド (14) ―激光の大天使― (電撃文庫)
著者/訳者:川原礫
出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-06-07 )
文庫 ( 296 ページ )
作者サイト:WORD GEAR
作者twitter:川原礫 (kunori) on Twitter
絵師サイト:天才卓球少女
絵師twitter:HIMA (himapo) on Twitter

バッドエンドに染まったみなさまごきげんよう。(→参考

うん! メタトロン編は終わったけどISS編はまだ終わってないよね!
まぁ、この14巻でやるべきミッションがアクア・カレントの救出と、
大天使メタトロンの攻略というイベントが重なってる時点で察してましたけどね!
「境界線上のホライゾン」並の厚さじゃない限り一冊に収まりきるはずがないですよねー!(笑

今回はMMOで云う所のレイドボス攻略を2連続で行うということになるのですが、
流石にアーダー・メイデンを救出する時よりも参加面子が増えているし、
何よりみんなの能力が成長しているのである程度安心感がありましたね。
各人の持てる能力を十全に考慮した上で作戦を練るだけではなく、
咄嗟の事態にはすかさずフォローに入る連携は今までの経験と、
仲間同士の絆というものを感じさせてくれて熱かったです。

特に今回はセイリュウ相手では赤の陣営のはずのニコとパドさんが活躍しまくりで!
パドさんがレベル6の理由はこの為といのは察することが出来てましたが、
具体的な方策が今まで判らなかっただけに、今回はその覚悟の男前っぷりに痺れましたよ。
まぁ、パドさんは表紙の巨乳っぷりから判るように素晴らしく女性的ではあるのですが。

そしてこれだけ面子が揃っていたらキャラ同士の掛け合いだけでも面白く、
いつまでも読んでいたいのですが、そうするとイベントが終わらないんだよなぁ。(笑
今回はタクムも戦闘でも日常パートでも見せ場があったし、
チユは相変わらずここぞという時に役に立ったし、
主人公のハルユキも見せ場で活躍してくれたしで、みんな見所が沢山あって満足でしたね!
まぁ、終わり方はまたもやアレだったけど…

しかし前々から全損フラグが立ちまくっていたニコですが…
まさかこういった事態に陥るとはなぁ…
意識を失い攫われるというのは姫フラグでもあるので、
ハルユキとの恋愛フラグが全損フラグを上回ると信じて15巻を待ちたいと思います。

…流石に次こそISS編終わるよね?(笑

:: 2013/6/7 金曜日::

■[ラノベ]○○トゥルーエンド「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」12巻

俺の妹がこんなに可愛いわけがない (12) (電撃文庫)
著者/訳者:伏見つかさ
出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-06-07 )
文庫 ( 392 ページ )
作者サイト:LUNAR LIGHT BLOG
絵師サイト:tabgraphics_blog
絵師twitter:かんざきひろ (kanzakihiro)さんはTwitterを使っています

大人気シリーズが堂々完結!
という訳でオンラインでネタバレ食らう前に読破してやったぜ!
まぁ、オフラインではネタバレ食らったんですけどね…

以下ネタバレ格納…
(more…)

:: 2013/6/4 火曜日::

■[ラノベ]趣味で手掛ける国家事業「ナイツ&マジック」2巻

ナイツ&マジック 2 (ヒーロー文庫)
著者/訳者:天酒之瓢
出版社:主婦の友社( 2013-05-31 )
文庫 ( 360 ページ )
作者サイト:絵師空域 — Index
作者twitter:天酒之瓢 (Amazake_Write)さんはTwitterを使っています
絵師サイト:D.S.B.
絵師twitter:黒銀 (kkkkurogin)さんはTwitterを使っています

1巻で巨大魔獣・ベヘモスを倒すという一大イベントをやってしまったため、
次にどんなことをやるかと思ってたら、2巻ではまさかの幻晶騎士の製作編!
まぁ、ここらへんはWeb版の連載でリアルタイムで読んでましてね。
当時は作者も先を考えてなくて王様からの褒賞をどうするか悩んでたのを、
活動報告に書いてたことも今となっては懐かしいです。(笑

そういった後先考えない展開だった為に色々と無理がたたってたWeb版に比べ、
編集さんが見事な手腕を発揮したのか全体的に随分とブラッシュアップされてますね。
まず、幼馴染みのドワーフのバトソンの出番が増えたし、
キャラクターの描写に説得力を持たせるように細かい所まで手が入ってます。
ですが、面白さのキモである個性が滲み出る会話はちゃんと残っているので、
そのどれもが違和感なくスルッと楽しむことができます。

物語は国王・アンブロシウスが陸皇事件で活躍した中等部に通う12歳のエルを検分するため、
国王の学友でもある祖父・ラウリを含めて面談する所から始まるんですけど、
エルは国王相手でもメカオタ魂を衰えさせず、褒賞として趣味で国家機密を聞くことに。(笑
国王も国王でそういったエルを気に入り興が入って幻晶騎士を作れと言うんだけど…

いやー、1巻ではエルの暴走に巻き込まれるのがディー先輩だけでしたけど、
2巻では高等部の先輩たちほぼ全員にまで膨れ上がって大変なことになりましたね!(笑
地球の爛熟したメカオタ文化の記憶を持つエルが、幻晶騎士は人型という概念に縛られた世界で、
次々と新アイディアを生み出して親方たちを翻弄するのを見てると親方たちには悪いけど痛快で。(笑

勿論新しいアイディアを出してすぐ完成するわけではなく、
何度も失敗を繰り返し、新たに出てくる欠陥とその対応策を講じていて、
そういったモノづくりに付き物の試行錯誤もまたエルたちのキャラのお陰で楽しいんですよね。
宇宙兄弟でも言ってたけど「本気でやった失敗には価値がある」んですよ!
何度も失敗しながらも形を作り上げていく職人魂もまた格好良かったです。

そういったモノづくりだけではなく、
ちゃんと戦闘シーンもあるのでバトル展開が好きな人も安心できるようになっています。
山脈を挟んで西方諸国とは疎遠で油断していたところに他国からのスパイの暗躍と、
中々にえげつなくて泥臭い展開ですが、こちらもまた見所だったりします。

でもまぁ、一番の見所はやっぱりモノづくりシーンと、
黒幕かと思いきや中間管理職的な悲哀が漂うディクスゴード公爵との会談かなぁ。(笑
エルの人物像を捉えきれずに疑心暗鬼となり危ぶんでいたら、、
趣味のメカの為に暴走するだけのオタクと心底理解した瞬間は、
読んでて同情と笑いで変な表情になってしまいます。

ラストの国王との謁見も面白かったなぁ。
やはりこの作品はキャラクターの魅力が光ってますよ。
そしてそれを光らせる為にブラッシュアップした書籍化は素晴らしいと思います。
ともあれ、2巻もオススメです!

:: 2013/5/26 日曜日::

■[ラノベ]シリーズ丸々温泉回!「温泉ドラゴン王国」1巻

義理と人情を秤にかけりゃ、人情が重たいラノベの世界。
平和さんの編集第2作ということでステマする為に買いましたよ!
ラノベ殆ど読まない友人には献本するくせに私には献本しないという徹底ぶり!
友情で買ってくれるに違いない、という別の思惑が見て取れる今日このごろです。

まぁ、そんな外野の話はどうでも良くてこのラノベのストーリーですけど、
ユ国という山間部にある大国に挟まれた弱小国家の赤字経営に頭を悩ませるアリマ王子の元に、
帝国から古代遺跡を調査しにやってきた少女ハナが「温泉を調べさせてほしい」
と訪ねてきたことから始まる温泉ラブコメディ!

温泉が当たり前だったユ国を救うのは温泉を使った観光立国サクセスストーリー!
と思いきや、この温泉が古代魔法技術の粋を集めたモノで、
源泉を掛け合わせることで「蟻がペガサスになる温泉」「重度の火傷が完治する温泉」
という魔法的な何かの効能を発揮するというアクロバットな展開が面白かったです。

キャラクターも研究員のハナに実姉でブラコンのユフィにドラゴン幼女と、
面白いキャラが多くて賑やかでしたね。
今後は実妹も出てきそうな気配がしてますけど、
多分またブラコンなんだろうなぁ。(笑

しかしアニメとかで人気がある「温泉回」「水着回」を毎回やる為に舞台を温泉にするとか、
お前はどこの「ラブひな」だよ! と思わざるをえないですね。(笑
「ラブひな」も10年以上前の作品なので一周回ってきたのかもしれませんが。
まぁ、女の子の裸が多いというのは素晴らしいモノです。(しみじみ

:: 2013/5/21 火曜日::

■[ラノベ]オムニバス阿良々木ハーレム物語「暦物語」

暦物語 (講談社BOX)
著者/訳者:西尾 維新
出版社:講談社( 2013-05 )
単行本(ソフトカバー) ( 468 ページ )

「暦物語」ということで主人公は珍しく阿良々木くんな訳ですが、
今回は更に「暦」という文字がそのまま意味を持っています。
つまりカレンダー的に化物語の前、傷物語の後の阿良々木くんが進級した4月から、
毎月、各ヒロイン毎の短編を綴っている形になります。

羽川、戦場ヶ原、八九寺、神原、千石と次々と進んでいく訳ですが、
今となっては懐かしい頃の各ヒロインを見ることが出来るという事でもあります。
つまり何がと言うと登場初期の戦場ヶ原の悪口雑言をこれでもかというほど堪能出来る訳です!
うわーい、これはキツイ! 心が折れそうだ!

阿良々木ハーレムのはずなんだけど、何故かみんな阿良々木くんは毒舌に晒されまくりですね。
戦場ヶ原を筆頭に神原にも言われるし、妹二人にも散々という、
阿良々木くんはどんだけドMなんだよというくらいにメッタメタです。
まぁ、今回はメタネタはないんですけどね。

とはいえ今回は今までのどんどん物語が崩壊していくもの悲しさは少なくて、
比較的、かつてのキャラクターの魅力を思い出させてくれた感じがしますね。
まぁ、最後の最後で最期な感じでよくわからないオチてないオチがついたので、
また次の展開が楽しみなような心配なような感じになっちゃいましたけど…

うーん、はたしてどうオチを付けるつもりなんでしょうか…
疑問符つきまくりやでー

HTML convert time: 0.640 sec. Powered by WordPress