僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!
:: 2013/5/9 木曜日::

■[ラノベ]螺旋階段のその向こうに「ここから脱出たければ恋しあえっ」4巻

ここから脱出たければ恋しあえっ4 (角川スニーカー文庫)
著者/訳者:竹井 10日
出版社:角川書店( 2013-04-27 )
文庫 ( 285 ページ )
作者サイト:東京帝国立・八坂原学院/初等部
作者twitter:竹井10日 (tendays_takei) on Twitter
絵師サイト:雑記
絵師twitter:カレー (flat_fish_) on Twitter

竹井10日のラノベ作品として初の完結作となった「ここから脱出たければ恋しあえっ」ですが、
案外ちゃんと綺麗に完結しちゃったことにまず驚き、
次に1巻の頃から変らずずっと変態だったことに安心し、
そして最後に東京皇帝北条恋歌の完結はいつなのだろうと思いました。

孤島からの脱出してハーレムな日常になったと思ったら、
今度は名無しさんの中の人だった愛依と一緒にまた監禁されるという事態に!
他に新たな二人のヒロインが出てきた上に、
美羽たちハーレム要員は名無しさんとして登場し、
物語は意外な真実をもって収束に向かう…

1巻から割りと変態でしたけど、最後まで本当に変態でしたね。
これ、全年齢向けのラノベなの? と冒頭から疑問に思いましたよ。
なんだよ! 美少女におむつして放尿させることによっておむつに書かれた暗号文を浮かび上がらせるとか!
竹井10日さんってエロゲ書いてた時から思ってたけど最高にバカじゃないの!?
ありがとうございます!

まぁ、何にしても最後の展開はかなりぶっ飛んでて意外性が高かったですが、
それでもちゃんと曲がりなりにも整合性も取れてたしハーレムものとしてハーレムとして終わったし、
何だかんだでこれがハッピーエンドじゃないでしょうか。
願わくば他の竹井10日さんの他作品もこのようにハッピーエンドで終わって欲しいんだけど…
まずは東京皇帝北条恋歌からかなぁ…

:: 2013/5/7 火曜日::

■[ラノベ]ハッピーなファンタジーを、君に!!「デスニードラウンド」ラウンド1

デスニードラウンド ラウンド1 (オーバーラップ文庫)
著者/訳者:アサウラ
出版社:オーバーラップ( 2013-04-24 )
文庫 ( 287 ページ )
作者サイト:アサウラの生存観察室
作者twitter:アサウラ (asaura_seizon)さんはTwitterを使っています
絵師サイト:てら速
絵師twitter:赤井てら (akaitera)さんはTwitterを使っています

アサウラさんがオーバーラップ文庫で送り出す新作ということで、
ベン・トーみたいなコメディ作品を期待していたらコレだよ!
いや、面白かったけどさ! どこがハッピーでファンタジーな内容だよ!
硝煙と臓物にまみれるクレイジーでデンジャラスすぎるネタのオンパレードじゃねーか!

葛ユリが両親の借金を返済するために騙されてやらされることになったのは、
硝煙弾雨の世界で生と死の狭間で踊る部隊に参加すること。
しかもユリが加入して初めに依頼された仕事はハンバーガーショップのマスコットキャラクターの、
ロナウダを暗殺するという、とんでもない仕事で…

人体改造された超能力者という設定のロナウダが虐殺しまくるという、
どこぞのハンバーガーショップに訴えられそうなネタだったり、
埋め立て地のテーマパークが禁忌として扱われたり、
何より女主人公の銃器モノという、紙一重なところを飛行するクレイジーさが凄い。

また、ベン・トーで培われた食事描写の巧みさがムダに折り込まれており、
読んでいるとお腹が減ってくること受け合いなんですが、
同時に血と臓物が溢れる内容なので相殺される可能性も高いです。

しかしラウンド1ということはこれからも刊行する予定があるんだろうけど…
一体どこまで攻め込むんだろう…

:: 2013/5/2 木曜日::

■[ラノベ]借金返済ラブコメディ「よろず屋退魔士の返済計画」1巻 100億の契約書

この作品の担当編集である平和さんは昔からの友人でして、昨日も一緒に飲んでたし、
明日も一緒に飲む予定の私がこの作品の感想を書いたらステマ臭がプンプンするのですが、
平和さんはムダに潔癖だから献本とかくれませんからね! くれても良いようなもんなのにね!
それに「”面白い”を伝えたい」というサイトのコンセプトからしたら、
やはり読んで面白いと感じたからには感想を書かざるをえないかな、と。
くやしい…、でも面白い…!(ビクンビクン

で、この作品のあらすじはというと、
退魔の名門「神堂家」で天才と謳われた母と、
神堂家と反目している「追儺家」で外道と言われていた父との間に生まれた主人公・追儺狗朗が、
「神堂家」から破門され、かつて住んでいた家に戻ったら、
幼馴染みの九十九みぎりに父の借金100億円のカタに扱き使われることに。
しかも、借金返済する為に仕事しようにも「神堂家」から破門されているのでまともな仕事が出来ないので、
巷で有名なインチキ霊能者を巻き込んで依頼人が幽霊専門の何でも屋をすることになるんだけど…

作者のSOWさんは元々ジャンプ作品のノベライズ等を手掛けた実績がある人なんですけど、
親の借金のカタ+除霊という組み合わせは「ハヤテのごとく!」と「GS美神」とサンデー作品を連想させますね。
まぁ、幽霊のお悩み第一弾のエピソードは「幽遊白書」の序盤のエピソードに近かったですが。(笑
某ジャンプの国民的な人気漫画が元ネタっぽい作品が多数出てきてますから、
ジャンプっぽい雰囲気は残っている気がしないでもないです。

とはいえ、やはりこの作品の魅力は少年誌的な燃えよりも萌えでしょう。
みぎりがあっという間にツン100%からツン(50%)デレ(50%)になったり、
絶壁まな板の葛はボクっ娘で自分の気持ちに無自覚でフラレナオン臭がぷんぷんして、
ラブコメ好きとしてはニヤニヤせざるをえない訳ですよ。
やはり女の子同士が修羅場ってるのは萌えですよね、萌え!
そして貧乳を気にする女の子も萌えですよ!

正直、この1巻を買った理由の大半は義理と人情だったりするのですが、
何か普通に面白かったので2巻以降が出るなら楽しみに待ちたい所存であります。

:: 2013/4/30 火曜日::

■[ラノベ]バグ満載のゲーム世界へようこそ!「この世界がゲームだと俺だけが知っている」1巻

この世界がゲームだと俺だけが知っている 1
著者/訳者:ウスバー
出版社:エンターブレイン( 2013-04-27 )
単行本 ( 451 ページ )
作者サイト:ウスバー
絵師サイト:『とくになし』イチゼンのブログ
絵師twitter:おっぱい村のイチゼン村長 (ichizen_works)さんはTwitterを使っています

1年ほど前にお勧めしたWeb小説が遂に書籍化ですよ!(ドヤァ
発売元はまおゆうやログホラで有名なエンターブレインなんですが、
他の作品以上に分厚い内容となっている上に、1巻から既にオーディオドラマ化しており、
帯の折り返しのURLにアクセスすればDLして視聴できるんですが、
前半部分はYouTubeでアップされているので、まだ買ってない人はそちらで確認していただければと思います。

主人公がいつも通りVRゲームをやっていたらひょんなことからゲームの世界に取り込まれるという、
割りとよく聞く設定なんですが、そこから伸身一回転捻りをしているのがこの猫耳猫です。
まず、そもそも取り込まれたVRゲームは「New Communicate Online」というタイトルなんだけど、
タイトルに反して一人用のオフラインゲームである上に、
制作者の悪意としか思えない極悪なクエストばかりなクソゲー of クソゲー!
しかし主人公の相良操麻はそんなクソゲーを愛し、大学生活も授業以外は猫耳猫に費やす重度のぼっち。
そんな操麻が即死級トラップ満載のゲーム世界でバグ技を駆使しながら冒険する、
痛快娯楽コメディ小説がこの「この世界がゲームだと俺だけが知っている」なのです!

初見殺しのイベントなんかまだ生温く、敵を攻撃したら回復するバグなんかもまだ可愛い方で、
剣カテゴリーのはずの武器なのに斧技しか出せないとかは常態化しており、
むしろ遭遇したら完全に詰んでしまうイベントも盛り沢山なゲームの完成度がムダに再現されている世界で、
NPCでなくなったキャラクターたちと、
元がゲームだと認識している操麻が繰り広げる冒険が面白いんだな、これが!

この1巻では冒険初期の困ったちゃんNPCのトレインちゃんがメインヒロインなんですが、
初期エリアの近くで長時間レベル上げをしていると悪意なくモンスターをトレインしてMPKしてくるという、
制作者の悪意としか思えない設定がされているんですよね!
それでも純真で可愛いのでヒロインとしての魅力はちゃんとあるんですが、
それにしたって困ったキャラですよ、ホント。

ちなみにこの作者のウスバーさんは非常に設定と伏線と叙述トリックが巧みなので、
今後更に面白くなってきますから、2巻以降も是非楽しみにしていただきたいですね!
まぁ、我慢が出来なくなったらWeb版を読めば良いんじゃないでしょうか!
ストックは残り3冊分くらい余裕である上にハイペースな執筆速度ですので、
期待出来るかと思います!

:: 2013/4/29 月曜日::

■[ラノベ]キミのハートにロック・オン!「ベン・トー 10 恋する乙女が作るバレンタインデースペシャル弁当350円」

ベン・トー 10 恋する乙女が作るバレンタインデースペシャル弁当350円 (ベン・トーシリーズ)
著者/訳者:アサウラ
出版社:集英社( 2013-04-25 )
文庫 ( 360 ページ )
作者サイト:アサウラの生存観察室
作者twitter:アサウラ (asaura_seizon) on Twitter
絵師サイト:Kr3
絵師twitter:柴乃櫂人 (kr3kaito) on Twitter

相変わらずテンションがMAXで誌面の文字数もMAXな「ベン・トー」の新刊が発売!
遂に本編だけで2桁になった本作ですが、一度アニメ化したことで落ち着くどころか、
むしろ佐藤の変態度に磨きが掛かりまくりで止まる所を知りませんな!
良いぞ、もっとやれ!

前半部はある狼が「大厄の闘牛士」を仕留めたと唄ったカナリアの情報を元に、
「退魔師」がやってくるんだけど、何故か狙ったのは佐藤ではなく、
「幽霊」の二つ名で呼ぶ白粉で…
更に白粉をつけ回す男が居ると聞いて黙ってられない白梅も無謀に参戦し、
事態が混迷になるんだけど…

腹の虫の加護がない白梅が蹂躙されるというのは理屈では納得出来るんだけど、
意外性がある展開だったのは確かでしょうか。
今まで佐藤を足蹴にしてきた白梅様が地べたに這いつくばることになるだなんて…!
というか、佐藤にお願いする白梅を見てるとちょっとキュンキュンしちゃいますね!
そしてそんな白梅に対して佐藤がしようとしていた変態的行動にはドン引きしちゃいますね!

まぁ、それでこそ「変態」の二つ名を持つ男と言えるのかも知れませんが!

そして後半部はサブタイトルになっているようにバレンタインデー一色で、
白粉の異物混入チョコに白梅の義理だけど手作りチョコ、
そしてオルトロスのチョコに槍水姉妹のチョコとラブコメ濃度が高い!
また、奪取するべき弁当もかなり特殊なもので…

佐藤の変態度が後半になっても衰えない所が凄い。
特にウルフヘアに対する言動が割りと犯罪的だったりするだけでもヤバイのに、
茉莉花に対しての行動がいつも以上に常軌を逸してますよ!
なんだよ! ティッシュでこよりを使って鼻の穴に作ってくしゃみさせるプレイとか!
歯磨きプレイよりもマニアックすぎるよ!
というかロリに対するエロさに磨きが掛かりすぎだよ、佐藤!

そんな佐藤の変態っぷりとは別にストーリーの根幹になる、
HP部の解散に関する話がボチボチ核心に触れるようになってきて、
今回はかなりヤキモキするラストだったので続きが早く読みたくなるですよ。

しかし相変わらず著莪の本編での扱いが少なくて残念ですなー
まぁ、普通に出番が多かったら話題を掻っ攫うのが間違いなくので仕方ないのかもしれませんが。
とはいえ、少しの出番でも充分萌えさせてくれるのが著莪でありまして、
佐藤との身長差とキスの話には大変ニヤニヤさせていただきましたですよ。

それと余談ですけど、TV上とはいえ広部さんが再登場したのも嬉しかったです。
また本編で出てこないかなー、広部さん…

:: 2013/4/24 水曜日::

■[ラノベ]帰ってきた学園ハーレムラブコメ!「ISインフィニット・ストラトス」8巻

MF文庫Jのスタッフが独立して出来て新創刊したオーバーラップ文庫に移籍し、
TVアニメの2期も発表となり再始動した「ISインフィニット・ストラトス」の新刊!
イラストレーターもCHOCOさんに変更されてのリブートとなりますが、
中身は相変わらずのISらしい内容となっております。

女性専用の兵器、ISが存在する世界で唯一の男性パイロットである織斑一夏が、
世界の美少女からラブでコメられる物語です。
それは冒頭からハーレムの新要員である簪に旧メンバーが詰問するところから始まる所からも、
容易に察することが出来ると思います。

今回はまたもやIS学園に外部からの攻撃が晒されるんですが、
そのメインが電脳世界で、迎撃に出たヒロインたち5人が見事に絡め取られて…
その、何というか「これなんてエロゲ?」状態の4人の妄想が凄まじく、
「公式が最大手」という言葉を連想せざるを得ないエロさには感服しましたね!

しかしラブコメとしては鈴が一番まともに見えるというか…
箒は箒でお前はそれで良いのかと小一時間問い詰めたくなるような妄想でしたが。(笑
ちなみに一番人気のシャルは流石のあざとさですね! 一夏のメイドとかどんだけ!
しかも「一夏のえっち」を連発するとか本当にあざといなシャルってば!

ちなみに今回は何だかんだで鈴の出番が多かった気がします。
隣りのクラスだから出番が少なかったのが優遇されたのかとも思いましたが、
最後のオチでバランスを取っているのを安心しました。(ヒドイ

正直、作者の色々きな臭い話題は色々聞こえてきますけど、
まぁ、作者の人格と作品の面白さは別問題とよく言われますし、
この8巻も相変わらず萌えられたので問題ないんじゃないかな、と思います。
TVアニメの2期は純粋に楽しみですよ。
出来ればまたシャルに萌えられますように…

HTML convert time: 0.815 sec. Powered by WordPress