殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?
:: 2008/12/3 水曜日::

■[漫画]大石まさるの集大成「水惑星年代記 月娘」

水惑星年代記月娘〈ルーニャン〉 (ヤングキングコミックス)
著者/訳者:大石 まさる
出版社:少年画報社( 2008-11-28 )
定価:¥ 820
コミック
ISBN-10 : 4785930705
ISBN-13 : 9784785930707
作者サイト:大石工画店

このシリーズではお馴染みブラック家の長女の月生まれ月育ちな讀巫女・ブラック。
夢を追いかけ突き進むブラック家の息女らしく火星行きを目指す彼女。
月で勉強にアルバイト、地球で自然の強さに驚き火星行き訓練、そして火星で新発見!
と、小気味良く進み最後は火星生まれ火星育ちのコヨミに引き継がれます。

この作品はイマドキ珍しい「Science Fiction」であり、
そしてそれなのにどこか郷愁感も味わえる不思議な作品で、
そういった意味では「すこし 不思議」なSFでもあったのかな、と思います。
しかし真面目にSFもしてたりもするんですよね。

例えば讀巫女が苦手な物理学を勉強してましたが、内容は恐らく大統一理論であることが読み取れます。
軌道エレベーターに重力カタパルト、月にある望遠鏡の設定等も細かいですし、
描写もしっかりとしているんですよね。
コヨミが遭難者を救助する際、宇宙空間では空気が無いため効果音は使わないず、
吹き出しを使って内部で響いている音であることを表現したりとか。
(まぁ、作者本人の作風もあるんでしょうが)

それと巻末には年表が記載されており、
今までオムニバス形式で時系列が不明だったのがこれで一目瞭然になります。
どの話もそれ単品で楽しめますが、時系列順に読み直すとまた別な面白さが見えるでしょう。
「水惑星年代記」シリーズはこれで最後になりましたが、まだまだ楽しめると思います。

■[萌え]村上位に突入

瞳のフォトグラフ 第3話 やりなおしの一歩
何とか纏まったみたいで良き哉。
デレが見られて満足。(笑

読み切り:プレゼントは彼女!?
凄く下手なクリスマスをテーマにしたラブコメ漫画だ…!
だがそれが凄く良い…!

まんが家BACKSTAGEさん 更新
畑健二郎先生の更新内容がイカス。(笑
同人作家さんの一部は必読ですね!

JEWEL BOXさん ペトロシュカ
同人時代のガンスリを知ってる人がどれだけいるのかなー
そもそもガンスリが同人時代からあったことと、エロがあったのを知らない人が多いような気がする。

うろんなページさん WORKING!!更新
かーちゃん、苦労人だな…
一番苦労するのは子供だと思う。

ceramicGIRLIEさん 恐らく待ち合わせには厳しいゴーファー姉妹の片方
オトメディウスのゴーファー姉妹。
3分遅れてもアウトー

webAMBIVALENCEさん 着替え中のランカ
女の子の着替え中の場面って良いよねー
特にランカってば凄く油断してる感じがする。(笑

B-HOMEPAGEさん マフラーと氷室鐘
Bすけさん、サイト改装されるの巻。
氷室の眼差しがどこかもの悲しくてキュンとくる。

Z-Lessさん スト魔女本「親友以上×恋人却下」
タイトルの時点で面白そう。
紐ぱんだ。(パンツじゃないらしいが

はわかわはわわさん 夜食を持ってきてくれるリーネちゃん
寝間着おっぱい…
全身版では見事なフトモモもー

HnUさん 新刊「skirt line」表紙
何てタイトルだ…
何かぱんつが見えなさそうなタイトルだ。

HTML convert time: 0.833 sec. Powered by WordPress