ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2012/2/27 月曜日::

■[漫画]規格外品だって良いじゃない、美味しいんだもの「百姓貴族」2巻

百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)
著者/訳者:荒川 弘
出版社:新書館( 2012-02-25 )
コミック ( ページ )

ニコニコ静画で2巻の1話目が立ち読み可能なのでまずはご覧になればどんな内容かお分かりになるかと思います。

荒川弘と言えば「鋼の錬金術師」があまりにも有名ですが、
近年始まった「銀の匙 Silver Spoon」でも分かるように農家の子でもあります。
「百姓貴族」自体は以前から1巻が出てましたが知る人ぞ知る状態だったので、
「銀の匙 Silver Spoon」効果で農業モノ作家の認知度向上とニコニコ静画でのプロモーションで、
より多くの人が気軽に読むようになったらなー、と思います。
コミックナタリーの特集記事で「ラーメン屋さんでながら読みしてほしいような作品です。」と仰ってますしね。
ただ「いや待てよ、フンの話が出てきますので、食事中はダメか(笑)。」ともあるので注意が必要です。(笑

農業エッセイなので基本的に荒川弘さんの実体験ばかりなのですが、
農業と言っても北海道で酪農と畑作をやっているというハードフル(造語)な農業ですので、
正直そこら辺の兼業農家とは段違いの苦労ばかりで農家の子供な私も驚きの連続です。
いや、むしろ中途半端に知識や実体験があるだけに非農家な人より衝撃は大きいかも…

とはいえある程度共感できる所は多々ありまして、その最たるものが規格外品の扱い。
そうなんですよね、農作物ってのは基本的に規格外ばかりで、
その多くは自分たち農家で消費するので、むしろ綺麗な野菜は食べられないのが真面目な農家なのです。
昔、美味しんぼのアニメで自分たち家族用の米には農薬を少なめに撒くとか見た気がするんですが、
そんなのありえなくて、むしろクズ米ばかり食べるのが普通じゃないんでしょうかね、農家って。
もっとも、作中にあるように必ずしも規格外=まずいという訳でもないのも確かなんですよね。(笑
里芋とか小さい規格外品ばかりで作った味噌田楽とかかなり美味いです。

まぁ、何にしても本格的な北海道農業のエッセイ漫画というのは漫画業界では規格外かもしれませんが、
だからこその面白さがあるので何の気なしに手にとって読んでみるのも良いんじゃないかな、と思います。
知られざる牛のアレコレやハリウッド並のアクションを日常で決める親父さんとか、
ノンフィクションなエッセイなはずなのに漫画以上にフィクションっぽい出来事ばかりなので、
気軽に読んでも充分楽しめると思います。(笑

関連エントリー


百姓貴族 (3) (ウィングス・コミックス)著者/訳者:荒川 弘出版社:新書館( 2014-02-25 )コミック (…

百姓貴族6巻 出版社:新書館 作者名:荒川弘 Kindle版:百姓貴族 (6) Kindle版まとめ買い:百姓貴族 D…

百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)著者/訳者:荒川 弘出版社:新書館( 2016-02-25 )…

百姓貴族7巻 出版社:新書館 作者名:荒川弘 紙書籍通販:百姓貴族 (7) Kindle版まとめ買い:百姓貴族 DMM…

百姓貴族5巻 出版社:新書館 作者名:荒川弘 Kindle版:百姓貴族 (5) Kindle版まとめ買い:百姓貴族 D…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.059 sec. Powered by WordPress