ベルセルク 41巻、12月24日発売予定…!
それは惜しいというには、存在が大きすぎた…

:: 2012/5/24 木曜日::

■[漫画]混ざり合うにおい「白衣のカノジョ」2巻

白衣のカノジョ 2 (ヤングジャンプコミックス)
著者/訳者:日坂 水柯
出版社:集英社( 2012-05-18 )
コミック ( 202 ページ )
作者サイト:日坂水柯(ヒサカミカ)日々ヲ記ス
作者twitter:日坂水柯 (hisaka_mika) on Twitter

BJとSJの合併にも耐え切り、グランドジャンプPREMIUMで連載することになった「白衣のカノジョ」
しかし単行本2冊発行のわずかの間にBJ魂→BJ→GJPと掲載誌が変わるのも大変ですね…
とはいえ掲載誌が変わっても「エロい」というキャッチーな武器があるので、
母屋(GJP)が倒壊しない限り多分大丈夫だと思います。(ぉ

これまでのーあらすじー
同じアパートに住む同僚の支倉先生(黒髪ロングの眼鏡で白衣の養護教諭)と宅飲みしてたら、
寝ぼけた彼女がオナニー始めて、それを2度目撃しちゃった桑原先生(地学教諭のヒゲで眼鏡)が、
我慢できずに最後までヤルという約束を取り付けた。(←イマココ

白衣な男女がいちゃいちゃいちゃいちゃしてるだけな内容です。
だが、それが良いと許容できてしまうナニかがある漫画です。
支倉先生の天然っぷりがエロ可愛いですし、
気付いたら桑原先生のことを目で追いそうになるとかどう考えても好きになってるのに、
自覚症状なさそうなトコとかなし崩しでエロいことしちゃうトコとかそそりますよね!

しかしタイトル通りに白衣をフィーチャーしまくりな内容ですよね。(笑
裸に白衣というマニアックな格好もするし、
ドアノブに白衣の袖を引っ掛けるとか、白衣あるあるネタをやったりとか、
大学時代に白衣を着ていた身としては共感せざるを得ないトコがあります。(笑
ちなみに二人共眼鏡キャラですが、それは日坂水柯さんのデフォルトなので、
むしろそれを楽しむ方向がよろしいかと思います。

それにしても最後の話で生徒の榎本さんとの三角関係かと思われましたが、
ちょっと変化球投げて来て、これはこれで…
職場恋愛ご法度で、まだ非常勤という支倉先生の社会人的立場も絡んで、
今後二人がどうなるのかも何かと不安定に見えますが、そこを含めて続きが楽しみです。

関連エントリー


白衣のカノジョ 3 (ヤングジャンプコミックス)著者/訳者:日坂 水柯出版社:集英社( 2013-03-19 )コミッ…

白衣のカノジョ 5 (ヤングジャンプコミックス)著者/訳者:日坂 水柯出版社:集英社( 2014-11-19 ) 作者…

白衣のカノジョ6巻 出版社:集英社 作者名:日坂水柯 作者サイト:日坂水柯(ヒサカミカ)日々ヲ記ス 作者twitter…

白衣のカノジョ 1 (ヤングジャンプコミックスBJ)著者/訳者:日坂 水柯出版社:集英社( 2011-07-19 )コ…

すきなひと 2 (楽園コミックス)著者/訳者:日坂 水柯出版社:白泉社( 2012-04-27 )コミック ( 180…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.254 sec. Powered by WordPress