殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2012/5/30 水曜日::

■[漫画]竹宮ゆゆこ原作の青春グラフィティ「エバーグリーン」1巻

エバーグリーン 1 (電撃コミックス)
著者/訳者:竹宮 ゆゆこ
出版社:アスキー・メディアワークス( 2012-05-26 )
コミック ( ページ )
作者サイト:カエル有人飛行new
作者twitter:カスカベアキラ (caskabe) は Twitter を利用しています

「とらドラ!」で一世を風靡した竹宮ゆゆこさんが漫画原作として参加したのがこの「エバーグリーン」です。
作画担当のカスカベアキラさんと言えばイラストレーターとして有名で、
私もそういった認識だったんですが、マ王でテイルズのコミカライズもしてたりと、
実は漫画家としても活動されてたんですね。
道理でこんなに漫画として面白いはずですよ。

マンガ部部長の穂高と、穂高が部室からいつも見つめている水泳部エースの仁希。
そんな二人のボーイミーツガールで甘酸っぱくてもどかしい青春モノなんですが…
物語全体から如何にも竹宮ゆゆこだなぁ、と感じさせてくれるモノが溢れていて、
ゆゆぽテイストが好きな人にとっては堪らない内容になっています。

まだまだ物語の序盤なので話自体は動いてないし、
キャラ同士、特に穂高と仁希の二人に関しては交流も殆どないんだけど、
キャラ自体は凄く立ってて、欠点も含めて凄く魅力的に映るんですよね。
脇キャラだけど次期まんが部部長の温ちゃんも可愛いし、
これで物語が本格的に動き出したらどれだけ面白くなるのかと期待せざるを得ません。

カスカベアキラさんの画力と漫画としての面白さも十二分にありますので、
竹宮ゆゆこ初心者の人にも自信をもってお勧めできる作品です。
難点があるとすれば、掲載誌の電撃大王GENESISが隔月誌なので、
2巻の発売が恐らく1年後になることでしょうか…
待てない方はこの続きは現在発売中の電撃大王GENESISで読めますのでそちらをどうぞ。

電撃大王ジェネシス Vol.3 2012年 07月号 [雑誌]
アスキー・メディアワークス (2012-05-19)

 

ちなみに公式PVもありますのでそちらも良ければご覧下さい。

関連エントリー


エバーグリーン 2 (電撃コミックス)著者/訳者:竹宮 ゆゆこ出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-03-2…

エバーグリーン (4) (電撃コミックス)著者/訳者:カスカベアキラ出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワーク…

エバーグリーン (3) (電撃コミックス)著者/訳者:カスカベアキラ出版社:アスキー・メディアワークス( 2014-0…

砕け散るところを見せてあげる (新潮文庫nex)著者/訳者:竹宮 ゆゆこ出版社:新潮社( 2016-05-28 ) 大…

Monochrome Myst 1 (電撃コミックス)著者/訳者:椎名 優出版社:アスキー・メディアワークス( 201…


 Comments (1)

1件のコメント »

  1. 突っ走たり、踏み出せなかったり【エバーグリーン 1 (電撃コミックス)】

    エバーグリーン 1 (電撃コミックス)(2012/05/26)竹宮 ゆゆこ商品詳細を見る
    まんが部部長・吉松穂高にとって
    水泳部エース・阿波谷仁希は
    部室の窓から一方的に
    見つめるだけの存在のは…

    トラックバック by 腐った蜜柑は二次元に沈む — 2012/6/24 日曜日 @ 20:53:01

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.358 sec. Powered by WordPress