殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2013/2/27 水曜日::

■[ラノベ]基本装備は水色ストライプ「甘城ブリリアントパーク」1巻

甘城ブリリアントパーク1 (角川ファンタジア文庫)
著者/訳者:賀東 招二
出版社:富士見書房( 2013-02-20 )
文庫 ( 324 ページ )
作者サイト:GATOH.COM blog style
作者twitter:賀東招二 (gatosyoji)さんはTwitterを使っています
絵師サイト:Digital Underground–WebPage
絵師twitter:なかじまゆか (yuka_nakajima)さんはTwitterを使っています

フルメタの賀東招二さんの完全新作ということで、また油と硝煙の匂いがする作品かと思いきや、
イラストレーターになかじまゆかさんを迎えてのベクトルが右斜め四十五度に向かった、
夢と希望のテーマパークと魔法の国という世俗とファンタジーにまみれた物語でありました。
ふんもっふ。

義理と人情とマスケット銃に脅されて寂れたテーマパークの集客人数を、
たった二週間で動員数10万人を突破させないといけなくなった可児江西也。
魔法の国のエネルギー源にもなっていて、キャストの多くは本当に中の人がいないんだけど、
中の人たちは仕事の後に焼き鳥屋で一杯やりながら下ネタな話をするのが日課という、
夢も希望もあったもんじゃない体たらくで…

…何というか、賀東招二さんの底意地の悪さが滲み出ながら、
筆力が高いので読まされる上にちゃんと面白いから妙な読後感になっています。
また、なかじまゆかさんのイラストがまたエロい上に可愛いので、
そこでも満足度が高いんですよね。

ただ、フルメタのノリを期待していた読者はかなり肩透かしを食らっただろうなぁ…
とは思ってしまいます。
いや、面白いんですよ! 仕込みもあるから次回以降のネタもあるし!
ただ、キャラの美味しいトコ(萌え要素)が未消化のまま終わったので、
多分読者に受けるとすれば次回以降かなぁ、とも思います。
2巻ではより武碑りたい所存であります。

関連エントリー


甘城ブリリアントパーク (6) (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:賀東 招二 作者サイト:gatoh.com | …

甘城ブリリアントパーク3 (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:賀東 招二出版社:KADOKAWA/富士見書房( 20…

甘城ブリリアントパーク (8) (ファンタジア文庫)著者/訳者:賀東 招二出版社:KADOKAWA/富士見書房( 20…

甘城ブリリアントパーク (4) (富士見ファンタジア文庫)著者/訳者:賀東 招二出版社:KADOKAWA/富士見書房(…

甘城ブリリアントパーク (7) (ファンタジア文庫)著者/訳者:賀東 招二 作者サイト:gatoh.com | 賀東招…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 2.499 sec. Powered by WordPress