殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2008/10/31 金曜日::

■[漫画]近未来SF作品集「Boichi 短編集 HOTEL」

Boichi作品集HOTEL (モーニングKC)
著者/訳者:Boichi
出版社:講談社( 2008-10 )
定価:¥ 890
コミック
ISBN-10 : 4063727459
ISBN-13 : 9784063727456

作者のBoichiさんは韓国出身の漫画家さんで、
過去にエロ漫画雑誌で幾つか描いてて、最近はヤングキングで連載を持たれてますが、
表題になっている「HOTEL」を読んで私の中ではSF作家として認識されました。
モーニングに掲載されるのも納得の面白さですよ。

「HOTEL」は、2030年にポジティブフィードバックにより不可避な温暖化が確実視され、
生き延びることを諦めた人類が人類のDNAと文明の記録を載せた宇宙船「箱船」と、
人類以外のDNAを金星化する地球上で保存する「塔」を建設することになる。
その「塔」こと「HOTEL」の支配人であるAIの「ルイ」が摂氏270度の環境の中、
膨大な時間の中を延々とDNAを保存する為に作業を続けていく物語。
これがもう圧倒的な迫力と面白さを持っているのです。

また「全てはマグロのためだった」は同じくSF作品なんですが、
これはコメディ分がふんだんに盛り込まれた楽しく面白い作品です。
子供の頃に食べた地球上最後のマグロの味が忘れられない汐崎博士が、
マグロ探索の為に人工衛星を開発したら米国の極秘潜水艦隊発見して日本を救い、
マグロのDNAを排泄物の中から救い出すために排泄物の分解を止めることに成功し、
副産物として高効率のメタン発電所が出来て人類のエネルギー問題が解決し、
マグロを人工的に作ろうと思って作った生物が地球上の海で繁殖して埋め尽くし、
しかもその生物が二酸化炭素を吸収する為に温暖化が抑えられ地球が救われて…
と、兎に角本人の意志と目的とは裏腹に汐崎博士が救世主となる物語なんです。
笑えると同時に感心できる面白さがあります。

他にも幾つかの短編が収録されており、好みが分かれるとは思いますが、
やはり「HOTEL」と「全てはマグロのためだった」は特にお勧めしたい作品です。
カラーページが多い為か少々値段が張りますが、
そんな問題は些細にしか感じられない面白さなので是非読んで欲しいです。

関連エントリー


ゼロの使い魔22 ゼロの神話 (MF文庫J)著者/訳者:ヤマグチノボル出版社:KADOKAWA( 2017-02-25…

さ迷える心臓 二宮ひかる作品集2 (書籍扱い楽園コミックス)著者/訳者:二宮 ひかる出版社:白泉社( 2014-11-…

魔法科高校の劣等生 1 入学編 上 (電撃文庫 さ 14-1)著者/訳者:佐島 勤出版社:アスキー・メディアワークス(…

冬目景作品集 空中庭園の人々 (バーズコミックス)著者/訳者:冬目 景出版社:幻冬舎( 2016-04-23 ) 冬目…

アイであそぶ。―二宮ひかる作品集著者/訳者:二宮 ひかる出版社:白泉社( 2010-08-31 )コミック ( ページ…


 Comments (3)

3 Comments »

  1. […] ■今年最高の短編漫画は(たぶん)これだ! – Something Orange ■近未来SF作品集「Boichi 短編集 HOTEL」 | フラン☆Skin Boichi作品集HOTEL (モーニングKC) posted with amazlet at 08.11.03 Boichi 講談社 […]

    ピンバック by ちょいヲタ?バスタア日記 - Boichi作品集HOTEL [Boichi] — 2008/11/3 月曜日 @ 19:00:19

  2. わたしは連載時にまったく読んでいなかったので、この記事で初めてその存在を知り、購入しました。
    素晴らしい作品の紹介に感謝します。
    「HOTEL」では、膨大な時間と過酷な環境の中、ひたすらにDNAを守り続けるルイの姿に、思わず涙を流していました。
    「全てはマグロのためだった」も実に壮大な作品で、強いインパクトを残しますね。
    笑いつつも、「もしかしたら、こんな風に必死に〈ネズミの癌治療薬〉」を研究していた科学者もいたのかも……」と思ってしまいます。

    個人的には「PRESENT」も好きな作品です。
    こういう、時間の残酷さを扱った作品には弱いもので。また涙が……。

    Comment by nekome — 2008/11/3 月曜日 @ 21:07:45

  3. >nekomeさん
    2年前に掲載された当時はディープな漫画オタ界隈では結構盛り上がりましたが、
    やはり狭い界隈だった為に、単行本で纏められることで、
    nekomeさんのように未見の方が手に取ることができるようになったのは僥倖です。

    今週のモーニングから連載が始まりましたし、そちらにも注目ですねー

    Comment by フラン — 2008/11/6 木曜日 @ 23:39:20

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.211 sec. Powered by WordPress