水上悟志新作「プラネット・ウィズ」1巻が7月30日に発売!
7月からTVアニメ放送開始!

:: 2013/7/23 火曜日::

■[漫画]るろうに連載「王様の仕立て屋 ~サルトリア・ナポレターナ~」4巻

王様の仕立て屋 4 〜サルトリア・ナポレターナ〜 (ヤングジャンプコミックス)
著者/訳者:大河原 遁
出版社:集英社( 2013-07-19 )
コミック ( 192 ページ )

3巻の感想
「是非とも本誌連載に移る次巻からはラウラたんとか女の子分が補充されることを願っております。」
と書いたんですが、まさにその通りな4巻でした!
まぁ、グランドジャンプ本誌はおっぱい分が豊富になってきましたからね!
雑誌カラーに合わせてラウラやモニカにフェデリカのサービスショットが拝めるのは、
単純に嬉しいですね!(←セクハラオヤジ的発言

ナポリの後継者問題に一区切りが付いたので通常営業に戻った織部たち。
まぁ、通常営業=借金漬けなので毎度の特急料金吹っ掛ける案件も多々ある中、
今回はジラソーレに関係するエピソードも多めになっております。
ええ、もちろん誌面を華やかにするには当然と言えましょう!

この作品で一番可愛いが誰かは人によって意見が割れるかと思いますが、
多分ラウラは上位に入ると思うんですよね。
そして逆に下位に来そうなのは出番が少なめなモニカだと思うんですが、
今回のエピソードを読んで考えを改めましたよ。
やはり自分の貧乳にコンプレックスを持つ女の子は可愛い。
これは絶対的な真理だと思う訳ですよ!

おっぱいと言えばフェデリカの星条旗ビキニも大概アレで素晴らしかったですが、
個人的に推したいのは扉絵のだまし絵トリックネクパイタイの絵ですよ!
本誌だとカラーで素晴らしかっただけに、単行本でモノクロになってるのがちょっと残念。
ちなみにカラーだとこんな感じでした。

うーん、やはりこの漫画は女の子が映えるな。

いや、もちろん紳士服のエピソードはどれも唸る面白さがあったのは確かなんですけどね!
紳士服という漫画の土台がしっかりしているからこそ、こういった遊びが映えると言うか。
アレですよ、作中で言ってた雨降り袖みたいなものですよ!
おっぱいが堅さを中和してくれるんですよ!
という訳で今後もどんどん中和してくださいよう、お願いいたします。

関連エントリー


王様の仕立て屋 6 〜サルトリア・ナポレターナ〜 (ヤングジャンプコミックス)著者/訳者:大河原 遁出版社:集英社( …

王様の仕立て屋 5 〜サルトリア・ナポレターナ〜 (ヤングジャンプコミックス)著者/訳者:大河原 遁出版社:集英社( …

王様の仕立て屋 11 〜サルトリア・ナポレターナ〜 (ヤングジャンプコミックス)著者/訳者:大河原 遁出版社:集英社(…

王様の仕立て屋 9 〜サルトリア・ナポレターナ〜 (ヤングジャンプコミックス)著者/訳者:大河原 遁出版社:集英社( …

王様の仕立て屋 10 〜サルトリア・ナポレターナ〜 (ヤングジャンプコミックス)著者/訳者:大河原 遁出版社:集英社(…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.756 sec. Powered by WordPress