りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2013/9/17 火曜日::

■[漫画]先輩たちが格好良い「ナナマルサンバツ」6巻

ナナマル サンバツ (6) (カドカワコミックス・エース)
著者/訳者:杉基 イクラ
出版社:角川書店( 2013-09-04 )
コミック ( 180 ページ )
作者サイト:†††††いくら亭†††††
作者twitter:杉基イクラ (iqura_s)さんはTwitterを使っています

前半は越山くんと御来屋くんのカップリングでしたが、
後半は御来屋くんと芦屋部長のカップリングになっており、
何というか御来屋くんモテモテだな! と思うわけですよ。
あ、赤河田の新名部長と明良のカップリングも有りだよね。
というかBLカップル多すぎだろこの漫画…(笑
公式が最大手すぎる…!

冗談は兎も角、例会での越山くんと御来屋くんの対決ですけど、
明良が良い感じに最後まで波乱を起こしてくれたので面白かったですね。
曜日を当てるクイズに計算で辿り着く御来屋くんと、
膨大な知識から類推する越山くんに、
美学に反しながらもトリッキーな当て方をする明良と良い対比でしたよ。
ただのクイズなのにこんなに熱いだなんて!

そしてこの作品の良い所は先輩たちが責任感があって格好良いトコなんですよね。
後輩の無礼を代わりに詫び、教育すると誓う新名部長に、
マナー違反を自覚していない後輩たちを注意するレオニールの戸塚部長、
そして有望な新人に対して壁となって立ちはだかろうとする芦屋部長と、
たった1,2年の歳の差なのに貫禄を見せる先輩たちがとにかく格好良いのですよ。
上に立つものは斯くあるべし。

そんな先輩たちの中でも実力が頭ひとつ抜けている笹島部長ですが、
減点よりもえげつない封鎖ルールの中で如何にして抜きん出るか!?
また、御来屋くんと芦屋部長の後輩先輩対決がどうなるのか?
いい感じで次回へ続くので次巻も乞うご期待であります。

関連エントリー


ナナマル サンバツ (7) (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:杉基 イクラ出版社:KADOKAWA/角川書店(…

ナナマル サンバツ (3) (カドカワコミックスAエース)著者/訳者:杉基 イクラ出版社:角川書店(角川グループパブリ…

ナナマル サンバツ (2) (角川コミックス・エース 245-5)著者/訳者:杉基 イクラ出版社:角川書店(角川グルー…

ナナマル サンバツ -5 (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:杉基 イクラ出版社:角川書店( 2013-04-0…

ナナマル サンバツ (4) (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:杉基 イクラ出版社:角川書店(角川グループパブリ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.729 sec. Powered by WordPress