殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2014/1/13 月曜日::

■[漫画]先輩たちの勇姿「ナナマルサンバツ」7巻

ナナマル サンバツ (7) (カドカワコミックス・エース)
著者/訳者:杉基 イクラ
出版社:KADOKAWA/角川書店( 2013-12-27 )
コミック ( 186 ページ )
作者サイト:†††††いくら亭†††††
作者twitter:杉基イクラ (iqura_s)さんはTwitterを使っています
Kindle版:ナナマルサンバツ (7) Kindle版

長かった例会編もこれで完結!
主人公である越山くんは既に敗退したけど、
面白さは充分保ったままの完結でした。
というか笹島部長マジカッケー!

封鎖ルールによって突出した実力を持つ笹島部長が危機に陥るも、
後輩たちによる無邪気な応援によって本気になったお陰で、
笹島部長が無双する展開がマジでカッコイイです!
開城の大蔵部長との対決は本気と本気のぶつかり合いって感じで、
かなり圧巻でしたね!

そんな笹島部長とも因縁がある深見さんのお兄さんが、
後半からは中心となっていきます。
かつては開城でもエースとして活躍した深見さんのお兄さんが、
今ではクイズ嫌いになった理由は未だに謎のままですが、
ある程度は推察できますね。
関西の高校とのクイズ対決でボロ負けしたのかしら…

それと越山くんと深見さんという濃い一年生に囲まれた井上くんが、
凡人だけど、それでも自分なりにクイズが好きになっている様子は、
等身大な姿を見ているようでちょっと共感出来ましたね。
「君の知らない物語」の歌詞が井上くんの趣味と想いにマッチしてて、
読んでて結構感動しました。
個人的にはこのエピソードがこの7巻では一番好きかもしれません。

それにしても競技クイズという題材でここまで面白くなるとはなぁ…
これからの展開にも期待です。

関連エントリー


ナナマル サンバツ (6) (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:杉基 イクラ出版社:角川書店( 2013-09-…

ナナマル サンバツ (4) (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:杉基 イクラ出版社:角川書店(角川グループパブリ…

ナナマル サンバツ (2) (角川コミックス・エース 245-5)著者/訳者:杉基 イクラ出版社:角川書店(角川グルー…

ナナマル サンバツ (11) (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:杉基 イクラ出版社:KADOKAWA/角川書店…

ナナマル サンバツ -5 (カドカワコミックス・エース)著者/訳者:杉基 イクラ出版社:角川書店( 2013-04-0…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.278 sec. Powered by WordPress