りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2013/10/21 月曜日::

■[ラノベ]絡み合う青春と交じり合う記憶「ゴールデンタイム」7巻

ゴールデンタイム (7) I’ll Be Back (電撃文庫)
著者/訳者:竹宮ゆゆこ
出版社:アスキー・メディアワークス( 2013-10-10 )
文庫 ( 296 ページ )
絵師サイト:Passing Rim

アニメ放映開始と共に夏休みが終わって新たな生活がスタートした多田万里たちですが…
これがまた面倒なことになりまくりでして…
本当に一筋縄でいかないのが竹宮ゆゆこクオリティってなもんだぜー

というかですね、アレですね。
こう言ってはなんですが、やなっさんこと光央がね! もうね!
光央ファーファファファファ!?
と思わず言っちゃうほどでね!?
やなっさんのせいで岡ちゃんが泣いてるかと思うと、
それだけでやなっさん死すべしと思っちゃうというかね!?

いや、普通の大学生っぽいですよ。
同級生に勝手にフラれたと思い込んで、バイト先で知り合った年上の先輩に簡単になびくとか。
まぁ、それによって岡ちゃんが泣いたり、
リンダが迷惑がっているのが読者視点から判っちゃってるせいで、
道化にしか見えないのがやなっさんの悲劇と言いましょうかね。
まぁ、香子にずっと付きまとわれたせいで経験値が溜まらなかったから、
そういった機微に疎いというのもあるんでしょう。
そう思うと不憫だと思わないこともない…、んだけどなぁ…

それと今回ちょっと胃が痛かったのがおまけんかな。
他大学との温度差に気付かずに内輪ノリで突っ走ってチョンボかますとか、
割りとあるあるなだけにキツイ展開でしたねー
それに万里の記憶の錯綜まで入り混じるわけだから、
万里がマジ可哀想ですよ。
だって万里ってそんなに悪いことしてないだけに。

その万里だけど、記憶喪失というより二重人格に近いんですかね、あの症状は。
どちらかと言うと、高校時代までの人格に戻りながら、
記憶が交じり合っていってるように思えるけど…
そんな不安定な万里を支えようと、
逃げても捕獲しようとする友人たちは得難いものだと思います。

それだけにラストの香子の反応は不可解なんだよなー
いや、何かしら思う所があるんだろうけど、
自作エッフェル塔でのドタバタエロ展開(未遂)の件もあるし、
どんな突拍子もない思考の飛躍があるのか分かったもんじゃないので、
大人しく次巻での種明かしを待ちたいと思います。

ちなみに今回一番不憫だったのは気のない後輩に言い寄られるわ、
サークルの危難に対処しないといけないわ、
勘違いした可愛い後輩の女の子に言われもないことで責められるわ、
吹っ切ったと思ったかつての多田万里を目の当たりにするわな、
リンダだったと思います。
リンダ…、もうちょっと報われても良いのよ…?

関連エントリー


ゴールデンタイム2 答えはYES (電撃文庫)著者/訳者:竹宮 ゆゆこ出版社:アスキー・メディアワークス( 2011-…

ゴールデンタイム〈4〉裏腹なるdon’t look back (電撃文庫)著者/訳者:竹宮 ゆゆこ出版社:アスキーメデ…

ゴールデンタイム 3 (電撃文庫 た 20-18)著者/訳者:竹宮 ゆゆこ出版社:アスキー・メディアワークス( 201…

ゴールデンタイム5 ONRYOの夏 日本の夏 (電撃文庫)著者/訳者:竹宮ゆゆこ出版社:アスキー・メディアワークス( …

ゴールデンタイム番外 百年後の夏もあたしたちは笑ってる (電撃文庫)著者/訳者:竹宮ゆゆこ出版社:アスキー・メディアワ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.129 sec. Powered by WordPress