僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!

:: 2008/1/22 火曜日::

■[雑記]「狼と香辛料」のトレンド予想

第1話は裸率の高さとライトノベルの傑作という前評判から話題に。
第2話はホロの老獪さとそれにあしらわれるロレンスの構図が見えてきたのと、
ホロの裸で視聴者のハートを引き止めているように思えます。
で、今週放映される第3話でホロの可愛さが目に見えて判ってくるので、
更に話題となるのは今からでしょう。
それでもホロの魅力はまだ一端に過ぎないわけだからこれからもっと盛り上がるんじゃないかな。
まぁ、ファンとしての贔屓目があるのは否めませんが。
取りあえず3話まで見てホロの魅力に参った人は大人しく1巻を買うべきだと思います。(笑

狼と香辛料 (電撃文庫)
著者/訳者:支倉 凍砂
出版社:メディアワークス( 2006-02 )
定価:¥ 620
文庫
ISBN-10 : 4840233020
ISBN-13 : 9784840233026

しかしアニメ化の出来がこんなにまともだとは予想外でした。
三ヶ月前のエントリでは”万が一”とまで言ってしまってましたよ。
プロの実力を侮ったらダメですね。
DVDも初回特典が豪華だし買っておくのが懸命かも知れない。

狼と香辛料1< 限定パック>(初回限定生産)
販売元:ポニーキャニオン( 2008-04-02 )
定価:¥ 7,140
時間:72 分
1 枚組 ( DVD )
ASIN : B0012CD688
JAN コード : 4988013473645

しかし「狼と香辛料」は漫画版の出来も非常に良いし、珍しくメディアミックスに恵まれてますね。
「涼宮ハルヒ」は原作とアニメは良いけど漫画はお勧めしにくいし(ぷよさんの「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」は面白いけど)
「ゼロの使い魔」は原作は良いけどアニメも漫画も振るわないしなー
しかも「狼と香辛料」の原作の面白さは1巻から右肩上がりだから、
原作1巻が面白かったらそのまま一気に既刊まで読めるんじゃないでしょうか。
「涼宮ハルヒ」だと消失の前の溜息とか退屈のあたりで止まったり、「ゼロの使い魔」は3巻に辿り着く前で挫折した人とか居るだけにね。
アニメ→原作→漫画とメディアミックスコンボが成立するんじゃないかな。そしてそのまま人気が出てアニメの第2期も決まると嬉しいんだけど。

関連エントリー


狼と香辛料 (12) (電撃コミックス)著者/訳者:小梅けいと出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス( …

狼と香辛料 (13) (電撃コミックス)著者/訳者:小梅けいと出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス( …

狼と香辛料 (7) (電撃文庫 (1553))著者/訳者:支倉 凍砂出版社:メディアワークス( 2008-02-07 …

狼と香辛料 (11) (電撃コミックス)著者/訳者:小梅けいと出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス( …

狼と香辛料16巻 出版社:KADOKAWA 原作者名:支倉凍砂 原作者サイト:すぱイしー ているず 原作者twitte…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.718 sec. Powered by WordPress