水上悟志新作「プラネット・ウィズ」1巻が7月30日に発売!
7月からTVアニメ放送開始!

:: 2018/3/9 金曜日::

■[漫画]ホロとロレンスの大団円「狼と香辛料」16巻

狼と香辛料16巻狼と香辛料16巻
出版社:KADOKAWA
原作者名:支倉凍砂
原作者サイト:すぱイしー ているず
原作者twitter:支倉凍砂@コミトレ (@i_hasekura) on Twitter
作者名:小梅けいと
作者サイト:小梅けいとの原典皆既
作者twitter:小梅けいと (@koumekeito) on Twitter
Kindle版:狼と香辛料 (16)
Kindle版まとめ買い:狼と香辛料
DMM電子書籍:狼と香辛料 (16)

ホロと再会するもデバウ商会急進派の陰謀とフーゴ傭兵団の裏切りによって、
負傷し逃げることになったロレンス。
スヴェルネルで目覚めたロレンスはこれからのことについて話し合おうとするも、
ホロに止められて…

長かった連載もついに完結!
原作のエピソードも幾つかスキップしてますが、
それでも端折られたというより面白さが濃厚になったように感じられて、
この全16巻というコミカライズには瑕疵が見付かりませんね。

デバウ商会のヤナーキン相手への弁論で論破した時は気持ちよかったけど、
やっぱりそれ以上にホロとロレンスの二人がイチャイチャしてるのが最高でしたね。
最終話あたりの、ニョッヒラで温泉宿を営みながら、
結婚式前にイチャラブするところの至福さたるや!
あ、でもヤナーキン相手に論破した後、
ロレンスに「そんな俺が好きなんだろう?」と言われた時のホロの笑顔は格別でしたね。
それでも最後の結婚式の笑顔が一番輝いていたとは思いますが。

それにしても出版不況と言われる昨今、足掛け10年の長期連載で、
ちゃんと完結できるというのは凄いなぁ。
それだけ面白いというのもあるんだろうけど、
まさかエロ漫画家だった小梅けいとさんがこんな傑作を生み出すとは…
いやはや良いものを読ませてもらいました。
ありがとうございます!

関連エントリー


狼と香辛料 (11) (電撃コミックス)著者/訳者:小梅けいと出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス( …

狼と香辛料(14) (電撃コミックス)著者/訳者:小梅 けいと 文倉 十 出版社:KADOKAWA( 2016-09-…

狼と香辛料 8 (電撃コミックス)著者/訳者:小梅 けいと 支倉 凍砂 出版社:アスキー・メディアワークス( 2012…

狼と香辛料 7 (電撃コミックス)著者/訳者:小梅 けいと 支倉 凍砂 出版社:アスキー・メディアワークス( 2012…

狼と香辛料 6 (電撃コミックス)著者/訳者:小梅 けいと 支倉 凍砂 出版社:アスキー・メディアワークス( 2011…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.964 sec. Powered by WordPress