殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2014/7/31 木曜日::

■[漫画]遠未来プロレスラー英雄譚「ギガントマキア」

ギガントマキア (ジェッツコミックス)
著者/訳者:三浦建太郎
出版社:白泉社( 2014-07-29 )
公式サイト:ギガントマキア|白泉社

「ベルセルク」の三浦建太郎が描く新シリーズ!
「ベルセルク」が終わってないのにどういうことなの?
という質問はしないようにしましょう。
誰しも気分転換はしたいものじゃないですか…

遥かな未来、人族と亜人族たちが暮らす世界で、
人類は帝国を築き旧時代の巨人兵器で世界を席巻していた。
砂漠で暮らす、虫との共生選んだ亜人族の聖虫族もまた、
一族の神を狙った帝国と最後の徹底抗戦に臨もうとしていた。
そんな聖虫族と人族の元闘奴・泥労守(デロス)と精霊の少女・風炉芽の二人が出会い…

gigantomaxia_01

人族に対する恨み骨髄に徹す聖虫族の勇者・雄軍と泥労守の決闘は、
まさに肉弾戦という名が相応しい大迫力のものでしたし、
泥労守のプロレスっぷりは惚れ惚れするものがありました。
そして、それが巨人相手にも発揮されるんだからなぁ。
ただただ凄い、としか言い様がなかったです。

それにしてもやってることはプロレスだし、
異形の生物とのバトルだしと、やたら濃くていかにも三浦建太郎でしたが、
その根底にあるのがSF的世界観なのがびっくりしましたね。
ベルセルクがガチファンタジーなだけに意外性が強いというか。
でもやっぱり面白さに相違なしとも感じました。

これはこれで面白いし、何より世界観も壮大で続きが気になるんですよね。
ベルセルクと交代で良いから連載してみるとか…
…完結する未来が見えないな。(笑

関連エントリー


ベルセルク40巻 出版社:白泉社 作者名:三浦建太郎 Kindle版:ベルセルク (40) Kindle版まとめ買い:…

ベルセルク39巻 出版社:白泉社 作者名:三浦建太郎 Kindle版:ベルセルク (39) Kindle版まとめ買い:…

ベルセルク 38 (ヤングアニマルコミックス)著者/訳者:三浦建太郎出版社:白泉社( 2016-06-24 ) Kin…

女子小学生はじめました P! 2 (ジェッツコミックス)著者/訳者:牛乳のみお出版社:白泉社( 2015-05-29 …

SE 3 (ジェッツコミックス)著者/訳者:此ノ木 よしる出版社:白泉社( 2014-11-28 ) 作者サイト:此ノ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 3.129 sec. Powered by WordPress