りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2015/4/3 金曜日::

■[ラノベ]バカとキスとスカートめくり「バカとテストと召喚獣」12.5巻

バカとテストと召喚獣12.5 (ファミ通文庫)
著者/訳者:井上 堅二
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 2015-03-30 )
作者サイト:始まりは謝罪から
作者twitter:井上堅二(@Kenji_Inoue_)さん | Twitter
絵師サイト:FOX_TALE ENTRANCE
絵師twitter:葉賀ユイ(@hagapon)さん | Twitter

Kindle版:バカとテストと召喚獣 1
Kindle版:バカとテストと召喚獣 2

Kindle版:バカとテストと召喚獣 11
Kindle版:バカとテストと召喚獣 12

本編完結から一年以上を経てのラストを飾る短編集の発売。
作者の井上堅二さんご自身が既に別の漫画原作を手掛けていることもあって、
懐かしい旧友と再会し、相変わらずバカだなぁ、とお互い笑い合う。
そんな同窓会のような気分になりました。

時系列的には12巻の後、恋愛禁止という校則が実施されてからのものになります。
クリスマスとそれに伴う仁義なきアホな諍いと、
何故かスカートめくりをするために明久が女装したりと、
本当にこいつらバカだな、と思わされることが多々あるというか、
そんなことしか起こってないというか。

ヒロイン的には最後は姫路さんが良いトコを持っていってくれたけど、
他は美波が良いポジションを占めていたように感じます。
明久とキスするために公然と攻勢をかけてきたり、
スカートめくりされた時のリアクションとか良い女子力を発揮してましたよ。
これで前世(初期設定)が男だったというのが信じられない。(笑

表紙のナイムネで当ててんのよしつつ、
帯の下に隠れる形でしっかりと明久に手錠を掛けていたりと、
姫路さんともども良いダブルヒロインでした。
もうこいつらに出会うこともないかと思うと少々寂しいですが、
あとがきにあるように「ぐらんぶる」では明久が大学生になったかのようなキャラが、
非常にバカやってますので、そちらで楽しんでいきたいと思います。

ぐらんぶる(1)

ぐらんぶる(2)

ぐらんぶる(3)

関連エントリー


バカとテストと召喚獣10.5 (ファミ通文庫)著者/訳者:井上堅二出版社:エンターブレイン( 2012-09-29 )…

バカとテストと召喚獣12 (ファミ通文庫)著者/訳者:井上堅二出版社:エンターブレイン( 2013-11-30 )文庫…

バカとテストと召喚獣 6 (ファミ通文庫)著者/訳者:井上 堅二出版社:エンターブレイン( 2009-04-30 )定…

バカとテストと召喚獣9.5 (ファミ通文庫)著者/訳者:井上 堅二出版社:エンターブレイン( 2011-06-30 )…

バカとテストと召喚獣7 (ファミ通文庫 い 3-1-9)著者/訳者:井上 堅二出版社:エンターブレイン( 2009-1…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.223 sec. Powered by WordPress