僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!

:: 2008/2/3 日曜日::

■[ラノベ]秀吉フィーバー!「バカとテストと召喚獣」3.5

バカとテストと召喚獣3.5 (ファミ通文庫 (い3-1-4))
著者/訳者:井上 堅二
出版社:エンターブレイン( 2008-01-30 )
定価:¥ 609
文庫
ISBN-10 : 4757739796
ISBN-13 : 9784757739796
 
絵師サイト:FOX_TALE

性別「秀吉」なメインヒロインが遂に表紙を飾る時がやってきました!
当初メインヒロインと目された瑞希が主人公明久への思いからかヨゴレてきたのに対して、
秀吉は順調にヒロインとしての格というものを上げてきましたからね!
作者と絵師の、そして読者の愛を一新に浴びたヒロイン、それが秀吉!
寝起き姿、ランニング姿、水着姿、ウェイトレス姿と秀吉尽くしの1冊です。

今回は3.5と半端な数字から判る様に短編集であります。
1巻前、1,2巻の間、2,3巻の間を補完するエピソードが収録。
2巻で出てきた葉月ちゃんの初登場話や、3巻の明久ラブレター騒動が判明するだけでなく、
みんなでプールで遊ぶ話に雄二に一途の恋する乙女の翔子の話とか収録。
コメディ成分で満たされ、たまにいい話も入っている面白さは最高です。

今回のヒロインは間違いなく秀吉で、挿絵付きでポロリまであったりするのですが、
主人公である明久も見逃せないんですよね。
小学生の葉月にすらバカと呼ばれながらも好意を寄せられているその愛すべきキャラというか。
バイト先でお客のお姉さま方からも励まされたりとバカな子ほど可愛いんでしょうね。
結構モテてるのに恋愛についてもバカというか鈍感なのが美味しいんだよなぁ。

軽妙で愉快な会話のノリや文体が面白いのは勿論ですが、
この作品が面白い理由の一つに葉賀ユイさんがいるのは間違いありません。
あとがきで

「読者サービスという言葉がありますが、あれ欺瞞ですよね。正しくは作者サービスです。」

と仰ってるようにノリノリで描いてるのが判るのが面白さを加速していると思います。
葉賀ユイさんの可愛さ炸裂120%のキャラクターとSDキャラは読者の心を虜にしますよ。
もし漫画化されとしたら作画は葉賀ユイさん以外考えられません。
ファミ通文庫の作品なだけにメディアミックスされるか不安ですが、何とか頑張って欲しい所です。

関連エントリー


バカとテストと召喚獣7 (ファミ通文庫 い 3-1-9)著者/訳者:井上 堅二出版社:エンターブレイン( 2009-1…

バカとテストと召喚獣 6.5 (ファミ通文庫 い 3-1-8)著者/訳者:井上 堅二出版社:エンターブレイン( 200…

バカとテストと召喚獣10.5 (ファミ通文庫)著者/訳者:井上堅二出版社:エンターブレイン( 2012-09-29 )…

バカとテストと召喚獣5 (ファミ通文庫 い 3-1-6)著者/訳者:井上 堅二出版社:エンターブレイン( 2008-1…

バカとテストと召喚獣12.5 (ファミ通文庫)著者/訳者:井上 堅二出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 20…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.354 sec. Powered by WordPress