殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」2巻は4月22日発売!
おじさん…!

:: 2008/11/28 金曜日::

■[ラノベ]愛すべきバカとバカ姉と「バカとテストと召喚獣」5巻

バカとテストと召喚獣5 (ファミ通文庫 い 3-1-6)
著者/訳者:井上 堅二
出版社:エンターブレイン( 2008-11-29 )
定価:¥ 630
文庫
ISBN-10 : 4757745184
ISBN-13 : 9784757745186
FOX_TALE ENTRANCE

吉井アレクサンドロス大王は家族の海外遠征に伴い気儘な一人暮らしをしていたが、
刺客であるバスローブ姿の巨乳(Eカップ)である吉井玲に強襲され窮地に陥った!
そこで吉井アレクサンドロス大王は固有結界「王の軍勢」を発動させ、
坂本雄二(ハーフパンツ)や秀吉や姫路さんに美波といった戦友に支えられながら、
最後の挽回のチャンスである期末試験に臨むのであった…!

ホントの所は実の姉で且つ才媛なんだけど一般常識が欠如している吉井玲の生活チェックされ、
明久の一人暮らしがピンチったんでみんなでお勉強会しましょう!
という単純なあらすじなんだけど、そこはそれ、この作品です。
美波に島田さんに秀吉に玲にと無自覚に愛されまくっている明久が相変わらずバカで、
何よりそのコメディっぷりに抱腹絶倒で笑いが止まらない状況です。

美波と妹の葉月によるさり気ないラブ攻勢もそうだけど、
小学生時代からの想いを抱く姫路さんの可愛さ。
そして不器用な姉のバカな弟への判りにくいけど惜しみない愛情が良いんですよ。
今回はサブキャラの工藤愛子も良い味を出してたと思います。

しかしこの作品の影の主人公であるのは井上堅二作者本人でしょう。
折り返しにある作者コメントの時点で噴いたし、
あとがきの内容が毎回の如く洒落にならない面白さで…(笑
いやはや次巻も楽しみでなりません。
本業も大変かとは思いますが早めの執筆を楽しみにしておりますよ…!

関連エントリー


バカとテストと召喚獣12 (ファミ通文庫)著者/訳者:井上堅二出版社:エンターブレイン( 2013-11-30 )文庫…

バカとテストと召喚獣7 (ファミ通文庫 い 3-1-9)著者/訳者:井上 堅二出版社:エンターブレイン( 2009-1…

バカとテストと召喚獣10.5 (ファミ通文庫)著者/訳者:井上堅二出版社:エンターブレイン( 2012-09-29 )…

バカとテストと召喚獣12.5 (ファミ通文庫)著者/訳者:井上 堅二出版社:KADOKAWA/エンターブレイン( 20…

バカとテストと召喚獣4 (ファミ通文庫 い 3-1-5)著者/訳者:井上 堅二出版社:エンターブレイン( 2008-0…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 2.500 sec. Powered by WordPress