りゅうおうのおしごと! 14 ドラマCD&抱き枕カバー付き特装版 予約開始!
各種専門店では個別の特典もアリ!

:: 2015/8/9 日曜日::

■[漫画]逃げろ… おやじ…!!「海月と私」4巻

海月と私(4)< 完> (アフタヌーンKC)
著者/訳者:麻生 みこと
出版社:講談社( 2015-08-07 )
作者サイト:マトリョーシカ|yaplog!(ヤプログ!)byGMO
作者twitter:麻生みこと(@asoumikoto)さん | Twitter

Kindle版:海月と私 (1)
Kindle版:海月と私 (2)
Kindle版:海月と私 (3)
Kindle版:海月と私 (4)

旦那さんの料理が自慢の隠れた人気スポット「とびうお荘」
その看板娘であるワケあり仲居の梢さんが突然失踪し、
気が気じゃない旦那さんが若造のように焦りに焦り、
何とか手掛かりを手繰りよせながら梢さんを探しに奔走し…

ヒーローというには老けすぎて、
ハードボイルドな探偵というには不器用で。
彼女を巡る物語でも徹頭徹尾で脇役だったとしても、
それでも梢さんを助ける為に身体を張って頑張る旦那さんは格好良かったです。

たとえ親子ほども歳が離れていようとも、
梢さんが嘘だらけの女だったとしても、
どこかに惹かれていたというのなら、
彼女のために行動する旦那さんにはホント痺れるなぁ。

kurge04_01

嘘ばかりだった梢さんも、
久しぶりにとびうお荘に帰ってきた時に瞳に浮かんだ涙は本当でしょう。
彼女が帰るべき場所はとびうお荘なんだと、
この時にはっきりと自覚したのではないでしょうか。

そんな梢さんが旦那さんにぞっこんになった素敵なエンディングでしたが、
単行本描き下ろしのすがやん視点による短編がまた良かったです。
旦那さんへの想いをアピールするものの今までの不徳から伝わらず、
正攻法で旦那さんを攻略しようとする梢さん…!
これはもう、旦那さんの攻略は必至だな…!(笑

4巻完結という、比較的に短い漫画でしたが、
短いからこそよくまとまった良い作品でした。
またのグフタでの連載を楽しみにしております。

関連エントリー


海月と私(3) (アフタヌーンKC)著者/訳者:麻生 みこと出版社:講談社( 2014-12-05 ) 作者サイト:マ…

海月と私(2) (アフタヌーンKC)著者/訳者:麻生 みこと出版社:講談社( 2014-04-07 )コミック ( 1…

海月と私(1) (アフタヌーンKC)著者/訳者:麻生 みこと出版社:講談社( 2013-08-07 )コミック ( 1…

小路花唄4巻 出版社:講談社 作者名:麻生みこと 作者サイト:マトリョーシカ 作者twitter:麻生みこと (@as…

小路花唄(1) (アフタヌーンKC)著者/訳者:麻生 みこと出版社:講談社( 2016-12-07 ) 作者サイト:マ…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.269 sec. Powered by WordPress