殆ど死んでいるさんの「異世界おじさん」3巻は10月21日発売!
セガ公認メガドラミニ番外編も収録なるか?

:: 2015/11/19 木曜日::

■[ラノベ]聖殲発動「ストライク・ザ・ブラッド 14 黄金の日々」

ストライク・ザ・ブラッド (14) 黄金の日々 (電撃文庫)
著者/訳者:三雲岳斗
出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス( 2015-11-10 )
作者サイト:mikumonographica
作者twitter:三雲岳斗(mikumo)さん | Twitter
絵師サイト:fotologue : gallery : manyaxmohu2
絵師twitter:マニャ子(manyak)さん | Twitter

Kindle版:[まとめ買い] ストライク・ザ・ブラッド(文庫版)

テロ集団”タルタロスの薔薇”の傷跡も色濃い絃神島。
疲れた人々の心を癒やすために絃神島を救った藍羽浅葱がローカルアイドルになり、
身近な人にとっては違和感のある姿で歌って踊って人気を博する中、古城たちは本人に会えないでいた。
そして雪菜も自身の身体の変調を自覚するようになり…

ついに”聖殲”とは”咎神カイン”とは”天部”とは。
今までストライク・ザ・ブラッドの世界で謎とされていた多くが、
今回一気に詳らかになりましたね。
第四真組の存在意義までわかったけれど、
古城の行動はいつも通りなのには安心しました。
ブレない主人公って良いですよね。

正妻戦争的には雪菜が一歩リードしたなぁ、と思うわけですよ。
浅葱は囚われながら絃神島のために色々頑張ったりしてたんだけど出番が少なかったし、
煌坂さんは幼馴染みプレイをやる気満々だったり、
冥駕が発動した”聖殲”の影響で酔っ払った煌坂さんは中々に魅力的ではあったのですが、
やはりお色気要員だなぁ、と。
一応バトル的にはちょっとは活躍できたんですけどね?
それでも自分がどうなろうと古城を助けるために行動し、
その結果として左手の薬指に指輪をゲットした雪菜が一番正妻度が高かったです。

さて、次巻で第一部完とのことです。
ここまで謎が詳らかになっておきながら第二部が用意されているのにも驚きですが、
ラブコメ的には第二部はどんと来いなので取り敢えずは次の15巻が楽しみです。
やっぱりラスボスはディミトリエ・ヴァトラーなのかしら。
取り敢えずは今まで登場してきたヒロインたちが再登場することに期待したいところです。
せめてラ・フォリアだけでもお願いします!

関連エントリー


ストライク・ザ・ブラッド (12) 咎神の騎士 (電撃文庫)著者/訳者:三雲岳斗出版社:KADOKAWA/アスキー・メ…

ストライク・ザ・ブラッド (13) タルタロスの薔薇 (電撃文庫)著者/訳者:三雲岳斗出版社:KADOKAWA/アスキ…

ストライク・ザ・ブラッド16 陽炎の聖騎士 (電撃文庫)著者/訳者:三雲 岳斗出版社:KADOKAWA( 2016-1…

ストライク・ザ・ブラッド (9) 黒の剣巫 (電撃文庫)著者/訳者:三雲岳斗出版社:アスキー・メディアワークス( 20…

ストライク・ザ・ブラッドAPPEND2 彩昂祭の昼と夜 出版社:KADOKAWA 作者名:三雲岳斗 作者サイト:mik…


 Comments (0)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 3.703 sec. Powered by WordPress