僕の心のヤバイやつ 3巻の特装版が6月8日発売!
山田と市川の両片想いに全力でニヤニヤしよう!

:: 2009/3/23 月曜日::

■[漫画]連載開始6年目にして1巻発売とか冬目景には普通「ACONY」1巻

ACONY 1 (1) (アフタヌーンKC)
著者/訳者:冬目 景
出版社:講談社( 2009-03-23 )
定価:¥ 620
コミック
ISBN-10 : 4063145565
ISBN-13 : 9784063145564

親の海外赴任に伴い、祖父が住むアパートに越してきた空木基海13歳。
どことなく淡泊なトコがある彼がアパートで出会ったのは紫色の髪を持つ少女アコニー
左目にキズがあり異常なほど体温が低い彼女は
「あたしじつは…… 死人なのよ」
と告げるんだけど、陰鬱な雰囲気は殆ど感じず、どちらかというとコミカルな感じ。
管理人が幽霊だったり、夜な夜な酒盛りをする人以外なモノが居たりする古いアパートが舞台の、
ちょっとおかしく、かなり変な物語。

見た目は13歳なのに学校に行かず、昼間はアパートの庭で虫相手に暇つぶし。
10年間成長しないアコニーは”変化”の象徴である基海が越してきたことで心に変化が訪れ、
怒ったり外に出たくなったりとせわしなくなってきて、
基海も初めは信じてなかったけど、母の話を聞いてからアコニーのことを徐々に信じるようになって…

と良い感じでストーリーが進んできてたんだけど、ここで連載が一時中断。
結局「ハツカネズミの時間」が終わるまでお知らせ以外で出番はなく、つい先頃やっと連載が再開し、
それを機に6年前のモノがやっと単行本になったというわけです。
流石に月日が経ちすぎたからアフタヌーン本誌で読んでたのに忘れているのが多く、
1冊通して読むことで物語を把握し直すことが出来た次第です。

ヒロインが人外という作品は多いですがゾンビ(に近いモノ)というのは珍しいし、
それでいてダークな印象をそれほど受けないというのも冬目景作品にしては珍しいですね。
「ハツカネズミの時間」よりこちらの方が好きだったので連載再開は嬉しいので、
是非ともこのまま連載を続けていって欲しいものです。
まぁ、先月は単行本作業と画展の為に休載のお知らせが載ってましたが…

あと、それと「イエスタデイをうたって」をそろそろ完結(ry

関連エントリー


ACONY 2 (アフタヌーンKC)著者/訳者:冬目 景出版社:講談社( 2009-08-21 )定価:¥ 620Am…

ACONY(3) <完> (アフタヌーンKC)著者/訳者:冬目 景出版社:講談社( 2010-09-22 )コミック …

幻影博覧会 3 (3) (バーズコミックス)著者/訳者:冬目 景出版社:幻冬舎コミックス( 2009-03-24 )定…

冬目景作品集 空中庭園の人々 (バーズコミックス)著者/訳者:冬目 景出版社:幻冬舎( 2016-04-23 ) 冬目…

幻影博覧会 4 (バーズコミックス)著者/訳者:冬目 景出版社:幻冬舎コミックス( 2011-06-24 )コミック …


 Comments (3)

3 Comments »

  1.  同感ですー。ハツカネズミはぶっちゃけ見てないので、イエスタディとアコニーを! ……でもイエスタディはあのまま結構、だらーっと延ばそうと思えばどこまででも延ばせそうな感じですし、アコニーは最終目標が定まっているものの、いちまさん(座敷童)が未だに登場していないという事実。ひつじのうたが完結ずるまで7年。……アコニーとイエスタディは絶対に記録を塗り替えますね……。冬目先生! イエスタディとアコニーを!

    Comment by Mya — 2009/3/25 水曜日 @ 2:53:53

  2. イエスタデイをうたっては丁度連載再開されましたね。
    このまま終わりまで続くと良いんですけど…
    でもいつまでも終わって欲しくないような気も…

    Comment by フラン — 2009/4/21 火曜日 @ 7:56:10

  3. […] […]

    ピンバック by 連載6年で初の単行本化。冬目景「ACONY」第1巻レビュー | アニメ情報ポータル あにぽ — 2010/4/2 金曜日 @ 1:18:45

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 1.060 sec. Powered by WordPress