りゅうおうのおしごと! 6 ドラマCD付き限定特装版 7月15日発売!
今大人気のライトノベルのドラマCDが聴ける!

:: 2016/5/18 水曜日::

■[ラノベ]暁の帝国「ストライク・ザ・ブラッド 15 真祖大戦」

ストライク・ザ・ブラッド (15) 真祖大戦 (電撃文庫)
著者/訳者:三雲岳斗
出版社:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス( 2016-05-10 )

作者twitter:三雲岳斗(mikumo)さん | Twitter
絵師サイト:fotologue : gallery : manyaxmohu2
絵師twitter:マニャ子(manyak)さん | Twitter
Kindle版まとめ買い:ストライク・ザ・ブラッド

第一部完!
真祖大戦というサブタイトルに恥じない素晴らしい15巻でした。
控えめに言って最高だな、と断じざるを得ない!
吸血鬼モノとしてもハーレムラブコメとしても完成度がメッチャ高かったです。

聖域条約機構の3人の真祖によって“聖殱”の祭壇たる絃神島の破壊が決まった。
そんなこととは知らない古城たちはバレンタイン直前に浅葱が吸血鬼ジャガンと会っている所を目撃し、
心が穏やかでないところに“聖殱”の遺産を知るグレンダを賭けて、
“戦王領域”帝国議会議長ヴェレシュ・アラダールと決闘することになり…

第一部の最終巻ということでヒロインたちが再登場することを待ち望んでましたが、
煌坂さんの出番が多いだけじゃなくて、彼女が出るだけで一気にラブコメ展開になる上に、
ラ・フォリアも当然のように出る上に相変わらずの大胆な積極性を見せてくれますね!
更に二人ともバトル面でも大活躍で最高でしたが、
やはり今回は人間時代の古城と過ごしてきた浅葱の内助の功と、
吸血鬼になってからの古城を支えてきた雪菜の内助の功がぶつかり合う正妻戦争が良かったですね!
最後には単なる痴話喧嘩になってるのもハーレムラブコメとして最高だったなぁ。
今までずっと浅葱が吸血されてなかったのは最後の見せ場のためだったんですね。
なるほど、納得です。

それに吸血鬼バトルとしてもラストに相応しい集大成的なモノでしたね。
ナラクヴェーラにリヴァイアサンレヴィアタンと今まで登場してきた“聖殱”の遺産や、
セレスタといった過去の登場人物たちが役割を持って動くことによって、
ラストバトルを華々しく飾っていたのは素晴らしかったです。
流石はベテラン作家の三雲岳斗さんだと思いましたね。

アニメ最終話で出てきた絃神島の周囲に浮かんでいた大きな島々の謎も分かったし、
最終巻に相応しい面白さでした。
第二部も始まるみたいだけど、是非マニャ子さんのイラストが映えるレーベルでお願いしたいです。
フラグが立ちきったヒロインたちのハーレムラブコメとか最高じゃないですか。
楽しみだなぁ。

関連エントリー


ストライク・ザ・ブラッド (13) タルタロスの薔薇 (電撃文庫)著者/訳者:三雲岳斗出版社:KADOKAWA/アスキ…

ストライク・ザ・ブラッド 3 (電撃文庫 み 3-33)著者/訳者:三雲 岳斗出版社:アスキー・メディアワークス( 2…

ストライク・ザ・ブラッド16 陽炎の聖騎士 (電撃文庫)著者/訳者:三雲 岳斗出版社:KADOKAWA( 2016-1…

ストライク・ザ・ブラッド (10) 冥き神王の花嫁 (電撃文庫)著者/訳者:三雲岳斗出版社:KADOKAWA/アスキー…

ストライク・ザ・ブラッド (7) 焔光の夜伯 (電撃文庫)著者/訳者:三雲岳斗出版社:アスキー・メディアワークス( 2…


 Comments (2)

2 Comments »

  1. リヴァイアサンじゃなくてレヴィアタンです

    Comment by ストブラ命 — 2017/10/28 土曜日 @ 23:22:04

  2. すみませんです。自分の思い込みって怖い…

    Comment by フラン — 2017/10/29 日曜日 @ 4:58:36

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

HTML convert time: 0.826 sec. Powered by WordPress